海外風俗

フランス立ちんぼの遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

フランス風俗はリスクが伴うことで有名だが、なかでもパリは一般的な容姿レベルの嬢であるにもかかわらず総じて料金が高いデメリットがある。

よってパリ風俗は遊ぶ価値なしとの声が多い。しかし立ちんぼに関しては高評価がちらほらと見られる。

筆者はフランス立ちんぼを数回利用しているが、アタリくじを引いた回数の方が多い。よって遊びとしては大満足している。ところが昨今は売春行為と売春斡旋行為が禁止になったことで遊ぶリスクが跳ね上がってしまった。

この記事はそんなフランス立ちんぼについて詳しく解説していく。具体的な遊び方はもちろん、料金相場、行き方、おすすめの場所について紹介する。

最初に断っておくがフランス立ちんぼは各国と比べるとあまりにも危険。すべて自己責任になるので覚悟のある方のみ読み進めていただきたい。

フランス立ちんぼの遊び方

フランスの立ちんぼは他国とさほど変わりない。いわゆる街頭や特定のエリアに立っている売春婦と交渉して本番をする遊びだ。ちなみにフランス・パリでは売春が禁じられている。よって立ちんぼは「裏風俗」と呼ばれており、内容自体はどこまでもブラックな売春行為だ。

各国の立ちんぼとの大きな違いは次の3点。

  • 立ちんぼエリアの治安がすこぶる悪い
  • 性病をもらうリスクがきわめて高い
  • 美女とヤれる可能性はきわめて低い

フランスはヨーロッパのなかでも美女が多い国として知られるが、立ちんぼ嬢にそのようなレベルの女性はいない。あくまで本番をサクっと楽しむことが目的なのだ。

そんなフランス立ちんぼの具体的な遊び方は次のとおり。

  1. 立ちんぼエリアへアクセスする
  2. 立ちんぼ嬢と思われる女性へ声をかける
  3. あるいは立ちんぼ嬢からの営業を待つ
  4. 交渉する
  5. 交渉が成立したら嬢が指定する場所へ向かう
  6. 料金を支払う
  7. 本番
  8. 解散

フランスに限ったことではないが、立ちんぼ嬢との本番はいくつかのリスクが伴う。パリにおける立ちんぼは想像以上に原始的なうえに治安の悪さや性病などのリスクが高い。

よって対象者は海外風俗の経験が豊富な人。もっと言えばアングラな風俗カテゴリを何度も経験しており、リスキーな遊びを好む人と言っていいだろう。

残念ながら初心者には不向きなので、フランスで本番を楽しみたいなら別のカテゴリを探したほうがいい。

フランス立ちんぼの料金

フランス立ちんぼの料金相場はこれといって決まっていない。しかし何人かの嬢に現地調査したところ料金は次のような形だった。

  • コンドームありのフェラ :20€(約2,400円)
  • コンドームありの本番:50€(約6,000円)

基本は以上となるが中にはオプションを用意していたり別料金で要望を聞いてくれる嬢がいる。この場合は上記の料金にプラスとなるぞ。

これは筆者の経験則によるものだが、フランスの立ちんぼ嬢はさまざまな要望を受け入れてくれる子が多い。その理由はシンプルに稼げるからだ。

ただし想像するような美女とのプレイはできないので、追加料金を払う価値があるかどうかは各自の判断になる。

フランス立ちんぼの場所と行き方

フランス立ちんぼは大都市パリに集結している。

パリはヨーロッパを代表する有名な都市。カルチエラタンと言われる5区はパリ大学をはじめ、フランスらしいオシャレなカフェが立ち並ぶ。さらに「シェイクスピア・アンド・カンパニー書店」や「ジャルダン・デ・プラント」「国立自然史博物館」の観光におすすめの施設も揃っている。

風俗の側面としては数多くの立ちんぼ嬢が散在する「ブローニュの森」があまりにも有名。治安は悪いものの本番ができるとして、現地住民はもちろん世界各国の風俗好きが集まる。

