海外風俗

スペイン風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

今回は情熱の国、スペインで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。

スペインでは風俗営業に関する規制がかなり緩く設定されているため、思う存分安心して遊ぶことができる。

この記事を最後まで見て現地でスムーズに一発ヤレるよう参考にしてほしい。

スペインで遊べる風俗の種類と料金相場

スペインは先述した通り、風俗への規制があまりされておらず罰せられることほぼないと思ってくれていい(児童買春はNGとなっている)。そのため性産業は他の欧州国と比べても盛んであることは間違いない。

また、遊べる女の子の年齢がほぼ20代と若くモデルのような美女ばかり。そして白人、黒人、ラテン系といった様々な人種が集まっているので「風俗大国」と呼ばれるほど風俗マニアの中では有名な場所だ。

風俗遊びができる場所はマドリードが最も盛んとなっている。

マドリードへはアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港(通称マドリード空港)を利用する。(日本から直行便あり)

この空港はマドリード中心部までタクシーを利用すれば30分もあれば到着することができる。

車で移動する際はタクシーかUberのいずれかを利用することになる。

タクシーについて少し触れておくと、スペインには正規タクシー(車体は黄色と黒色のデザイン)が存在する。一応、形態的には個人タクシーに分類されるのだが、政府からのライセンスを取得している。この正規タクシーでは運賃が統一されているおり、ぼったくられることはないので安心して利用することができる。

ちなみに料金は初乗りで約2.2ユーロ(約300円)、空港からマドリード中心地までは追加で約3.1ユーロ(約400円)で設定されている。

このように非常に安価でタクシーを利用できるのでスペインでの移動はタクシーを利用することをおすすめする。

そして、スペインの風俗では大きく3つの種類に分類することができる。
以下では各種類について詳しく解説していく。

カテゴリ セックスクラブ エスコート 立ちんぼ
本番の有無 本番あり 本番あり 本番あり
評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
料金相場 約100~250ユーロ(約14,000~34,000円) 約60~150ユーロ(約8,000~21,000円) 約50~100ユーロ(約7,000~13,000円)
備考コメント 少し料金は高いものの、ルックスレベルが非常に高い女の子と遊べる おそらく一番コスパは良いが、英語あるいはスペイン語が多少できる必要あり できるだけ安く遊びたいならあり

セックスクラブ

セックスクラブとはどスケベなナイトクラブのような空間で女の子を選んで本番行為ができるというもの。ざっくり言えば、日本のデートクラブだと思ってくれると一番イメージしやすい。

ちなみにお持ち帰りしたり店外に出る必要はなく、遊ぶ女の子が決まったら施設内の別室にて本番行為を行うことになる。

本番行為までの大まかな流れは、入場料がある場合は受付で支払い、声をかけてきた女の子が気に入れば料金を払って別室にて本番行為といった感じだ。基本的には女の子から声をかけてくれるが自分から誘いに行くのはもちろんOKだ。

遊べる女の子たちは全体的にレベルが高い。日本であれば芸能人レベルの子もちらほら見かけるのでルックスでハズレな女性はまずいないと思ってくれていい。

料金は約100~250ユーロ(約14,000~34,000円)が相場となっている。他の風俗遊びと比べると少し高いものの、安全に美女と遊ぶことができる。スペインでの風俗遊びが初めての人にはかなりおすすめだ。

また、本番行為前の面倒な料金交渉は必要がないので、交渉事が苦手だとしても気軽に楽しめるのも良い点だと言える。

以下ではおすすめ店舗を2つ紹介する。

セックスクラブのおすすめ店舗

VIVE Madrid

店名:VIVE Madrid
住所:Calle del Marqués de Viana, 15, 28020 Madrid, スペイン
料金:約150~250ユーロ(約21,000~34,000円)
時間帯:17:00~翌5:00

VIVE Madridはマドリード市内のほぼ中心地に位置しているため、タクシーでの移動が非常に便利だ。

女の子のレベルはピンキリではあるものの、比較的綺麗めな雰囲気が多い印象。年齢層は20代半ば~30歳前後くらいがメインとなっている。純粋なスペイン人だけでなく、南米系や東欧系など様々な人種がキャストとして在籍している(特にブラジル人が多いイメージ)。

また、女の子からガンガン声をかけてくるが、しつこく食い下がってくることはないので気に入らなければすぐに断ってしまって全く問題ない。

1点注意点として、ドリンクのおねだりも勧誘同様にしつこくはないものの、そのドリンク代が異常に高額となっている(約40ユーロ(約5,500円)と言われることも)。明らかに高過ぎるので、ここでは安易に女の子へドリンクを奢ることはあまりおすすめしない。

Club Paradise

店名:Club Paradise
住所:Avinguda Euskadi 7, Poligono Industrial Mas Morato, 17700 Els Límits, Girona, スペイン
料金:約100~150ユーロ(約13,000~21,000円)
時間帯:17:00~翌4:00(休日は翌5:00まで)

Club Paradiseはマドリード郊外に位置していて中心地から離れているものの、スペインで1番売れている超有名店として知られている。

女の子はスペイン国内での正式な売春婦として登録されているため、容姿・サービスが非常に高品質。年齢は20代と比較的若めで、様々な人種が在籍していて特に白人系の女の子が多い印象だ。

この店では本番料金の他に10ユーロ(約1,300円)ほどのチップを渡す必要があるので注意が必要だ。これを忘れてしまうと、2発目以降遊べなくなる可能性があるので気を付けること。

