海外風俗

マダガスカル風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

マダガスカルは大自然があふれるアフリカの国。首都アンタナナリボは約400万人以上が生活をしており、斜面に密集する家屋や想像を絶する数の車と渋滞が目立つ。昨今は急激な人口増加によって環境汚染やストリートキッズの増加が問題視されている。

そんなマダガスカルの街はいかにもアフリカと言ったところだが、市街地を離れれば美しい大自然。雰囲気はどことなくアジアとアフリカを融合させたような何とも表現できない感じだ。

都市部に目を向けるといくつかの風俗が見当たる。マダガスカルの風俗は女子がスレておらず、コストパフォーマンスが抜群。ここ最近の海外風俗は物価上昇によって割高になっているなか、マダガスカル風俗は驚きの1,000円程度で本番を楽しめる。

黒人美女たちとの濃厚なセックスは一度あじわうと抜け出せなくなる。そういった意味でもマダガスカルの風俗は大変貴重と言っていいだろう。

唯一の難点を挙げるとすれば日本からは遠く離れており、アクセスが非常に面倒くさいこと。もっと言えばコストと時間が掛かる。それでも現地に到着すれば明るさ100%で元気な黒人女子と格安で本番を楽しむことができるぞ。

ということでこの記事ではマダガスカルで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。白人女子に飽き飽きしている人はもちろん、黒人美女の魅力を知りたい方はぜひチェックしてほしい。

マダガスカルで遊べる風俗の種類と料金相場

マダガスカルは大自然が広がるアフリカの国。その立地はまるで日本のような島国となっている。

アクセスはやや複雑なルートを辿らねばならない。まず理解してほしいのは日本からマダガスカルへの直行便が出ていないこと。つまり「ドバイ」だったり「モーリシャス」などの空港を経由する必要があるのだ。

ルートはいくつか存在するものの、メインとなるのは「エミレーツ航空」や「エチオピア航空」あるいはヨーロッパを経由する便となる。いずれにしても飛行機をいくつか乗り継がねばならない。所要時間はトータルで25時間ほどだ。

マダガスカル風俗のストロングポイントは次のとおり。

  • 女子がスレていない(元気いっぱい)
  • コストパフォーマンスが抜群(安価で本番を楽しめる)

昨今は物価上昇が著しいため海外風俗の料金が割高になっている。しかしマダガスカル風俗はその影響を受けておらず、女子1人とのセックスがおよそ1,000円で楽してしまう。控えめに言って貴重すぎる国なのだ。

そんなマダガスカル風俗は次の3エリアに集中している。

  • アンタナナリボ
  • ムルンダバ
  • アンチラベ

いずれも市街地となるが都市によって風俗の種類が大きく異なる。とはいえマダガスカル風俗にはカテゴリが次の3種類しか存在しない。

カテゴリ 援交バー 立ちんぼ エロマッサージ
評価 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★☆☆☆☆
料金の相場 30,000MGA(約1,000円) 30,000MGA(約1,000円) 30,000MGA(約1,000円)
本番の有無
備考コメント 店内にいる女性は30代~40代と年齢が高めで容姿も微妙だが、なかにはかわいい女子もいる。アタリを引けば至福の時をあじわえるぞ。 女子のアタリハズレは激しいものの、運が良ければ3Pも実現可。美女もそれなりにいるので根気強く探すが吉。 在籍する女性の年齢が40代以上なので若い子とのプレイは望めない。序列としては一番下のカテゴリとなる。

いずれも料金相場は30,000MGA(約1,000円)と同様。女子のアタリハズレは極めて大きいものの、アタリを引くと満足度の高い夜を過ごすことができる。

評価は全体的に低めに設定したが、その理由は女子の年齢層が全体的に高いため。若い女子をGETできれば星は4以上になること間違いなしだ。

それでは上記3つのカテゴリを深堀していこう。

援交バー

援交バーはマダガスカル風俗の名物と言っても過言ではない。店舗は首都アンタナナリボに散在している。

アクセスは「イヴァト国際空港」から車で30分ほど。

援交バーの外観は店舗によって大きく異なるが、大抵はホテル内に店を構えていることが多い。いわゆる海外風俗ではお馴染みの裏風俗的なポジションといったカテゴリだ。

店舗の営業スタイルは多種多様。ホテルのフロアにて営業しているところもあれば、クラブやバーのような形態をとってこっそり営業しているところもある。いずれも共通しているのは店内の奥にプレイルームが用意されていることだ。