そんなパリへのアクセスは「シャルル・ド・ゴール国際空港」から電車で30分ほど。車で移動する場合は40分ほどで到着する。

フランス立ちんぼのおすすめ店舗・エリア

ブローニュの森

名称:ブローニュの森
住所:75016 Paris
アクセス:メトロ「Les Sablons(レ・サブロン)駅」で下車すると目前

「ブローニュの森」はパリの西側に位置する立ちんぼ嬢があふれる名スポット。周囲はお金持ちが多く暮らす「アパルトマン(集合住宅)」が建ち並ぶ。富裕層が暮らすエリアと聞くと「実は高級な裏風俗を楽しめるのでは?」と想像するかもしれないが、実際はどこまでも原始的でヤバい裏風俗エリアである。

土地は想像以上に広く東京ドーム180個分。立ちんぼ嬢は数えきれないくらい。営業時間はこれと言って決まっておらず、昼間から待機している嬢が溢れかえっている。そのためブローニュの森はヨーロッパにおいて「パリ最大の風俗エリア」と言われているぞ。

とはいえ現地のイメージは良くない。過去には有名な食人殺人事件が起こったことで人々があまり近づかない場所として知られる。あくまで売春目的以外は利用する人がいないスポットだ。

森の中はリフレッシュできる空間とはかけ離れており、足を踏み入れるとキツい香水の香りが漂っている。さらに地面には使い捨てにされたコンドームが散らばっているほか、プレイで使用したと思われるウェットティッシュの残骸が大量に落ちている。

そんなブローニュの森で行われている売春は次のとおり。

  • 森の中(青姦)でそのままプレイ
  • 森に設置されたテント等でのプレイ

立ちんぼ嬢たちは森の道路沿いに立って客引きしていることが多い。森の中でのプレイはもちろん、車道脇に停まった車の中でプレイしていることもしばしば。近づいただけでアングラな風俗エリアだとわかるはずだ。

なお森で立ちんぼをしている嬢はフランス人だけではない。むしろ中東欧系かアフリカ系が多い印象を受ける。なかにはアジア出身の女子も見かけるぞ。

彼女たちの容姿レベルはお世辞にもカワイイとは入れないレベル。フランス=美女大国のイメージは間違いないが、森にいる立ちんぼ嬢たちは良くて中の下くらいだ。

モンマルトル

名称:モンマルトル
住所:モンマルトル, フランス 〒75018 パリ
アクセス:「シャルル・ド・ゴール国際空港」から車で35分ほどで到着

モンマルトルはパリで有名な風俗街のひとつ。辺りは飲み屋やバーが所せましと建ち並んでいて、夜間営業の店舗が圧倒的に多いエリアだ。

そんなモンマルトルはパリに暮らす若者たちが夜にこぞって利用する。そのため立ちんぼ嬢たちは彼らをターゲットにすべくどこからともなく集まってくるのだ。

人でにぎわうエリアなので立ちんぼを捕まえるには最適なのだが、治安はすこぶる悪いので安易な利用はおすすめできない。立ちんぼのぼったくりやタチの悪い客引きは日常茶飯事だ。また現地の酔っ払いに絡まれる確率もきわめて高いので、風俗街に慣れた人でないと色々と厳しいかもしれない。

立ちんぼ嬢はさまざまな人種がいるものの容姿レベルは低め。美女との本番は期待できないので、あくまでサクッと本番がしたい人におすすめのエリアだ。

フランス立ちんぼを利用する際の注意点

嬢は多いものの一般女性と間違えないよう注意すべし

パリには立ちんぼが溢れかえっているが、まるで立ちんぼのような格好をした一般女性は珍しくない。つまりそれっぽい格好をした女性に声を掛けてしまうとトラブルに発展する可能性がある。

