海外風俗

フランスナイトクラブの遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

フランス・パリは風俗営業を禁止しているものの、いくつかの裏風俗で本番を楽しみたい人々を寄せ付けている。そのなかでも有名なのが連れ出し機能がそなわった「ナイトクラブ」だ。

フランスのナイトクラブはパリのピガール広場周辺に散在。「PEEP SHOW」だったり「LIVE SHOW」と書かれた看板がそう。想像以上にたくさんあるので店選びだけでも時間を要することだろう。

そんなナイトクラブはタイのゴーゴーバーに似た風俗。遊び方はとてもシンプルで入店した後にお気に入りの女子と交渉しお持ち帰りするというもの。主に宿泊先ホテルで本番をするのが主流となっている。

この記事ではフランスナイトクラブについて詳しく解説していく。具体的な遊び方はもちろん、料金相場、場所、おすすめの店舗について紹介する。利用を検討している人は是非チェックしてみてほしい。

フランスナイトクラブの遊び方

フランス・パリは風俗営業が違法となっている影響からか、性的サービスを大々的に提供している店舗が存在しない。つまり女子と本番をおこなう方法としてはクラブやバーでナンパしてお持ち帰りする他ないのだ。

ナンパ経由で主流となっているのが連れ出し機能がそなわっている「ナイトクラブ」。店内にいる女子と交渉をおこない合意が得られればホテルなどで本番をするカタチだ。

なお連れ出し機能のあるナイトクラブは次の2種類。

  • ディスコタイプの店舗で個人の売春婦と交渉する方法
  • ナイトクラブで働く女子と交渉してお持ち帰りする方法

ナイトクラブは日本にある店舗の雰囲気と大きく異なる。BGMがガンガン鳴っているフロアで女子たちが踊っているスタイルとは違い、高級なキャバレーのような空間で女子たちが裸や下着で営業をかけている印象だ。

入店するとグループ分けされている女子たちがそれぞれの意思で行動している。椅子に座って様子をながめている子もいれば、営業を積極的におこなっている子など様々。その光景は海外風俗ではお馴染みのFKKに近いイメージと言っていいかもしれない。

そんなナイトクラブの具体的な遊び方は次のとおり。

  1. お気に入りの店舗を探す
  2. 入店
  3. ドリンクを注文する
  4. 女子にドリンクを奢る(※女子は入れ替わり立ち替わり)
  5. お気に入りに子がいたら交渉
  6. 宿泊先のホテルなどに移動
  7. 本番
  8. 解散

遊び方はシンプル。お気に入りの子が見つかったらプレイの内容・料金・時間について交渉していく。双方で合意にいたればそのまま宿泊先ホテルなどで本番をする流れだ。

ちなみに連れ出し機能のあるナイトクラブの女子は「いくらなら払える?」と返してくるケースがほとんど。つまり低めの金額を伝えておくことで多少なりとも安く本番ができるぞ。

基本的なプレイについては「コンドームありの本番 」か「コンドームありのフェラ」のみ。その他プレイについては追加オプション扱いになり、一般的なプレイ料金よりも高く設定されているケースが多い。

本番ができる風俗といえば値引き交渉が当たり前だが、フランスを含むヨーロッパの風俗はそういった概念がない印象。白黒がハッキリしているので基本的に「払うかやめるか」の2択になる。

よって交渉は決裂しやすいので辛抱強く続けることをおすすめしたい。

フランスナイトクラブの料金

フランスナイトクラブの料金相場は次のとおり。

  • 入場料:30€(約3,000円)
  • 連れ出し料:50〜70€(6,000〜8,500円)
  • プレイ料(コンドームありの本番 +コンドームありのフェラ計30分~):90〜120€(10,000〜15,000円)

上記に希望するプレイを追加する場合はオプションとして別料金が加算される。

世界各国の本番風俗と比較すると30分〜のプレイはハッキリ言ってコストパフォーマンスが悪い。入場料だけでなく連れ出し料もかかる上、値引きもできないとなると不満を抱える人がほとんどだろう。

フランスで本番ができるカテゴリとしては「立ちんぼ」「個室プレイ付きバー」などがあるが、いずれもメリットよりデメリットの方が大きくなる。よって高いお金を払ってでもフランスでヤりたいならおすすめだ。

フランスナイトクラブの場所と行き方

フランスのナイトクラブは大都市パリに集中している。

パリは言わずと知れたヨーロッパが誇る都市。パリ大学はもちろん沢山のカフェが軒を連ねている。また観光スポットが多く「シェイクスピア・アンド・カンパニー書店」や「ジャルダン・デ・プラント」は大人気。よって日中は観光や食に集中することをおすすめしたい。

ナイトクラブが集中しているエリアとしてはピガール広場が挙げられる。ごく普通に観光をする分には問題ないが、夜の街は治安が悪くなるので細心の注意を払わねばならない。

そんなパリへのアクセスは「シャルル・ド・ゴール国際空港」から電車で30分ほど。車で移動する場合は40分ほどで到着する。

フランスナイトクラブのおすすめ店舗・エリア

ピガール広場

名称:ピガール広場
住所:75018 Paris
アクセス:「シャルル・ド・ゴール国際空港」から車で約30分。電車で約50分。

フランス・パリでナイトクラブを探すなら「ピガール広場」がおすすめ。周辺にはさまざまな店舗が建ち並び、そのほとんどが連れ出し機能が備わっている。

店舗の風貌はいかにもパリらしくオシャレな印象だが、妖しいピンク色のライトを使っているあたりが裏風俗店であることを物語っていた。

店舗によっては雰囲気は異なるものの、その多くは雑多な雰囲気をもつバーといったところ。フランスっぽいオシャレな空間というよりはアメリカライクな賑わいのある空間の印象だ。

