海外風俗

ブラジル風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

今回はサンバなどラテンの雰囲気が魅力的な国、ブラジルで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。

ブラジルでは売春行為は事実上容認しているため、警察の取り締まりを心配せずに安心して女の子と遊ぶことができる。

この記事を最後まで見て現地でスムーズに一発ヤレるよう参考にしてほしい。

ブラジルで遊べる風俗の種類と料金相場

ブラジルは先述した通り、売春行為をしても罰せられることはない。国自体があまり豊かではないので女性は売春して生計を立てている者が多く、政府も容認しているからだ。

また、南半球で最大規模の都市なので人口が非常に多く、性産業が盛んなことから「世界の三大性地」と呼ばれるほど風俗マニアの中では有名な場所だ。

風俗遊びができる場所はサンパウロとリオデジャネイロが最も盛んとなっている。

サンパウロへはコンゴーニャス空港を利用する。(日本から直行便なし)

この空港はサンパウロ中心部まで電車を使えば約1時間、タクシーを利用するのであれば約15分ほどで到着することができる。

リオデジャネイロへはアントニオ・カルロス・ジョビン空港を利用する。(日本から直行便なし)

この空港はサンパウロ中心部まで電車を使えば約1.5時間、タクシーを利用するのであれば約20分ほどで到着することができる。

ちなみにタクシー料金は2016年に運賃が統一化され、初乗りで約4.5レアル(約120円)、そこから1km進む毎に約2.75レアル(約70円)となっている。このことから分かるように、タクシー料金は日本と比べると非常に安価なのは嬉しい。

各市内を移動する際は料金の安さもあるが身の安全を考慮して、基本的にタクシーの利用を強く推奨する。また、よく渋滞するので時間には余裕をもって行動することを心がけること。

そして、ブラジルの風俗では大きく3つの種類に分類することができる。
以下では各種類について詳しく解説していく。

カテゴリ ボアッチ テルマ 立ちんぼ
本番の有無 本番あり 本番あり 本番あり
評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
料金相場 約350~500レアル(約9,000~13,000円) 約400~1,000レアル(約10,000~26,000円) 約50~300レアル(約2,500~8,000円)
備考コメント 本番行為だけでなく、ショーパブやストリップショーなどを併せて楽しめる 少し料金は高いものの、ルックスレベルが非常に高い女の子と遊べる できるだけ安く遊びたいならあり

ボアッチ

ボアッチとはショーパブやストリップショーといった催しが行われている箱型風俗を指す。実際にはその店で本番行為をするわけではなく、店内にいる女の子と料金交渉して外に連れ出す必要がある。

本番行為までの大まかな流れは、受付で入場料を支払って店内で酒を飲みながら女の子を物色。その中で気に入った子がいれば料金やプレイ時間、プレイ内容を交渉し、お互い合意できれば店外に連れ出して本番行為といった感じだ。

料金は約350~500レアル(約9,000~13,000円)が相場となっている。

日本人が苦手とする声をかけて料金交渉、つまりナンパを行う必要があるので少しハードルが高くなるのは否めない。ただ、積極的に声をかけられなくとも、酒を奢ってあげるだけでも問題なく最終的に料金交渉までもっていける。どんな形でもいいのでコンタクトを取ることを心がけておきたい。

遊べる女の子たちは全体的にレベルが高い。日本であれば芸能人レベルの子もちらほら見かけるのでルックスでハズレな女性はまずいないと思ってくれていい。

確実に可愛くて綺麗な女性と遊びたい人、本番行為だけでなくショーなどのレジャー体験も楽しみたい人にはかなりおすすめだ。


以下ではおすすめ店舗を2つ紹介する。

ボアッチのおすすめ店舗

Café Photo

店名:Café Photo
住所:Av. Pres. Juscelino Kubitschek, 373 - Vila Nova Conceição, São Paulo - SP, 13571-410 ブラジル
料金:約400~450レアル(約10,000~11,500円)
時間帯:19時〜翌4時

Café Photoはサンパウロ市内の中心地に位置しているため、タクシーでの移動が非常に便利だ。タクシー運転手にCafé Photoに行きたい旨を伝えたら連れて行ってくれる。

女の子のレベルは日本で見かけないような美女ばかりで、年齢層も10代~20代前半と若い。出稼ぎで来ている女の子はもちろんいるが、ラテン系であることはほぼ間違いないので問題なく楽しめる。

この店の特長として、女の子と本番行為をするために退店したとしても、行為が終われば料金を支払うことなく再び店内に戻ることができる。これを利用して複数回ラテン美女を堪能するのもありだ。

余談だが、ここのショーやストリップは結構エロいので見るだけでも十分楽しむことができる。

Imperium Swing

店名:Imperium Swing
住所:Av. Chibarás, 992 - Moema, São Paulo - SP, 04563-013 ブラジル
料金:約350~500レアル(約9,000~13,000円)
時間帯:22時〜翌5時(日曜日は翌3時まで)

Imperium Swingは地下鉄の最寄り駅「Moema」から徒歩約5分程度の場所に位置しており、大通りに面しているためすぐに見つけることができる。

ここは乱交クラブとして有名な店で、店内で気に入った子とそのまま別室で複数人と乱交できるという素晴らしいシステムだ。ヤリ部屋があるので、店外にわざわざ出る必要がないのは嬉しい点だ。

また、女の子と入ることで入場料金が割引となるので、もしサンパウロ市内でナンパした女の子と入場できれば少し安く遊べる。

一応22時から開店しているが、活気が出てくるのは24時頃なのでその時間に合わせて行くとより楽しむことができるのでおすすめだ。

テルマ

テルマとはサウナ形式の風俗遊びで、ドイツなどに存在するFKKだと思ってくれて問題ない。日本だとソープランドが一番イメージに近い。ちなみに本番行為だけでなくサウナやシャワーなども普通に利用できるので、リフレッシュも兼ねて楽しめる。

