海外風俗

オランダ風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

オランダは西ヨーロッパに位置する商業が盛んな国。観光スポットとしても有名で毎年数えきれない旅行者が訪れる。

ここ日本からは旅行目的の場合、最高で3ヶ月間はビザが不要。わりと簡単に短期滞在できることから、日本人観光客から選ばれるヨーロッパの国としても知られている。

そんなオランダの魅力はもちろん観光だけではない。およそ700年もの歴史をもつ風俗スポットも海外風俗を愛する人々から支持されている。

オランダの風俗嬢たちはとにもかくにも巨乳で美女が多い。彼女たちと一度でもセックスしようものなら、どハマりして長期滞在を決意する確率は高くなるだろう。

言うまでもなく筆者はそのひとり。オランダに来れば必ずお目当ての巨乳ちゃんと本番できることから、ヨーロッパに用事がある際は決まって滞在して風俗を楽しんでいる。

この記事ではオランダで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。オランダ美女をお持ち帰りしたい方は、ぜひチェックしてほしい。

オランダで遊べる風俗の種類と料金相場

オランダは観光をはじめサッカー、スケートの強豪国としても知られているが、実は風俗が盛んでその歴史は700年と長い。首都アムステルダムには至るところに風俗店がある。

アクセスは「羽田空港」から各空港を乗り継いで16時間35分以上。辿り着くまではやや一苦労と言ったところだが、その先に待っている興奮と刺激は想像以上と言っていい。

首都アムステルダムにはたくさんの風俗店がひしめき合うが、なかでも有名なのがレッドライト地区(飾り窓エリア)。このエリアにはなんと400件もの風俗が密集しており、世界的にも有名な風俗スポットなのだ。

そんなレッドライト地区へのアクセスは「スキポール空港」から車で23分ほど。

オランダ風俗の定番カテゴリ『飾り窓』はもちろんのこと、その他風俗店、お土産のネタになること間違いなしのアダルトショップ、売春博物館なども存在する。

このエリアはシンプルにオランダ美女とセックスをするだけでなく、観光も十分に楽しむことが可能。そのため飽きがこないので長らく滞在できる。

しかしオランダ風俗の定番『飾り窓』を味わえば観光など二の次三の次。なぜならそこには8,000人以上のうっとりするカラダをもつヨーロッパ美女が勤務しているからだ。

おまけに飾り窓の店舗数は400件。その雰囲気は大阪の飛田新地と似ている。立ち並ぶ飾り窓の中にはダイナマイトボディの美女が立っており、歩いている男性観光客にアピールしまくってくる。

こんな背徳感と興奮は滅多に経験できないが、それはあくまで夜の話。レッドライト地区は観光スポットでもあるので昼間は多くの女性観光客や子供も見られる。つまり日中の利用は勇気がいるし、冷ややかな目で見られるのであまりおすすめはできない。

それではオランダ風俗の種類について解説しよう。主なカテゴリは全部で5つある。

カテゴリ 飾り窓 セックスショー ピープショー ストリップ 立ちんぼ
評価 ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
料金の相場 50€(約6,350円) 80€(約11,500円) 2€(約300円) 21€(約3,000円) 35€(約4,000円)
本番の有無 交渉次第
備考コメント オランダ・アムステルダムの名物といえば飾り窓。レッドライトとも呼ばれるこのカテゴリはダントツでおすすめ。 ガチのセックスを閲覧できるストリップの上位カテゴリ。お持り帰りはできないものの、閲覧に限定するならイチオシ。 オランダ・アムステルダム風俗の人気カテゴリ。店舗の覗き穴から女性のエッチな姿を覗くことができる。 一般的なストリップショーといった感じ。男女のセックスを閲覧できるが、お持ち帰りは交渉次第なうえに確率は低い。 サクっと本番ができるものの、質は非常に悪い。性病感染のリスクも高めなのでおすすめはできない。

オランダ風俗は歴史こそ深いものの、特定のカテゴリにパラメータを全振りしている印象。批判を恐れずに言うなら飾り窓こそがオランダ風俗と言っても過言ではない。

その他カテゴリはハッキリ言って微妙なので、海外風俗ならではのアングラ感・ローカル感を味わいたい人以外はスルーして問題ないと思う。

それでは各カテゴリについて掘り下げていく。

飾り窓

飾り窓はオランダ風俗の象徴であり、首都アムステルダムではもっとも有名なカテゴリ。この国に訪れたなら絶対に利用すべきだし、これだけ選んでおけば問題ないナンバーワンのカテゴリだ。

首都アムステルダムには風俗街が堂々と待ち構えており、飾り窓が集結するレッドライト地区は観光地としても有名。昨今のコロナ感染症で風俗営業が停止になるまでは、数えきれない観光客で溢れかえっていた。

とは言えあくむで観光向けの風俗街なので、アジアやアフリカ諸国のローカル風俗のようなアングラ感はほとんどない。それでもハイレベルな風俗嬢を堂々と眺めつつ、気に入った子を選んで本番に至る流れは興奮すること間違いなしだぞ。