マダガスカルは風俗を禁止しているものの、元フランス領という歴史的背景からフランスからの旅行者が非常に多い。包み隠さず言うならば「セックスツーリスト」なる企画も提供されているほど。街中にはそういった年配のフランス人男性と現地の黒人女子の組み合わせをよく見かける。

つまり援交バーは彼らがマッチングする場でもあるのだ。

そもそもアンタナナリボは観光都市として知名度が急上昇中。街は朝から晩まで賑やかなムードなので、外国人観光客を癒すための風俗は欠かせないわけだ。

ただし援交バーは情報が日本にほとんど回ってこない。1人で探すとなると夜の街を徘徊するほかないぞ。

店舗をスムーズに見つけたい場合は有名なホテルを目指すか、現地に詳しいガイドを連れて行ったほうがいい。もしくは個人売春をしている女子を見つけて交渉した方が効率的だろう。

援交バーのおすすめ店舗

La Glacier

店舗名:La Glacier
住所:Lalana Rabefiraisana, Antananarivo 101 マダガスカル
料金:生フェラ+ゴム本番で30,000MGA(約1,000円)
営業時間:9:00~10:00
アクセス:イヴァト国際空港から車で30分ほど

La Glacierは首都アンタナナリボでは有名なホテル。1Fにはマダガスカルの裏風俗・援交バーが店を構えている。

ホテルを見るとなにやらフランス人と思われる白人系の男性とそれっぽい黒人女子らがイチャイチャしている。その光景は完全に援交バーそのもの。

17時を過ぎたあたりから賑わいは増し、店内には年配の白人男性と現地人が飲み明かしている。それを窺うかのようにウロチョロしているのがあきらかに風俗嬢っぽい服装をした女性たちだ。

店内にいる女性の年齢は30代後半~40代前半がメイン。若い子を狙っている人には不向きとも言えるが、小さくてかわいい子は確実に存在する。タイミングがやってくるまではゆっくりとドリンクを飲んで待機しよう。

筆者がGETした女子は20代前半の黒人美女。明るく積極的な子で終始楽しむことができた。プレイはフェラとセックスのみだったが、ノリノリでヤってくれるので興奮の度合いはきわめて高い。むしろ欧州美女にはない刺激を得ることができた。

ちなみに意気投合すれば複数回のプレイは可能。交渉の難易度は低めなので海外風俗初心者でもわりとスムーズに本番へと持ち込めるはずだ。

立ちんぼ

マダガスカル風俗といえば「立ちんぼ」が定番。彼女たちは主にムルンダバの「MAEVA HOTEL」周辺に集まる。

アクセスは「Aéroport de Morondave空港」からタクシーに乗車し5分ほど。運転手には「MAEVA HOTELまで!!」と伝えれば問題なくたどり着ける。

MAEVA HOTELは外国人観光客から人気のホテル。その周辺には彼らをターゲットとしている数多くの立ちんぼがいるぞ。

もちろんその他エリアにも立ちんぼは散在しているが、MAEVA HOTEL周辺にいる立ちんぼ嬢は総じて容姿レベルが高い。マダガスカルの典型的な黒人美女と遭遇しやすいので特別な理由がないかぎりは同ホテル周辺の散策をおすすめする。

立ちんぼの具体的な遊び方は次のとおり。

  1. ホテル周辺を散策する
  2. お気に入りを見つけるor女子から話しかけられるのを待つ
  3. 交渉
  4. 問題なければホテルへ
  5. シャワーを一緒に浴びる
  6. ベッドで前戯(フェラやパイズリなど)
  7. ゴム付き本番
  8. 女子に支払い(※前払いするケースもある)
  9. 解散

筆者が出会った黒人美女はフェラは玄人並みに上手かった。あやうく発射しそうになったものの何とか耐え至極の本番を楽しんだ。セックスは野生みを感じる濃厚な感じ。喘ぎ声が非常にパワフルでアフリカ人ならではのバイタリティを感じたぞ。

立ちんぼ嬢の容姿レベルは高いのでホテルに滞在していると次の夜も利用すること間違いなし。素晴らしい興奮をあじわえる上に料金は驚くほど安いからだ。

  • フェラ&ゴム付き本番30分:30,000~45,000MGA(日本円で約1,000~1,500円)
  • ホテル代:15,000MGA(日本円で約500円)