店内にいる女子たちは露出度の高い格好をしている。薄着の子もいれば下着の子もいて客が来店すると一斉にこちらをチェック。即座に品定めをしているのだろう。

ドリンクを飲み様子を窺っているとどこからともなく女子がやってくる。フランス人が来るかと想像していたが現れたのは東欧系の女子だった。

彼女たちは決まって次のように話かけてくる。

  • 「この後私と外に出かけない?」
  • 「いくら払えるの?」

パリでは売春行為がバレたらアウト。そういった背景もあって彼女たちは「ヤろうよ」とは絶対に言わない。プレイ料に関しては相場に沿っていれば問題ない印象。筆者はいつも90€から交渉をはじめるが、高い確率でお持ち帰りできている。

女子の容姿レベルは正直なところイマイチ。美女はそれなりにいるものの、倍率が高いのと高額になる。コストパフォーマンスはよろしくないので、適度なレベルな子を選んで相場どおりにヤるのがベターだ。

Gibus Club

店舗名:Gibus Club
住所:18 Rue du Faubourg du Temple, 75011 Paris, フランス
料金:入場料は30ユーロ(3,000円)、連れ出し料は50ユーロ~70ユーロ(6,000円~8,500円)、プレイ料金は90ユーロ~120ユーロ(10,000円~15,000円)
営業時間:23時30分~翌朝7時

フランス・パリで有名な連れ出しナイトクラブと言ったら「Gibus Club」が挙げられる。店内には水着や下着姿のエロすぎる女子たちがフロア内をうろついているぞ。

利用方法はとてもシンプルでまずは女子とドリンクを交わす。その中でお気に入りの子を探し、交渉⇒合意に至ればお持ち帰りの流れだ。

女子の容姿レベルはそこまで高くない。エロさは一級品なものの満足いくかは利用者次第。ちなみに店内にはフランス人美女はほぼいない。

どうしてもフランス美女と本番をしたい人は別のカテゴリを利用した方がいいだろう。

フランスナイトクラブを利用する際の注意点

ふっかけられる確率は高め

ナイトクラブで働く女子たちと本番をするには、彼女たちの言い値を厳守しなければならない。

パリでは値引き交渉ができない。さらには物価そのものが高いので相場以上の料金をふっかけてくる女子が一定数いる。

すべては相場どおりに交渉を進めればいいので、まずはナイトクラブの料金相場をインプットしよう。そうすれば女子にふっかけられているかどうかを判断できる。

言い値がすべてのパリ風俗だが、言いなりになってしまうと損をするので注意しよう。

パリ警察は味方になってくれない

パリはお世辞にも治安がいいとは言えない。街頭はもちろん店舗でもトラブルは起こる。

そんなとき私たちは警察を頼るわけだが、パリ警察はパリ市民を擁護しようと動く。こちらに非がなくても相手がパリ市民ならそちらの味方をするのだ。

最悪の場合は「パリに暮らす女子に不当な誘いをおこなった」とみなされることもある。日本の警察とは大違いなので彼らを信用してはならない。すべては自己責任で行動しよう。

現地人とヤれる確率はわりと低い

フランス風俗と聞くとフランス美女とヤれて当たり前だと思うはず。しかし実際のところはフランス美女はほとんどおらず、現地にいる他国籍の女子たちとプレイを交わすことになる。

フランスは多国籍群。すなわち想像していた女子との本番は実現しにくい。

慣れてしまえば問題ないのだが、それまでは苦労すること間違いなしだ。

美女率も低い

フランスには美女が多く暮らしているが、それはあくまで風俗をのぞいた現地の話。風俗ではたらく女性たちのほとんどは中の下以下となっている。

その理由は勤務している女性のほとんどがアフリカ系やアジア系の女子だから。ありとあらゆる店舗を回ったとしてもフランス人に遭遇できる確率はきわめて低い。

誰もがイメージする「金髪の高貴な美女」は遥か遠い存在なのだ。

よって期待値を上げ過ぎると残念なことになるので、美女率は低いものと思っておいた方がいいぞ。

美女との本番は高額になる

フランス風俗でフランス美女と遭遇することは至難の業。されど絶対に出会えないわけではない。

確実にフランス美女とヤりたいのであれば「エスコート」を利用するといい。もはや連れ出しナイトクラブの圏外となってしまうが、誰もが想像するフランス美女との夜を過ごすことができる。

ただしエスコートに所属するフランス美女たちは想像以上に高額。一般的な風俗にかかる料金の倍は必要になると思ったほうがいい。

連れ出しナイトクラブでも稀にフランス美女と遭遇できるが同様に高額になるのでご注意を。

まとめ

フランス・パリの連れ出しナイトクラブは多種多様で活気がある。利用者によってさまざまなナイトライフを楽しめるほか、追加料金さえ支払えれば希望するプレイも可能だ。

女子たちとの交渉はフランス語が基本となるものの、翻訳アプリをスマホにインストールしておけば難なく切り抜けられる。

ホテルでの本番を実現したい人はナイトクラブを利用しよう。

あなたのフランスナイトが素敵なものになることを心から祈っている。

-海外風俗