海外風俗

カナダ風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

カナダは日本からの語学留学をはじめ、ワーキングホリデーを目的としたショートステイに選ばれる国の定番。スムーズにアクセスできることもあって親しみのある近しい国としても知られている。

そんな留学先に選ばれることの多いカナダは観光地としても有名。なかでも大都市バンクーバーとトロントは人気のスポット。街の外れに足を運べば大自然を感じることも可能だ。

そして本題の風俗遊びだが主要都市であるバンクーバーとトロントに繰り出せば次のカテゴリを楽しめる。

  • ストリップ
  • 置屋
  • エロマッサージ
  • エスコート

カナダの風俗は美女とマッチングする確率がきわめて高く、遊びそのものが個性的なため満足度が非常に高いぞ。

ということでこの記事ではカナダで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。カナダの遊び尽くしたい方はぜひチェックしてほしい。

カナダで遊べる風俗の種類と料金相場

カナダで遊べる風俗は次の2都市。

  • バンクーバー
  • トロント

いずれも主要都市として知られるが売春が合法化されているのはバンクーバーのみ。トロントは売春そのものが違法となっているため、裏風俗店はこっそりと営業している。よって何も気にせず遊び耐推したいならバンクーバーを選択すればOK。トロントの風俗を体感したい場合は限定された環境下で楽しむことになるぞ。

それではバンクーバーから深堀りしていく。

バンクーバーはカナダを代表する西海岸の港湾都市。

アクセスは「バンクーバー国際空港」から車で25分ほど。電車で移動した場合は30分ほどかかる。

遊べる風俗の種類は次のとおり。

  • 置屋
  • エロマッサージ
  • エスコート

先述したとおりバンクーバーは売春が合法化されている。市内を見渡せば定番の置屋があちこちに店を構えており、エロマッサージなどの風俗店も散在しているぞ。

なおそれぞれのカテゴリの利用方法は他国のサービスと変わらない。たとえば置屋を利用する場合は入店して清算⇒お気に入りの女子を選ぶ⇒プレイルームで本番といった流れ。日本で似たカテゴリだと「ソープ」が該当する。特に構えることなく遊べるので初心者でも利用しやすいはずだ。

続いてはカナダでもっとも大きな都市・トロントの風俗情報。

アクセスは「トロント・ピアソン国際空港」から車で25分ほど。電車を利用すれば5分で到着する。

遊べる風俗は次の3種類。

  • ストリップ
  • エロマッサージ
  • エスコート

トロントは売春が違法行為に該当する。よって表立って営業している風俗店はどこにもない。海外風俗ではお馴染みと言っても過言でない「裏風俗(個人売春)」としてこっそり営業している。また嬢とのやりとりはすべて個人間交渉。よってコミュニケーションが必須となるので、会話が苦手な人や海外風俗初心者にはハードルが高いかもしれない。

トロントの風俗店は店側が売春を斡旋していない(当然だが)。メリットは自由自在に交渉できることだがデメリットはトラブルに発展する可能性があることだ。

このようにカナダの風俗はエリアによってルールが異なる。バンクーバーとトロントでは構え方が異なってくるので、どちらが自分に相応しいかよく検討したほうがいいだろう。

カナダ風俗の種類と相場をまとめたものは次のとおり。

カテゴリ ストリップ 置屋 エロマッサージ エスコート
評価 ★★☆☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★
料金の相場 すべて込みで230CAD(約19,600円)~ 150CAD(約13,000円) すべて込みで420CAD(約36,000円)~ 150CAD(約13,000円)~
本番の有無
備考コメント 本番ができるかどうかは交渉次第。一般的にはヌキがメインとなっているので初心者には不向きなカテゴリ。 白人系の巨乳美女とのサクっと本番をしたいならダントツでおすすめ。ただしフェラはゴム有限定となる。 白人系美女との本番を実現したいならおすすめ。ただしコストはそれなりにかかる。 アジア系のエスコート嬢が在籍するサービスを利用すればコスパ抜群で満足度も高い。

国全体で見るとカテゴリの数は少ない。たったの4種類しか存在しないので海外風俗マニアにとっては物足りなさを覚えるだろう。

しかしカナダの風俗嬢たちはハイレベル。基本的にかわいい・キレイな女子が多くスタイルも抜群。交渉の難易度も高くないので遊びやすい国だ。

それでは上記4つを深堀りしていく。

ストリップ

カナダ風俗のストリップはトロントでは定番のカテゴリ。利用についてはさほど難しくないのだが、嬢と本番をしたい場合は個人間交渉になるためコミュニケーション能力が低い人にはハードルが高い。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. お気に入りの店舗を探す
  2. 入店する
  3. 下着姿で踊る女子の中からお気に入りを見つける
  4. お気に入りの子を見つけたらプライベードダンスを依頼
  5. 2人きりになったらプレイ開始
  6. 本番は嬢と交渉
  7. 解散

