海外風俗

コロンビア風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

世界には美人を数多く排出する国がいくつも存在するが、南米ではコロンビア一択と言って過言でない。その影響からかコロンビアの風俗は海外風俗をこよなく愛する者から人気。なかでも都市メデジンの風俗は注目され続けている。

そんなコロンビアは美女が多いだけでなく親切な人が多いことでも有名。もっと言えばオリエンタルな顔立ちをしている男性(東アジア系の男性)が好まれるという情報もある。

実際のところはかわいいもののスタイルは微妙な風俗嬢がほとんど。もちろん街中にはモデル級の美女は沢山いるのだが、風俗で働く女子の容姿レベルはぶちゃっけまあまあなのだ。

とはいえ風俗で有名な都市メデジンを訪れれば、スタイル抜群の美女とあんなことやこんなことができたりする。

そこでこの記事ではコロンビアで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。南米を代表するスタイル抜群の美女をお持ち帰りしたいという方はぜひチェックしてほしい。

コロンビア風俗で遊べる風俗の種類と料金相場

コロンビアは南米の北端に位置する国。サッカーの強豪国としてだけでなく美女が多いことでも知られる。国は大自然にあふれアンデス山脈も楽しめる。また国内ではコーヒーの生産が盛んだ。

高地に位置する首都ボゴタではレストランや商店が数多く立ち並び、外国人観光客でにぎわう。カリブ海沿岸で有名なカルタヘナも旧市街を楽しめるスポットとして有名。16世紀に建設された城をはじめサンゴ礁などを見て回ることができる。

そんなコロンビアの風俗は首都ボゴタとメデジンに集中。しかしボゴタの風俗嬢は顔こそかわいいがスタイルは微妙。その上に街は標高が高い影響で気温が寒く治安もよろしくない。風俗を利用できることに変わりはないのだが、安全性と満足度でいうとあまりおすすめはできない。

そこでおすすめしたいのが風俗都市として知られる「メデジン」。

気候は「常春」と呼ばれるほど快適で、日中は半袖で過ごせるほか夜になってもシャツ一枚でOK。これがほぼ1年間続くので余裕で滞在できるエリアなのだ。

そんなメデジンへのアクセスは「エルドラド国際空港」から車で9時間ほど。かなり時間がかかってしまうので何日か滞在する方向で計画を立てたほうがいい。

メデジンで風俗が集結しているエリアはPoblado駅の東にある「Parque Lleras(パルケ・ジェラス)」という公園の周辺にある。

周辺はレストランをはじめ、バー、ナイトクラブなど様々な店舗が建ち並ぶ。エリアにいる人々はさまざまで地元住民もいれば観光客もいる。常に賑やかな場所なので当然ながら風俗店や売春婦たちが集まるわけだ。

風俗店が集結するエリアは週末になると人でごった返す。しかし不思議とかわいい風俗嬢は目立つし見つけられる。それがParque Lleras(パルケ・ジェラス)なのだ。

風俗嬢・売春婦の容姿レベルはきわめて高い。筆者の経験から言うと彼女たちの美貌は全世界でトップクラス。メデジンの美女たちはラテン系の混血なので独特の雰囲気をもっている。これが彼女たちにまんまとハマってしまう最大の要因だ。

Parque Lleras(パルケ・ジェラス)は風俗街として有名なものの、基本的には若者が座ってダラダラとアルコールを飲み交わす地区と言っていい。深夜になると様子が一変しドラッグの売人たちが増えるが立ちんぼ嬢も同様に増える。

コロンビアは治安が悪いことでも知られているが、筆者は特にトラブルに遭遇したことはない。さすがに深夜の徘徊は避けた方が無難だが、立ちんぼ嬢との本番が目当てならリスクを冒す価値はあるかもしれない。

