海外風俗

韓国風俗床屋の遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

韓国風俗には安い料金で本番を楽しめるカテゴリがいくつか存在する。なかでも「風俗床屋」はその代名詞と言っても過言ではない。

風俗床屋といえばベトナムや中国でも定番の遊びだが、韓国においても床屋に偽装した風俗店が散在している。

ネット上には日韓関係の問題から日本人は遊びにくいといった情報が流れているが、実際のところは難なく遊ぶことが可能。そもそも日本を毛嫌いしているのは風俗で働く女性たちの祖父・祖母にあたる人たち。よってこちらも嫌韓意識は捨てて楽しむ必要があるだろう。

ということでこの記事では韓国の風俗床屋について詳しく解説していく。具体的な遊び方はもちろんのこと、料金相場、場所や行き方、おすすめのエリアについて紹介する。

気になっている方はぜひチェックしてほしい。

韓国風俗床屋の遊び方

韓国の「風俗床屋」は簡単に説明すると本番行為のあるマッサージ店のこと。名称に「床屋」という文字が含まれる理由は床屋の看板を用いて営業しているため。サービスはあくまで性的プレイであってヘアカットはないので注意しよう。

通称は「風俗床屋」だがその他にも「美人床屋」「アガシ床屋」「売春床屋」と呼ばれることもある。

主なプレイは次の3種類。

  • マッサージ
  • フェラ
  • 本番

海外風俗の経験が豊富な方ならピンと来たと思うが、韓国の風俗床屋はベトナムの「偽装床屋」と中国の「ピンク床屋」に酷似している。国こそ違えど床屋という文字が含まれるカテゴリは本番ありのマッサージ店という認識で問題ないだろう。

そんな風俗床屋の具体的な遊び方は次のとおり。

  1. 店舗を見て回る
  2. 気に入った店舗へ入店
  3. 個室へと移動する
  4. 施術台に寝かされる
  5. 一般的なマッサージを受ける
  6. 全身リップ
  7. フェラ
  8. 本番
  9. 退店

韓国には多数の風俗床屋が存在するが、基本的にいずれの店舗も上記のようなプレイ内容。ただしローカル風俗に位置することもあって店舗独自のサービスやプレイを用意しているところもある。

たとえば手コキで射精させてくれる店舗やプレイ前にシャワーを義務づけている店舗など様々。もっと言えばアカスリや髭剃りといったいかにも床屋らしいサービスを受けられる店舗もある。

筆者はこれまでにいくつかの風俗床屋を利用しているが、店舗によってオリジナリティがあふれるサービスを提供している印象だった。唯一共通している点は「性的サービスは必ず受けられる」ということだ。

つまり具体的なサービスやプレイ内容は実際に足を運んでみないとわからない。よって初心者には不向きなカテゴリと言えるが、海外風俗の経験が豊富な人からするとこの不安こそワクワクドキドキを高めてくれる良い材料になると思う。

風俗床屋は見分けることが非常にむずかしい

風俗床屋は韓国の至るところで営業しているが、見分けることが非常に難しい店舗として有名。主にバックストリートなどの目立たない場所で営業しているが、外観は一般的な床屋と変わらないため経験者でも区別が難しいのだ。

見分け方としては雰囲気で判別するほかない。以前は床屋ならではの「サインポール」が2本立っていれば風俗床屋で間違いないと言われていたが現在はそうでもないので厄介。従来どおりサインポール2本で営業しているところもあれば、1本だけで営業しているところもある。

よって断定的な見分け方は存在しないのだがヒントになる要素は発見できる。そのひとつは働いているスタッフが若い女子ばかりということ。床屋で若い子のみが働くというのは現実的にあり得ないので風俗床屋と見ていいだろう。

もうひとつは地下でひっそりと営業している店舗。そういったとことは24時間営業が多い。また床屋であるにもかかわらず夜21時以降や朝方に営業のところもあるので、どう考えても一般的な理髪店とは考えにくい店舗は風俗床屋と見ていいだろう。

ちなみに風俗床屋が堂々と営業しない理由は警察による摘発から逃れるため。韓国はそもそもとして風俗店の営業を禁止しているので表だって営業できないのだ。よって防犯カメラが設置されていたり、店内の様子がわかりにくいところは風俗床屋の確率が高いぞ。

韓国風俗床屋の料金

風俗床屋の料金相場は98,000ウォン~147,000ウォン(日本円で10,000円~15,000円)ほど。プレイ時間は60分制がほとんどでどんなに高くても20,000円以内で利用できるケースが多い。