一般女性は立ちんぼと間違えられることに憤りを感じているので、くれぐれも激怒させないよう立ち回ってほしい。

このようなミスを犯さないためにも、立ちんぼと本番をしたいのであれば彼女たちがよく集まる有名なエリアにアクセスしよう。ブローニュの森に行けばまず間違えることはない。

可能なかぎり夜の利用は控えたほうがいい

ブローニュの森は治安がすこぶる悪い。敷地内には拳銃やナイフを所持した武装グループが待機していたりする。彼らは車を盗むために襲撃してくるので自動車でのアクセスは避けたほうがいいだろう。ちなみに立ちんぼ嬢をかぶため銃弾の犠牲になった男性がいる(※実際に報道されたニュース)。

またブローニュの森では立ちんぼ嬢たちの殺害事件が相次いでいる。昨今では10人近くが命を落としているので極めて危険なスポットであることを理解してほしい。

森の中にはドラッグを打ったであろう注射器が当たり前のように転がっている。おそらく麻薬の取引も行われていると思われるので、夜間のアクセスは可能なかぎり避けたほうがいいぞ。

美女とヤれる確率は低い

フランス・パリに暮らす女性は美女率が圧倒的に高い。しかし風俗に限っては真逆と言っても過言ではないリアルを突き付けられる。

ネット上ではパリの白人美女と100%ヤれるとの情報を目にするが、実際のところは容姿レベルがよくて中の下以下の女性たちと本番をおこなうことになる。

なかには美女に値するレベルの女性と出会うこともあるが、基本的にハズレを引く可能性が高い。筆者は奇跡的にもアタリくじを多く引けているが、ハズレも経験している。

有名な立ちんぼエリアに足を運べばわかると思うが、遠目から見てもブス率は高い。美女とヤれる確率は低いのでその点は頭に入れておくように。

ぼったくり率が高い

パリの立ちんぼは地雷嬢が非常に多い。それは容姿レベルに限った話ではなく、ぼったくりやサービス内容がすこぶる悪いケースも多いのだ。

立ちんぼを利用したトラブルでもっとも多いのは「ぼったくり」。パリは物価が高いこともあって悪巧みを考えている者は外国人観光客からそ搾り取ろうと試みる。明らかに法外な料金をふっかけてくる嬢もいるので、少しでも怪しいと感じたら身を引こう。

こういった背景からパリ風俗は料金を後払いにしているケースが増えている。

ただし立ちんぼは個人間交渉になるのでトラブルがあっても助けは来ない。すべて自己責任になることを覚悟したうえで利用しよう。

警察は当てにならない

立ちんぼとトラブルになる可能性は高い。そうなれば警察に頼るのが日本人では当然の考えであり行動なのだが、パリでは警察がまったくもって当てにならない。

パリ警察はパリ市民の味方になることを信条としている。これが非常に厄介でこちら側があきらかに被害者だとしても、パリ警察はパリ市民である立ちんぼたちの味方をするのだ。

筆者は幸いにも警察を頼った経験はないが、海外風俗が好きな友人は上記のトラブルに遭ったらしい。

もうお分かりだと思うが、パリで立ちんぼとコンタクトする際は完全に自己責任となる。いかなるトラブルがあっても自力で対応せねばならない。

まとめ

芸術の都と呼ばれるパリだが風俗に関してはいま一つの印象。立ちんぼはサクっと本番ができるカテゴリであるものの、リスクがあまりにも高すぎる。

立ちんぼのメッカ「ブローニュの森」は治安がすこぶる悪いため、いわば私たち利用者は獣道を歩く獲物と表現していいのかもしれない。

はたしてその先に待ち受けているのは美女かバケモノか…

スリリングな本番を楽しめることは間違いないが、それ以前に命をとられる危険があることを理解しなければならない。アバンチュールな夜を過ごしたいのであれば、別のカテゴリを利用するか安全な他国の風俗を利用したほうがいいだろう。

-海外風俗