コロンビア風俗の種類と料金相場

コロンビア風俗の種類は主に次の6つに分類される。

カテゴリ ゴーゴーバー エスコート ストリップ 置屋 置屋バー 立ちんぼ
評価 ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
料金の相場 104,000COP~(約4,500円) 150$~(約20,000円) 230,000COP~(約11,000円) 185,000COP~(約5,350円) 195,000COP~(約5,600円) 60,000〜90,000COP(約2,000〜3,000円)
本番の有無
備考コメント さまざまな女子と出会えるが容姿レベルはイマイチ。料金も立ちんぼと比較すると微妙。 ワンランク上の美女とステキな夜を過ごしたい場合はおすすめ。 容姿レベルの高い美女と手ごろな料金で本番を楽しめる。 上玉のかわいい美女がうようよ。さらにキスOKの子もいるので至極の本番を楽しめる。 大人数の女子から理想の子を選びたい人におすすめ。美女率は高い。 サクッと安価で本番ができる。ただし衛生面には問題あり。

このようにコロンビア風俗の種類は豊富。上記以外にも裏風俗が存在するようだが、リスクを伴う遊びになるはずなのでスルーしたほうが無難かと。正直なところ上記6つの遊びだけでも十分だ。

それでは各カテゴリを詳しく解説しよう。

ゴーゴーバー

コロンビアの風俗でもっとも利用しやすい風俗が「ゴーゴーバー」。もはや説明不要の海外ではお馴染みのカテゴリ。コロンビアでもその魅力をとことん味わうことができる。

ゴーゴーバーは首都ボゴタのサンタフェ地区に集結しているぞ。

店舗は主に1Fがバーで2Fがプレイルーム。在籍する女子はラテン系美女をはじめ、おデブちゃん、ババアまで様々。料金はビールが4,000COP(約100円)、本番が10万COP(約4,400円)となっている。

海外のゴーゴーバーと言えば女子とゆっくり本番を楽しむ形だが、コロンビアではサクッと本番を開始して射精した時点で終了になるぞ。

エスコート

コロンビア風俗でもっとも高級な風俗として知られるのが「エスコート」。利用者があまりいないためかネット上には情報があまり転がっていないが、高級住宅街エリアに店をかまえるクラブから高級エスコートガールを呼んでアツい夜を楽しむことができる。

首都ボゴタでワンランク上の美女と本番をしたいならおすすめのカテゴリだ。

料金は最低でも150$が必要。求める条件が高いほど高額になる仕組みなので、財布に余裕がある人は是非とも利用してほしい。

ストリップ

コロンビア風俗の「ストリップ」は手ごろな価格で美女と本番できる人気のカテゴリ。主に首都ボゴタのサンタフェ地区に散在している。

ストリップに在籍する女子はボゴタにある他の風俗よりも容姿レベルが高い。かわいい子はもちろんんのことスタイル抜群の子も多いので、理想のコロンビア美女との本番を期待している人におすすめだ。

ストリップの料金は入場料が10,000COP~(約440円)。ドリンクは20,000COP~(約900円)。本番は20万COP~(約9,000円)となっている。

アジア諸国にある本番ができる風俗と比較すれば割高だが、美女と本番ができることを思えばコストパフォーマンスは抜群である。

置屋

風俗都市メデジンのParque Lleras地区には沢山の置屋が存在する。

しかしGoogle mapを片手に店舗を探してもなかなか見つからない。理由は店舗が非常にわかりづらい位置にあるため。筆者ははじめて訪れたとき1時間くらい苦戦した。なんとか夜を無駄にしない時間帯に到着したが、一歩間違えれば楽しめずに夜を過ごしていたと思う。

コロンビアの置屋はなかなかの規模。フロアにはバーカウンター、ソファー席、座席、ストリップステージが設けられ、席数はかなり余裕がある印象。在籍する女子たちはバーカウンターの前に立ち男性客を物色する。

ドリンクを購入すると女子たちがアグレッシブに営業をかけてくるので、断るのが苦手という人は避けたほうがいい。しかしどの子もハイレベル。思わず営業に乗っかってしまう可能性は高いぞ。

狙い目は夜11時~12時。この時間帯になると一軍と思われるハイレベルな美女軍団が次々と入店する。彼女たちはアクトレスのようなオーラと美貌を持っているので、是が非でもコロンビア美女とセックスしたいのであれば機を逃してはいけない。