韓国風俗で安価なカテゴリといえば「エスコートアガシ」と「按摩」が有名だが、風俗床屋は本番が確実にできるので料金設定はきわめて良心的と言っていい。チップは基本的に不要。ただし要求された場合は1,000円~2,000円ほど渡せばOKだ。

風俗床屋は安価なだけあって在籍する女子の容姿レベルはイマイチ。店舗によって女子の年齢層は異なるものの、全体的に見ると30代が多い印象を受ける。20代前半の女子はほぼおらず20代後半の子に当たればラッキーと言っても過言ではない。

また残念ながら女子を指名することもチェンジもできない。部屋に入ってきた子とのプレイが絶対になるので注意しよう。

このように風俗床屋は女子の容姿にこだわりを持っている人にはおすすめできない。あくまでサクっと本番を楽しみたい人やローカル風俗ならではのムードを味わいたい人に最適なカテゴリだ。

韓国のその他風俗と比較したい人は、当ブログの韓国風俗記事を参考にしてほしい。

韓国風俗床屋の場所と行き方

韓国の風俗床屋は首都ソウルに集中している。

アクセスは「仁川(インチョン)国際空港」から電車で1時間ほど。所要時間を短縮したいなら「金浦(キンポ)国際空港」を使用することで41分ほどになる。

ソウルは風俗と観光それぞれを楽しめるアジアを代表する都市。昼は観光をとことん楽しんで夜は風俗といった楽しみ方をすると至極のコリアンライフを過ごせるだろう。

筆者としては「金浦国際空港」の利用をおすすめするが、直行便は「羽田空港」と「関西国際空港」のみなので使い勝手が悪い。他の空港からは「仁川国際空港」のみとなるので、どういったルートで韓国に訪れるか明確にしたほうがいいだろう。

韓国風俗床屋のおすすめ店舗・エリア

長漢坪(チャンハンピョン)

風俗床屋で定番と言っても過言ではないのが「長漢坪(チャンハンピョン)」。アクセスは仁川(インチョン)国際空港から電車で1時間37分ほどだ。

降車駅は「長漢坪駅」。到着したら2番出口または3番出口を利用しよう。駅から出ると広い通りが出てくるので「長安洞(チャンアンドン)」を目指して進む。間もなくすると風俗床屋が点在するエリアに到着する。

店舗は道路を挟んだ両側に建ち並んでいる。それぞれひっそりと営業しているので店舗選びに苦労するが、店内にいる女性があまりにもオバサンだったり愛想が悪い場合は避けたほうが無難だ。なお店を出る際は「Later(後から)」と告げよう。無言で立ち去るとトラブルに発展する可能性があるので十分に注意してほしい。

また在籍している女性は基本的に日本語が通じない(話せない)。当然ながら値段交渉はマストとなるわけだが、韓国語を話せないかぎりはスムーズなやりとりができないので事前に翻訳アプリをインストールしておこう。

徒歩でのアクセスを避けたい場合はタクシーを利用するといい。運転手に「長安洞」と伝える際は「チャンアンドン」のアクセントに気をつけよう。伝わらない場合はGoogleマップを差し出して目的地を指せばOKだ。

江南(カンナム)

ソウルには風俗店があふれているが、なかでも多いエリアが「江南(カンナム)」。風俗床屋も非常に多く路地裏などを歩けば高確率で見つかる。

江南はエリアで見ると非常に広いのだが、風俗床屋が特に多いのは「三成(サムソン)駅周辺」。アクセスは仁川国際空港からは電車で1時間半ほど。

現地は高級住宅街となっており「ソウルのお金持ちエリア」として有名。その影響か周辺で営業している風俗床屋の相場は通常料金よりも10,000円ほど高くなる。

筆者の経験から言うと総額で25,000円ほどだった。ただしこれは交渉しての価格なので通常料金は30,000円弱になると思った方がいい。

風俗床屋は安さがウリの遊びだが、江南においては数万円の出費が必要になるので注意しよう。安価で本番を楽しみたいなら長漢坪を利用した方がいい。

【番外】風俗紹介サイトも利用可

風俗床屋は店舗へ直接アクセスする方法に加え、紹介サイト経由でアクセスすることも可能。サイトは日本人を対象としているため利用しやすい。さらに宿泊先まで迎えにきてくれるのでストレスフリーで風俗を楽しめる。

また専用サイトを利用することで信頼できる店舗のみをピックアップできる。掲載されている店舗はすべて安全に利用できるので初心者におすすめだ。

ただし料金は相場よりも5,000円ほど高くなる。とはいえ迎えに来てくれて信頼できる店舗を確実に紹介してくれることを思えば妥当。前日の予約も可能なので使い勝手は非常にいいぞ。