本番行為までの大まかな流れは、入場料金を支払いロッカーでガウンに着替えた後、水着姿でラウンジにいる女の子の中から気に入った子を選び、別室にて本番行為という感じだ。

女の子のレベルは非常に高く年齢も20代前半が多い。サービスも良く積極的な子が多いので満足度は高い。

料金は約400~1000レアル(約10,000~26,000円)が相場となっている。

他の風俗遊びに比べると値段は少し高いものの、その高さに見合ったサービスが受けられること間違いなしだ。また、テルマでは料金が固定となっているので女の子との料金交渉をする必要がない。そのため、交渉が面倒だと感じる人には非常におすすめできる。

以下ではおすすめ店舗を1つ紹介する。

テルマのおすすめ店舗

Centaurus

店名:Centaurus
住所:Rua Canning, 44 - Ipanema, Rio de Janeiro - リオデジャネイロ州 ブラジル
料金:約500~700レアル(約13,000~18,000円)
時間帯:16:00~翌2:00

Centaurusはゴメス・カルネイロ通りの大通りに面しており、看板も結構目立つので場所はすぐに分かる。また、入場料にガウン代とドリンク代が含まれており、店内では休憩スペースが併設されているので意外とまったりとした時間を過ごせる。

女の子のレベルは非常に高く、そしてとても積極的だ。まったりしているとガンガン声をかけられるので受け身でいても全然問題ない。ラウンジには白人女性、黒人女性の両方がいるので自身の好みに合わせてじっくり吟味してみるといい。

1点注意事項として、16時から営業しているが肝心の女性がかなり少ない。遊びに行くのであれば賑わってくる19時以降から訪れることをおすすめする。

立ちんぼ

立ちんぼは街中で売春している女の子と本番行為ができる遊びだ。こちらも遊ぶ際には個人交渉が必須となる。

内容としては他国と仕様は変わらず、客待ちしている女の子と料金交渉をして、話がまとまったらヤリ部屋に行って本番行為をするといった感じだ。ヤリ部屋とは言ったものの、ラブホテルがあるわけではないので、女の子の家か自身が宿泊しているホテルやモーテルのいずれかとなる。

ブラジルの立ちんぼで特徴的なのが、意外にも美女の割合が高いという点が挙げられる。というのも、国全体が貧困であるため、お金欲しさからルックスの良い女の子が立ちんぼに流れてきており、立ちんぼ全体のレベルが非常に高いからだ。他だとモデル級の女性と巡り合えることもそう珍しい話ではない。

料金は約50~300レアル(約2,500~8,000円)が相場となっている。

他の遊びに比べるとかなり料金は抑えられるものの、フリーランスの売春相手なのでその分トラブルになるリスクは高い。とにかく安く1発抜きたい、様々なスリルを感じたい人にはおすすめだ。

ブラジルの風俗エリアの治安

観光地周辺ということもあり人も多く活気があるが、お世辞にも治安がいいとは全くもって言えない。普通に街を出歩く際も一人での移動は控えた方がいいレベルなので、移動は必ずタクシーを利用して少しでも身の安全性を高めておいた方がいい。

また、スリやひったくりなどの軽犯罪は日常的に発生しているので、自己防衛の意識はしっかりと持つ必要がある。

ブラジルの風俗を選ぶ際の注意点

コンドームや抗生物質は必ず持参する

遊ぶ女の子たちがコンドームを持参していることがあるものの、確実に所持しているわけではない。たとえ所持していたとしても自身にあわない可能性が大いにあるので、必ずコンドームは持参するように心がけたい。

また、個人売春という関係上、性病についてはしっかりと管理されていないので気を付ける必要がある。本番行為前には念のため抗生物質を服用してから臨むことをおすすめする。

個人交渉でトラブルが発生しないように十分注意する

ブラジルのボアッチや立ちんぼでエッチなことをするには個人交渉が必須なので、トラブルが発生するリスクは店舗と比較してあると言わざるを得ない。

不測の事態に陥らないよう、事前の確認や料金交渉はしっかり細かく行うことを肝に銘じておく必要がある。

移動の際は必ずタクシーを利用する

全体的に治安が悪いため、バスなどの公共交通機関もよほど慣れている人以外は利用を控えた方が良い。タクシーで宿泊場所から現地に直接向かうことを基本として行動するようにして、自身の身はしっかりと守ることを徹底した方がいい。

また、路上も極力歩かない、または歩くとしても複数人で行動するといった対策も怠らないこと。

ブラジルの風俗選びの所感・まとめ

ブラジルでは政府が売春行為を容認しているため、逮捕される心配をせずに安心して女の子と遊べる。

料金はちゃんと遊ぼうとすれば基本的には日本よりも安く遊ぶことができるので非常にお得。ナンパしたりショーなども楽しみたい場合はボアッチ、少し値は張るものの美女と遊びたい場合や女の子との料金交渉が面倒な場合はテルマを選ぶとまず間違いない。

一方で、本当に安く済ませたければ立ちんぼという選択肢があるが、リスクの高さを考慮するとあまりおすすめできない。

治安は全体的に悪く、日常的に軽犯罪が発生しているので注意が必要だ。外を出歩く際には極力1人での行動は避けて最低でも2人以上で行動すること。移動の際には基本的にタクシーを利用することを強く推奨する。

最後にブラジルの女の子は美女揃いかつセックス中もかなり積極的で満足できること間違いなしなので、羽目を外し過ぎない程度に熱い夜を過ごしてきてくれ。

-海外風俗