置屋のおすすめ店舗

Industry club Medellin

店舗名:Industry club Medellin
住所:Calle 26a #43f72, Medellín, Antioquia, コロンビア
営業時間:夜8時〜翌朝5時(年中無休)
入場料:10,000COP(約500円)
飲み物代 / ビール一杯:25,000COP(約850円)
生フェラ + ゴム本番 / 30分:150,000(約4,000円)

Industry club Medellinはコロンビアでもっともおすすめの置屋。在籍する女子の数が圧倒的に多く、美女の割合が多いことで知られる人気店だ。

筆者としてはダントツでおすすめしたい店舗。かなりハイレベルな美女たちが在籍しているので、夜11時〜12時あたりに入店すれば素敵な夜を過ごせる。

在籍する女子たちは基本的に営業を掛けてくるが、売れっ子嬢ほど自分から声を掛けない。この時点で嬢のランクを区別できるので、相手が美女であろうとも焦らないように。あまり売れていない嬢でも容姿レベルは高いが、サービスに問題があったりするので見極めや交渉がカギになる。

注意点は深夜になるにつれて男性客が増加すること。気が付けば店にいる嬢よりも数が多くなるので、かわいい女子やスタイル抜群の女子たちの倍率が高くなる。なかには他の客から横取りされることもあるので、お気に入りの子を見つけたらすぐに「Let me buy your drink」といった感じで声を掛けよう。

置屋嬢のプレイクオリティは想像以上に良い。もちろん擦れた女子もいるので断定はできないが、ノリがよくて性格の良い美女だとキス・胸揉み・乳首舐めがOKだったりする。おまけにこちらの攻めに対する規制も設けないし何より反応も良い。

Industry club Medellinは数ある置屋のなかでもサービスの質が至極。置屋での本番を考えているなら第一候補にすることをおすすめする。

置屋バー

コロンビア風俗にはバーに置屋要素がくわわった「置屋バー」が存在する。サービスやプレイ内容は置屋とさほど変わらないので、誰でも比較的利用しやすいカテゴリと言えるだろう。

店舗の規模はそれぞれ異なるものの、ハコが大きいところが多い印象。入場料は安価なところもあれば高額なところも。在籍する女子の数は全店共通で多いと感じた。

規模が大きく入場料が高い店舗だと女子がフロア内にあふれている。ざっと見たところ100人以上はいるので、初心者でも利用しやすい風俗と言えるかもしれない。

なお踊り子はダンスが終わるとチップを要求しに回ってくるがスルーしてOK。チップは強制でない。

置屋バーのおすすめ店舗

Fase Dos

店舗名:Fase Dos
住所:Cra. 44 #30-27, Medellín, La Candelaria, Medellín, Antioquia, コロンビア
営業時間:夜6時〜翌朝4時(年中無休)
入場料:25,000COP(約800円)
飲み物代 / ビール一杯:20,000COP(約800円)
生フェラ + ゴム本番 / 30分:150,000(約4,000円)

Fase Dosは在籍する女子の数が100名以上の人気店。Parque Lleras地区ではかなり有名な置屋バーで、先で紹介した置屋「Industry club Medellin」と人気を二分する存在だ。

店舗の規模は大きめ。ただし古臭さが目立つ印象を受ける。入場料はIndustry club Medellinのおよそ2倍となかなか高額の類に入るが、店内にいる女子の数は100名以上のためコストパフォーマンスは優れている。

人によってはハコの古さにガッカリするかもしれないが、見切ることが不可能な美女たちがわんさかいる。そう考えるとIndustry club MedellinよりもFase Dosの方が美女率が圧倒的に高いかと。とくに美女との本番を何度もできるのであれば、あらためて店内でお気に入りを探すなんてことも可。

遊び方は自由自在なので美女の選択肢をシンプルに増やしたいならおすすめの店舗だ。

立ちんぼ

コロンビアの「立ちんぼ」は他国と比較するとかなりハイレベルだ。

容姿レベルはきわめて高く他国の立ちんぼ嬢よりもワンランク上。なかにはファッションモデルかと思うほどのスタイル抜群の美女もいる。

お気に入りの嬢と出会うためには散策を入念におこなう必要があるが、わりと高い確率で当たり嬢を引く可能性がある。ちなみに筆者はコロンビアの立ちんぼを数回ほど利用しているが、ハズレは未だに引いたことがない。いずれも納得の美女でスタイルは抜群だった。