余談だが、ショーやストリップダンスは結構エロいので見るだけでも十分楽しむことができる。

エスコート

エスコートとはHPに登録されている女の子を選んで本番行為をするといった遊びだ。日本でいうところのデリヘルに近い。

スペイン人の女の子と必ず本番行為がしたいのであれば、エスコートで遊ぶことも1つの手だ。というのも、出稼ぎに来ている女の子たちも多いためスペイン人の女の子を探すことに苦労するからだ。

加えて、ナンパといった声をかける高いハードルを気にする必要はなくなるので、手軽にかつ安全にスペインで遊びたい人は外せない遊び方だと言える。

料金は約60~150ユーロ(約8,000~21,000円)が相場となっている。セックスクラブ遊ぶ料金よりも少し安めな印象だ。

また、サイト内では英語かスペイン語しか使われていないので、不安な人は翻訳ツール等が必要なので注意すること。

エスコートのおすすめサイト

EuroGirlsEscort.com

サイト名:EuroGirlsEscort.com
URL:https://www.eurogirlsescort.com/escorts/spain/#
料金:約60~150ユーロ(約8,000~21,000円)
営業時間:ー

上記に記載しているURLから遊べる女の子をマドリードはもちろんのことスペイン全土で探せる。

女の子のルックスレベルは全体的に高め。画像だけでなく一部動画を投稿している子もいるので、より自身の好みに合った遊び相手を探すことができる。

また、予約方法もかなり簡単で、遊びたい女の子のプロフィールに記載されている電話番号から直接連絡を取れる。電話が苦手ならWhatsAppやViberでメッセージすることも可能だ。

立ちんぼ

立ちんぼは街中で売春している女の子と本番行為ができる遊びだ。こちらも遊ぶ際には個人交渉が必須となる。

内容としては他国と仕様は変わらず、客待ちしている女の子と料金交渉をして、話がまとまったらヤリ部屋に行って本番行為をするといった感じだ。ヤリ部屋とは言ったものの、ラブホテルがあるわけではないので、女の子の家か自身が宿泊しているホテルやモーテルのいずれかとなる。

スペインの立ちんぼは、セックスクラブやエスコートで遊べる女の子と比べるとレベルが落ちる。というのも、特にセックスクラブなどに登録できない女の子がそのまま流れて立ちんぼをしていることが多いからだ。

料金は約50~100ユーロ(約7,000~13,000円)が相場となっている。

他の遊びに比べるとかなり料金は抑えられるものの、フリーランスの売春相手なのでその分トラブルになるリスクは高い。正直おすすめはしないが、とにかく安く1発抜きたい人、様々なスリルを感じたい人にはおすすめだ。

立ちんぼのおすすめスポット

La Rambla通り

La Rambla通りはバルセロナに位置する観光地スポット、そして同時に立ちんぼが多い場所として知られている。夜でも観光客で賑わっているので、それにあわせて立ちんぼたちは夜~深夜にかけて活動している。

また、立ちんぼたちの見分け方も簡単で、通りの歩道上にズラッと立っているので一目で分かるはずだ。声をかけなくても立ちんぼ側から声をかけてくるので、遊びたい場合は立ちんぼがいる通りを行き来すれば問題ない。

ただ、上記しているように立ちんぼだけでなく、薬の売人やその他の勧誘もいるのであくまで自己責任で楽しむこと。

スペインの風俗エリアの治安

観光地周辺ということで人も多く活気があり、ある程度の治安の良さは感じられる。

その一方で、スリやひったくりなどの軽犯罪は日常的に発生しているので、自己防衛の意識はしっかりと持つ必要がある。

スペインの風俗を選ぶ際の注意点

コンドームや抗生物質は必ず持参する

基本的に遊ぶ女の子たちがコンドームを持参していることが多いものの、確実に所持しているわけではない。
たとえ所持していたとしても自身にあわない可能性が大いにあるので、必ずコンドームは持参するように心がけたい。

また、個人売春という関係上、性病についてはしっかりと管理されていないので気を付ける必要がある。本番行為前には念のため抗生物質を服用してから臨むことをおすすめする。

個人交渉でトラブルが発生しないように十分注意する

一部のセックスクラブや立ちんぼで遊ぶ場合は個人交渉が必須なので、トラブルが発生するリスクは店舗と比較してあると言わざるを得ない。

不測の事態に陥らないよう、もし遊ぶのであれば事前の確認や料金交渉はしっかり細かく行うことを肝に銘じておく必要がある。特に本番行為以外のオプションに関してはよく確認しておいた方がいい。

スペインの風俗選びの所感・まとめ

スペインでは風俗営業に関する規制がかなり緩いため、逮捕される心配をせずに安心して女の子と遊べる。

料金は基本的には日本よりも安く遊ぶことができるのでお得。スペイン風俗が初めての人は少し値は張るもののセックスクラブがおすすめだ。また、スペイン人と絶対に遊びたい人や言語が流暢な人はエスコートを利用するのも手だ。

一方で、本当に安く済ませたければ立ちんぼという選択肢があるが、利用条件やリスクの高さを考慮するとあまりおすすめできない。

治安は観光地ということもあり比較的良いが、日常的に軽犯罪が発生しているので注意が必要だ。

最後にスペインの女の子は日本ではお目にかからないような美女がたくさんいるので、羽目を外し過ぎない程度に熱い夜を過ごしてきてくれ。

-海外風俗