ホテルに関しては宿泊先を利用すればタダ。シンプルに気に入った子と交渉してお持ち帰りすればOKだ。

彼女たちとの交渉は特に難しくない。唯一ハードルがあるとすれば言語だろう。彼女たちがベースにしている言語は「マダガスカル語」と「フランス語」。これらを話せればスムーズなやりとりができるが、実は英語などでコミュニケーションできる寛容な子も多い。

現地にはそれだけ多くの外国人観光客が訪れているということだ。

狙い時としては夕方以降。早すぎると美女がいないし遅すぎると売れ残りから選ぶことになる。できるだけ明るいうちに候補を見つけ出すことをおすすめしたい。

エロマッサージ

マダガスカルのエロマッサージは「アンチラベ」に集中している。

アクセスは「イヴァト国際空港」から車で4時間15分ほど。

アンチラベ風俗はホテルで依頼するエロマッサージのみ。周辺には立ちんぼがいるものと思い込んでしまうが、残念ながら遊べるのはエロマッサージのみとなっている。

利用方法としては宿泊先のホテルを利用すればOK。ほとんどのホテルが地元のエロマッサージ店と提携しているので、夜間に部屋で休んでいるとホテルマンがやってきて「マッサージはいかが?」と尋ねてくる。

これにOKと告げれば間もなくしてマッサージ嬢が入室。まずはエロマッサージがはじまり、その後は本番を楽しむことができるぞ。

しかしながらマダガスカルのエロマッサージはおすすめの類に入らない。なえならマッサージ嬢のほとんどがババアやデブといった地雷だから…

サクっと安全かつ安価で本番を楽しみたいならアリかもしれないが、エロマッサージは女性の容姿レベルで比較するとマダガスカル風俗の中でワースト。筆者は一度だけ利用したことがあるが、案の定ババアがやってきたので満足いくフィニッシュはできなかった。

よって黒人美女とヤりたいのであれば、援交バーか立ちんぼを利用したほうがいいぞ。

エロマッサージのおすすめ店舗

Hotel Hasina

店舗名:Hotel Hasina
住所:マダガスカル 15 Avenue Jean Ralaimongo BP Lot 512 A 203
料金:40,000MGA(日本円で約1,600円)
営業時間:‐
アクセス:イヴァト国際空港から車で4時間11分ほど

Hotel Hasinaは数あるホテルのなかでも設備が充実。ホットシャワーやダブルヘッドシャワーが用意されているほか、室内は清潔なのでプレイをするにはもってこいだ。

エロマッサージを利用したい場合は受付のおじさんからの提案をひたすら待つ。夕方くらいになるとマッサージを勧めてくるのでOKサインを出そう。

ただしマッサージはあくまで一般的なもの。本番などのプレイを楽しむにはオプションが必要になるので、しっかりとやりとりしてほしい。料金はだいたい40,000MGA(約1,600円)くらいだ。

ちなみにHotel Hasinaには2人のお抱えマッサージ嬢がいる模様。

  • 1人は45歳前後のババア
  • もう1人は32歳

いずれも年増だがなかなかのテクニシャン。32歳の方はかなりアグレッシブで自発的に舐めてくれる。さらに2発までプレイできるのでお得感は満載だ。

ただしどちらも容姿レベルはいまいち。あくまでテクニック重視の人であれば十分に満足できるはずだ。

マダガスカルの風俗を選ぶ際の注意点

ぼったくり立ちんぼの存在

マダガスカルには沢山の立ちんばが見られるが、Madrafo地区周辺には近づかないほうがいい。ここは治安がもっとも悪いエリアとして有名で、立ちんぼはぼったくりしかいない。

もちろん中にはしっかりした嬢も紛れているが、Madrafoにて立ちんぼを利用する際は相手の条件をよく把握してOKを出してほしい。

ちなみに筆者はMadrafoで立ちんぼを利用したことがあるが見事にぼったくられた。そもそもここでは素晴らしい黒人美女との本番は期待できない。立ちんぼを利用するなら安全かつ美女と遭遇しやすいムルンダバを選ぼう。

信頼に値しない嬢と遭遇したときは交渉を続ける必要はない。スルーでOKだ。

エロマッサージは地雷がやってくる確率が高い

マダガスカルのエロマッサージはハズレを引く可能性がきわめて高い。というのもマッサージ嬢の容姿が地雷レベルだからだ。

良心的なサービスを提供する海外風俗なら、好みの嬢がいなければ自由に退店できる。しかしマダガスカルのエロマッサージはそれができない。なかには強引に引き止めて嬢をかならず選ばせるところもある。