ストリップはあくまで「抜き」がメイン。本番をしたい場合は嬢とあらためて交渉する必要がある。ちなみにお気に入りの子がいなければ無理に交渉する必要はない。シンプルに飲んで帰ることも可能だ。

ストリップの料金相場は次のとおり。

  • ドリンク:10CAD(約850円)~
  • プライベートダンス:3分で約20CAD(約1,700円)~
  • 本番:嬢によって異なるがだいたい200~300CAD(約17,000~26,000円)

なお入場料は基本的に無料としている店舗が多い。ドリンクの注文はマストだがそれ以外のサービスにおいては自由。ストリップはコストをコントロールできるカテゴリなので予算をオーバーしたくない人におすすめだ。

置屋

置屋はバンクーバー風俗ではあまりにも有名なカテゴリ。日本でいうところの「遊郭」に似たサービスを受けられる店舗だ。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. お気に入りの店を見つける
  2. 入店
  3. 清算
  4. 店内にいる女子の中からお気に入りの子を指名
  5. プレイルームへ移動
  6. プレイ開始
  7. 本番
  8. 退店

置屋はカナダ風俗を代表するカテゴリなものの一部地域でしか営業されていない。置屋嬢との本番を楽しみたいのであればバンクーバー一択と言っていいだろう。

料金相場は店舗によって大きく異なるものの、ゴムフェラ+ゴム本番で30分150CAD(13000円)となっている。

置屋でおすすめの店舗

Brandi's

店舗名:Brandi's
住所:595 Hornby St 5th floor, Vancouver, BC V6C 1A4 カナダ
料金:ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:150CAD(約13,000円)
営業時間:21:00~翌3:00
アクセス:Burrard駅から徒歩で5分ほど

Brandi'sはバンクーバー市内で絶大な人気をほこる置屋。魅力は在籍している女子の容姿レベルが高いこと。他店はカナダ美女ではなくアジア系の美女を数多く抱えていることが多いが、同店はカナダ美女なうえにスタイル抜群で巨乳な子が揃っている。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. お気に入りの店を選ぶ
  2. 入店
  3. 在籍する女子たちが挨拶してくれる
  4. その中から顔指しでお気に入りの子を指名
  5. 清算(※店舗によっては後払いのところもある)
  6. プレイルームへ移動
  7. フェラ開始
  8. 本番
  9. 退店

注目すべきポイントは「フェラ」。トロントにある置屋は基本的に生フェラだが、バンクーバーではゴムフェラが主流となる。有名店のBrandi'sをもってしてもゴム有になるのでインプットをお忘れなく。

在籍する女子はカナダ出身の美女がメイン。その他にはヨーロッパ系の女子をはじめとする白人女子が多い印象。言語は「英語」が基本。しかし料金は店側がしっかりと設定しているため、ボッタクリ被害に遭うことはない。

エロマッサージ

エロマッサージはトロントで定番のカテゴリ。さまざまなキャラクターの女子が在籍しているので、雑食を目当てにしている人にはおすすめと言えるかもしれない。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. お気に入りの店を探す
  2. 入店
  3. 顔見せ状態の女子からお気に入りの子を指名
  4. 別室に移動する
  5. 水着を着た女子にマッサージをしてもらう
  6. 希望するオプションを伝える
  7. 以降はオプションに応じてプレイ
  8. 清算
  9. 退店

エロマッサージはいわゆる偽装エロマッサージ店のこと。マッサージの施術を受けている最中であれこれ交渉してオプションを追加していく。なお交渉できるタイミングはマッサージを受けてから15~20分くらいがベスト。早すぎても遅すぎてもダメなのでベストなタイミングで交渉しよう。

またオプションについては店舗が定めているケースもあれば、女子と直接交渉して決定するケースもあるぞ。

エロマッサージの基本料金(マッサージ料金)は次のとおり。

  • 30分:40CAD(約3,400円)
  • 45分:60CAD(約5,100円)
  • 60分:80CAD(6,800円)

オプションは次のとおり。

  • 手コキ:50CAD(約4,250円)
  • フェラ:100CAD(約8,000円)
  • セックス:150CAD(約13,000円)