専用サイトの具体的な利用方法は次のとおり。

1.専用サイトにアクセスして予約
予約は1ヶ月前〜前日まで対応。当日予約もできるが担当スタッフがカツカツの状態だと不可になる。よって訪韓が決まったらその時点で予約したほうがいい。

2.当日に担当スタッフが迎えにくる
予約当日は担当スタッフが指定した時間に宿泊先のホテルへ車で迎えに来てくれる。移動中はシステムと注意事項をわかりやすく説明してくれるので安心だ。

3.風俗床屋に到着
風俗床屋へ到着。ただし時間帯や店舗の状況によっては待ち時間が生じることもあり。特に注意したいのは23:00〜翌1:00の時間帯。利用客が多くなると高確率でディレイが発生する。こればかりは仕方がないので割り切るほかない。

4.店員に案内された部屋へ移動する
入店したら専用部屋に案内される。部屋の設備はベッドとシャワーのみ。待機していると女性が入ってきてマッサージがはじまる。店舗によってプレイ内容は異なるものの、ひげそり→本番→簡単なマッサージと言った60分の性的サービスを受けられるぞ。

5.サービス終了後はホテルまで送ってくれる
風俗床屋でのサービスが終了したら担当スタッフが宿泊先のホテルまで送ってくれる。帰り方を気にしなくていいのは専用サイトを利用する最大のメリットと言えるかもしれない。

なお筆者がおすすめする予約専用サイトは「韓国風俗ゴーゴー」。韓国風俗を愛する者にとっては定番のサイトなのでブックマークしておくことをおすすめする。

サイト名:韓国風俗ゴーゴー
対応言語:日本語
公式HP:https://korea-fuzoku.com/

韓国の風俗床屋で遊ぶ際の注意点

勤務する女子はゴムなし本番を強行する可能性アリ

風俗床屋に勤務する女子がゴムなしで本番をおこなうケースはそれなりにある。気が付いたら生でヤっていたという体験談は少なくない。しかし海外風俗を利用する上で生挿入は絶対にNG。店舗ではたらく女子たちは不特定多数の男性と寝ているため、どんな病気を持っているかわからない。

本番をする際はいったん冷静になってコンドームを着用しよう。なかには生挿入を強行してくる女性もいるので事前に話しておいたほうがいい。

風俗床屋は見分けることが非常にむずかしい

風俗床屋は韓国の至るところで営業しているが、見分けることが非常に難しい店舗として有名。主にバックストリートなどの目立たない場所で営業しているが、外観は一般的な床屋と変わらないため経験者でも区別が難しいのだ。

見分け方としては雰囲気で判別するほかない。以前は床屋ならではの「サインポール」が2本立っていれば風俗床屋で間違いないと言われていたが現在はそうでもないので厄介。従来どおりサインポール2本で営業しているところもあれば、1本だけで営業しているところもある。

よって断定的な見分け方は存在しないのだがヒントになる要素は発見できる。そのひとつは働いているスタッフが若い女子ばかりということ。床屋で若い子のみが働くというのは現実的にあり得ないので風俗床屋と見ていいだろう。

もうひとつは地下でひっそりと営業している店舗。そういったとことは24時間営業が多い。また床屋であるにもかかわらず夜21時以降や朝方に営業のところもあるので、どう考えても一般的な理髪店とは考えにくい店舗は風俗床屋と見ていいだろう。

ちなみに風俗床屋が堂々と営業しない理由は警察による摘発から逃れるため。韓国はそもそもとして風俗店の営業を禁止しているので表だって営業できないのだ。よって防犯カメラが設置されていたり、店内の様子がわかりにくいところは風俗床屋の確率が高いぞ。

まとめ

風俗床屋は中国やベトナムと言ったアジア諸国でも楽しめる。しかし韓国にある店舗は面倒くさい前振りが一切見られない。つまり入店したらすぐに楽しめるのだ。おまけに韓国の風俗床屋は安価で本番をすることができる。

デメリットとしては容姿レベルがさほど高くなく年齢層が若干高い点。しかし格安風俗ということを考慮すれば十分に許容できる問題だ。むしろローカル風俗ならではの独特のムードを楽しめるので、海外風俗好きにはたまらないかと。

筆者の感想を言えば韓国の風俗床屋はコストパフォーマンスに優れている。ソウルの観光やグルメを楽しんだ後にサクっと利用できるので、本番をスムーズにしたい人はぜひ利用してほしい。

-海外風俗