筆者はマダガスカルの各地でエロマッサージを利用しているが、出てくる嬢はほぼ間違いなくババアかデブ。次こそはアタリを引ける…と期待を膨らませてもやってくるのは決まって地雷ばかりなのだ。

そもそも若くて可愛い嬢は立ってるだけで客から声をかけられる立ちんぼで稼ぐ。つまりマダガスカルにおいてエロマッサージという存在は立ちんぼでは生きていけない女性の逃げ場なのだろう。

黒人美女との本番を目的としているなら迷うことなく立ちんぼを利用してほしい。

スリとカツアゲは隣り合わせ

マダガスカル風俗を利用する上で注意すべきは治安の悪い店舗での「スリ」と「カツアゲ」だ。

特に細心の注意を払ってほしいのが人で賑わう援交バー。ここは言うまでもなくナンパを前提とした店舗なので大勢の客が店内を埋めている。すなわちスリに遭いやすいので貴重品の管理は徹底せねばならない。

また美女の取り合いでトラブルに発展する可能性も。喧嘩に乗じてカツアゲしてくる輩も少なくないので、リスクを少しでも感じたら身を引いたほうが賢明。

なお窃盗をするマダガスカル人は金持ちに目をつける。「コイツは金を持っていそう」と思われたら即ターゲットにされるので身なりにも注意したほうがいいだろう。

マダガスカル風俗を無難に遊ぶなら目立たずこっそりと嬢に声をかけることをおすすめする。もしくはマンツーマンでやりとりできる「立ちんぼ」か、宿泊先で利用できる「エロマッサージ」を検討しよう。

マダガスカルの風俗エリアの治安

マダガスカルの風俗が集中するエリアはほとんどが都市部。その治安はアフリカにあるその他都市と比べれば安全な部類に入ると思う。

とはいえ街の中心部には街灯が少なく夜になると真っ暗。人通りが多いストリートならまだ安心だが、人気のないエリアは犯罪に巻き込まれる可能性が高まる。よって夜間は必ずタクシーを利用してほしい。

昨今のマダガスカルでは外国人観光客を狙った強盗や誘拐が多発している。なかでも首都アンタナナリボは物乞いとストリートチルドレンが多く、彼らに取り囲まれて所持品を盗まれる危険性が高い。もし物乞いが歩み寄ってきた場合は次のようにしっかりと断ろう。

「ツィ ミスィ(Tsy misy )」

これは「何も持っていないよ」と言う意味。大抵はこれを口にすることで諦めてくれるが、なかにはしつこい人間もいるので強めの口調で発言しよう。

また貴重品の管理は徹底すべし。外出時は必要最低限なものだけ持ち歩くようにしよう。

マダガスカルの風俗遊びの所感・まとめ

マダガスカル風俗は思ったよりも魅力的な国。大自然があふれて治安が悪いだけのアフリカ特有の国とは違う印象を受ける。

首都アンタナナリボでは援交バー。海岸沿いにあるムルンダバでは美女とテクニシャンぞろいの立ちんぼ。アンチラベでは年増だけどテクニシャンな嬢との本番を楽しめる。

利用料金はいずれも日本円で1,000~1,500円で済むので、できるだけ美女と遭遇しやすいエリアを訪れたほうが幸せになれるかと。特におすすめなのは美女の立ちんぼ嬢があふれている「MAEVA HOTEL周辺」。マダガスカル美女と出会いやすいので絶対に押さえておこう。

なお立ちんぼはMadrafo周辺にも散在しているが、ぼったくり被害に遭う可能性がきわめて高い。テクニシャンはそれなりに揃っている印象を受けるものの、リスクが高すぎるので立ちんぼを利用するならMAEVA HOTEL周辺がベストだ。

マダガスカルの風俗嬢たちは基本的に年齢が高めだが、テクニックを持っている女性が多い。容姿さえ気にしなければ十分に楽しむことができるぞ。

もちろん若い子も探せば必ず見つかるので、至極の夜遊びをしたいのであれば根気強く街を徘徊しよう。

あなたのマダガスカルの夜が素敵なものになることを心から祈っている。

-海外風俗