すべて込みでプレイするとそれなりの料金になるので財布との相談は必須だ。

エロマッサージのおすすめ店舗

Sunshine SPA

店舗名:Sunshine SPA
住所:834 Wilson Ave, North York, ON M3K 1E5 カナダ
料金:部屋代(マッサージ料金)は45分で60CAD(約5,100円)。手コキは80CAD(約6800円)。フェラ(ゴムフェラ)は120CAD(約10,200円)。ゴム本番は160CAD(約13,600円)。
営業時間:10:00~翌5:00
アクセス:Wilson駅から徒歩で6分ほど

Sunshine SPAはトロントで有名なエロマッサージ店。カナダ人はもちろんさまざまな人種の女子と遊ぶことができる。また写真ではなく自分の目で確かめてから指名できるのでハズレを引く可能性がない。

マッサージ嬢とのコミュニケーションは英語。ある程度の会話ができるとスムーズなやりとりができるものの、翻訳アプリを駆使すれば初心者でもわりと行けるかと。ちなみに筆者は海外風俗初心者の友人を連れて行ったが、彼は翻訳アプリだけで何とかなっていた。

プレイについては有名店だけあってなかなかのもの。美女とセックスできる可能性がきわめて高いし、自分好みのスタイルをもつ女子を指名できるので満足いく利用を実現しやすい。クオリティは嬢によってマチマチだが総じて楽しめる印象だ。

在籍する女子は白人がほとんど。地元トロントに暮らす女子が半数を占めているが、ヨーロッパから移住をしてきた子であったりラテン系の女子もいるので好みの子をチョイスしやすい。女子のバリエーションは充実しているので、白人が好きな人にとってはたまらないかと。

年齢層は25歳前後といった印象だが、なかにはババアもいたりする。体型はスレンダー系が多いものの、きわめてマニア向けなムチっとしてる女子もいるぞ。

エスコート

カナダ風俗のエスコートは各社に所属している女子をインターネット上で検索し、個人間交渉をして待ち合わせ⇒プレイをするといったカテゴリ。エスコート専用の募集掲示板であったりサービスが用意されているので、それらを利用して女子と連絡を取り合いあれこれ決めていくスタイルだ。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. エスコート嬢とマッチングできるサービスを探す
  2. お気に入りの子を探す
  3. 交渉
  4. 待ち合わせ
  5. プレイ開始
  6. 清算(※嬢によって支払いのタイミングは異なる)
  7. 解散

エスコートは人気サービスを利用すれば最高の夜を過ごせるカテゴリ。基本的にキレイな女子が揃っているので、思い描くような素敵な本番を実現できるぞ。

料金相場は次のとおり。

  • ゴムフェラ+本番30分:150CAD(約13,000円)
  • ゴムフェラ+本番45分:200CAD(約17,000円)
  • ゴムフェラ+本番60分:250CAD(約22,000円)

上記はあくまで目安。学生や若い子を指名すると割高になりやすい。

エスコートでおすすめのサービス

Moon Waiting Vip

サービス名:Moon Waiting Vip
料金:生フェラ + ゴム本番 / 30分:150CAD(約13,000円)、生フェラ + ゴム本番 / 45分:200CAD(約17,000円)、生フェラ + ゴム本番 / 60分(2回戦可能):250CAD(約22,000円)
営業時間:12:00~0:00
URL:https://moonwaitingvip.com/

Moon Waiting Vipはトロントのエスコートの中でダントツの人気をほこるサービス。スタイル抜群の美女たちが集まっているだけでなく、サービスの質もハイレベルなことからリピーターが多いことで知られている。

ただしMoon Waiting Vipに在籍している女子はアジア人がほとんど。ターゲットをアジア人観光客としており、白人や黒人の客を断っているらしい。システムはわかりやすく利用しやすい。安心して遊べるサービスであることは言うまでもないぞ。

料金設定はその他カテゴリと比較すると割高だが、サービスの質とカナダの物価から考えると手頃で良心的な価格といえる。むしろ非常にリーズナブルなカテゴリと言っても過言ではない。

そんなMoon Waiting Vipの遊び方は次のとおり。

  1. Moon Waiting Vipへアクセス
  2. 事前予約がマストなので手続きをおこなう
  3. 交渉
  4. 待ち合わせ場所に向かう
  5. 清算
  6. プレイ開始
  7. 解散

予約開始は当日の10時~となっているが朝予約したほうがいい。というのもエスコートの世界は日本の風俗とほぼ同様で人気嬢はすぐに予約が埋まる。よってお気に入りとの本番が実現しない確率はそれなりにあるので候補は1人だけではなく数名選んでおこう。