本番をおこなう場所は基本的に提携しているマンションの一室、もしくはマンションのエントランスの中でヤる場合もある。言うまでもなく本番は部屋でやるに越したことはないので、嬢には部屋で楽しみたいと伝えよう。

こちらの希望が通りそうにない場合は断念することをおすすめする。置屋を利用すればサクッと本番ができるので検討してみてほしい。

立ちんぼのおすすめエリア

住所:Medellín, El Poblado, Medellín, Antioquia コロンビア
料金:ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:60,000〜90,000COP(約2,000〜3,000円)

立ちんぼはParque Lleras周辺に散在している。彼女たちが現れるのは夜9時以降。想像以上に急激に増えるので簡単に見つけられるはずだ。

嬢との交渉はある程度必要になるものの、難しいやりとりは不要。基本的に手軽に遊ぶことができる。

ただし、彼女たちは店舗に属していないフリーランス。店が管理しているわけではなく個人売春を行なっている立場なので、衛生面や病気面でのリスクは必然と高くなる。その危険度は東南アジアほどではないが注意して遊ばねばならない。

コロンビアの風俗を選ぶ際の注意点

サンタフェ近くの公園には近づかない

サンタフェ地区にはいかにも怪しい公園がある。その怪しさは治安の悪さを象徴するひとつの要因と言っていいかもしれない。

公園の周辺には不審者が数多く散在しており、近づくと何をされるかわからない。しかし辺りの雰囲気は風俗店のネオンがピカピカしていることもあってダーク一色というわけではない感じ。稀にではあるが警察も見回っているので、長時間滞在しないかぎりは問題ないと思われる。

とはいえジャンキーの売春婦がうろつくエリアなので、見かけても完全無視をつらぬくように。公園に用がないかぎりは近づかないようにしよう。

イチャイチャはあまり期待できない

筆者がこれまでに利用したコロンビア風俗はどれもアタリばかりだった。しかしコロンビアの風俗嬢は基本的に事務的な対応をとることが多い模様。日本の風俗のようなイチャイチャ感は楽しめないほか、恋人のような接し方を期待できないそうだ。

筆者はその真逆の経験を味わえているだけに疑問なのだが、嬢選びさえ間違えなければイチャイチャな本番は不可能でないと感じている。しかしほとんどの嬢が事務的な対応をするものとインプットしておくべきだろう。

オカマもいるので要注意

ネット上では女性だと思ってベッドインしてみたところオカマだった…という体験談がちらほら見られる。

コロンビア風俗には美女が多いものの、その中にはオカマが一定数紛れ込んでいるらしい。

オカマが相手だとすべてが台無しになってしまうので、交渉の段階で女性であることをしっかりと核にしたほうがいいだろう。筆者はコロンビアにかぎらず性別確認を徹底しているぞ。

コロンビアの風俗エリアの治安

コロンビアの治安は他国と比較するとすこぶる悪い。次の犯罪行為は日常的に行われている。

  • スリ
  • ひったくり
  • 置き引き殺人
  • 誘拐
  • 麻薬の密売

このように軽犯罪も重犯罪も多発する国。渡航は十分に注意する必要があるが、風俗エリアは言うほど治安が悪いわけではない。危険なエリアと深夜の外出を控えれば、トラブルに遭遇する可能性は高くないと言える。

いずれにしてもコロンビアは危険な国に該当するので、旅行計画をしっかりと立てたほうがいいだろう。

コロンビアの風俗遊びの所感・まとめ

コロンビアは南米を代表する美女大国。街中を歩いている女子の容姿レベルは言うまでもなく高いが、風俗嬢の容姿レベルもまた高い。

治安がすこぶる悪いと言うデメリットはあるものの、無茶をしなければ安全に遊ぶことが可能。利用したい風俗カテゴリが決まっている場合は、店舗やエリアへのアクセスを何度もシミュレーションしておこう。

筆者はコロンビア美女とのステキな夜を何度も過ごしている。アタリ嬢と出会えれば忘れられない夜になるはずだ。

-海外風俗