特に週末となる金曜・土曜の夜はあっという間に予約が埋まる。最悪の場合は女子全員が埋まってしまい利用できないこともあるぞ。

しかしそれはMoon Waiting Vipが本物である証。エスコート嬢との一時はプレイが終了した後でも楽しめる。サービスは時間いっぱいまで適応されるので、たとえ発射した場合でも時間が残っていれば引き続きベッドでイチャイチャしたりフェラなどを要求できるぞ。

控えめに言って満足度は高い。トロント風俗を遊び尽くしたいならまずはエスコートの利用をおすすめしたい。

カナダの風俗を選ぶ際の注意点

置屋の名店「Brandi’s」にはアジア人が嫌いな女子もいる

置屋の名店「Brandi’s」はやや癖がある。それは在籍している女子の中にアジア人嫌いがいることだ。

海外風俗において人種差別は付き物だったりするが、無愛想な子はどれだけ美貌を持っていたとしても避けたほうがいい。そういった子はサービスを疎かにするだけでなく悪態をつく。

こちらへの態度がすこぶる悪い嬢はスルーしよう。

ぼったくり店舗は実在する

これはカナダ風俗にかぎったことではないが、風俗店のなかにはぼったくり店舗が存在する。

カナダの風俗店は基本的に料金が前払いに設定されているので、トラブルはほぼ起きないし安心して利用できる。しかし一部店舗では外国人観光客を狙ったぼったくり行為を連発しているとのこと。

こちらができる対策としては事前のリサーチ。有名店を利用すればまず被害に遭う可能性はないのでワケのわからない店舗の利用は避けよう。

コミュニケーションに難がある人は固定料金の店舗を利用すべし

カナダの風俗のほとんどは料金が固定されている。定まったシステムを利用すればお金に関するトラブルに巻き込まれることはまずない。

しかし一部地域の風俗店では個人間交渉がメインとなる。この場合はマンツーマンで料金やプレイ内容を決めていく必要があるのでトラブルが発生しやすくなる。

海外風俗の経験が豊富な人であれば問題ないと思うが、初心者で英語での会話に自信のない人は要注意。安全に楽しむためにも風俗店は事前に料金が決まっているところを選ぶといい。

カナダの風俗エリアの治安

カナダの治安は基本的に日本と変わらないレベル。おかしなことをしない限りは安全に風俗を楽しめる国と言っていいだろう。

ただしバンクーバー風俗が盛んな「チャイナタウン」の外れは注意が必要。周囲は治安が悪そうないかにも光景をしている。辺りは安価なホテルが所せましと立ち並び、昼夜を問わず怪しげな女性たちが立ち尽くしているが、彼女たちはハッキリ言ってノーマルではない。

ほとんどが浮浪者だったりドラッグジャンキーなのだ。

そのためこのエリアではトラブルが発生しやすい。パトカーが絶えず巡回しているので犯罪に巻き込まれる可能性はきわめて高いと思っていいだろう。しかし同エリアでの売春行為は一応合法。店舗の利用は問題ないのだが、路上での金銭交渉は私たちも逮捕される可能性があるので絶対にしてはならない。

カナダの風俗遊びの所感・まとめ

カナダ風俗は主要都市バンクーバーとトロントに集中している。

おすすめできる人は次のとおり。

  • スタイル抜群のかわいい女子と遊びたい方
  • 清潔な環境のなかで遊びたい方
  • カナダ人だけでなくアジア系の美女とも遊びたい方

カナダ風俗はカナダ美女だけでなくアジア系美女も多い。せっかくカナダに来たのにアジア系なんて…と思われるかもしれないが、彼女たちのクオリティはきわめて高い。確実に満足できるレベルなので是非とも利用してほしい。

逆にカナダ風俗をおすすめできない人は次のとおり。

  • アジア系の女子と遊びたくない方
  • アジア諸国にある風俗のような安価を求める方
  • アングラ感を欲している方

カナダ風俗はアジア風俗のような安さもなければアングラ感もない。強めの刺激が欲しい方には物足りないかもしれないので、ローカル感の強い風俗を求める場合はアジアを選んだ方がいいだろう。

筆者がおすすめするカテゴリとしては「エスコート」。理由は女子の容姿レベルがきわめて高いうえにサービスの質が良いこと。もっと言えば他の風俗と比べるとコストパフォーマンスが素晴らしいため。

ストリップやエロマッサージは一見すると安く見えるが、本番に持ち込むためには300CAD(約25,500円)ほどのコストが必要になる。一方でエスコートは150CAD(約13,000円)〜と大変リーズナブルだ。

つまりエスコートの方が安上がりな上に至極のサービスを受けられる。カナダ風俗でカテゴリ選びに迷ったら是非ともエスコートを基準にしてほしい。

きっと素晴らしい夜を過ごせるはずだ。

-海外風俗