レッドライト地区はいるだけでもテンションが上がる。それは赤いライティングが影響を与えているのかもしれない。おまけに街中のあちこちにはセックストイショップがあり、エロい感情をどこまでも高めてくれる。

そんな首都アムステルダムのレッドライト地区には、400件を超える風俗が密集している。

アクセスは「スキポール空港」から車で23分ほどだ。

遊び方は数ある飾り窓のなかから、気に入った子を見つけることからスタート。本番をしたい子を見つけたら窓を軽くノックして交渉をおこなう。

やりとりは基本的に女子から金額を指定してくる。相場どおりの料金で了承してくれる子もいれば、ちょっと高めの子もいるので見極めは重要。総じて相場よりも高いケースが多いが、家賃自体が高額なため事情を組めば仕方ないと納得できるはずだ。

料金相場は15分間のプレイで50€(約6,350円)ほど。女子たちはどこまでも回転を重視しているので、サクッと済ませる確率がきわめて高い。

じっくりの本番も不可能ではないが、あくまでクイックリーな遊びなので交渉は慎重に。

セックスショー

オランダ風俗でもうひとつ有名なカテゴリがセックスショー。位置付けで言うと過激なストリップと言ったところ。ただしそんじょそこらのストリップとは異なり、ステージに立たされた男女がガチのセックスを行う。

他人のセックスはAV以外で観る機会はほとんどない。もっと言えば外国人の生セックスを見る機会などないに等しいので、これが意外にも興奮させてくれる。

そんな新鮮な興奮を提供してくれるのが、セックスショーが見られる店舗を置く首都アムステルダム。ショーの内容はそれなりに充実していて、黒人から白人まで男女のセックスや美女のレズビアンショーを楽しめる。

また観客を巻き込むスタイルのソフトSMショーもあるので見応えたっぷりだ。

料金相場はだいたい40€(約5,800円)ほど。当日券ではなくネット予約で注文すると割安になるぞ。

セックスショーのおすすめ店舗

CasaRosso(カーサ・ロッソ)

店舗名:CasaRosso(カーサ・ロッソ)
住所:Oudezijds Achterburgwal 106-108, 1012 DS Amsterdam, オランダ
料金:オンラインチケットは37.5€(約5,400円)、2ドリンク付き入場券は42.50€(約6,000円)
営業時間:‐
アクセス:地下鉄「ニューマルクト」から徒歩3分

CasaRosso(カーサ・ロッソ)は50年もの歴史をもつ首都アムステルダムでは有名なストリップ劇場。過激なセックスショーを楽しめるとして、世界各国から利用者が集める名風俗店だ。

遊び方としてはまず入場料を払う。あとは10分くらいのショートショーが数本立てで披露されるのでそれらを観て楽しむ形だ。なおショーは全部で90分くらいだぞ。

ショーの内容は多種多様で男女の生セックスをはじめ、ストリップ、ソフトSM、レズビアンショーを楽しむことができる。なかには中年男女の生セックスというかなりマニアックなショーもあるので、観るものによっては好き嫌いが分かれるかと。

とは言え他人のセックスに課金して眺める機会はそうそうない。これが意外にも新鮮な興奮を運んできてくれるので、日本の劇場にはない悦びを味わうことが可能だ。ただしその場でシコることはできないし、本番もできないので後処理はしっこり考えておかねばならない。

おすすめのコースとしてはセックスショーを観て興奮したら早めに切り上げてその足で飾り窓がベストかと。

ピープショー

ピープショーはオランダ美女のエロい姿をこっそり覗くことができるカテゴリ。あのピーピング・トムで有名なPeep(覗き見)をリアルで楽しむことができる。

ピープショーは首都アムステルダムにあり、その他カテゴリと比較すると面白い嗜好をもった風俗。日本の風俗に詳しい方ならご存知かと思うが、1980年代前半にあった池袋発祥の『ノゾキ部屋』と近い感覚の興奮を味わえるぞ。

まさかあの興奮が海外で楽しめるなんて…と思ったそこのあなたはぜひともアムステルダムに向かうべき。日本の覗きは死んでしまったが、オランダでは大人気で健在なのだ。

しかも料金はたったの2€(約300円)。用意されたノゾキ窓を覗くと、中のオネエさんのエロ姿をどこまでも堪能できる。

本番こそできないものの、マニアにはたまらない遊びなので一見の価値あり。むしろセックスでは得られない興奮と刺激を味わうことができるぞ。

ピープショーのおすすめ店舗

SexPalace(セックスパレス)

店舗名:SexPalace(セックスパレス)
住所:Oudezijds Achterburgwal 84, 1012 DR Amsterdam, オランダ
料金:2分間、2€(約300円)
営業時間:11:00 〜 翌2:00
アクセス:「スキポール空港」から車で約25分

SexPalace(セックスパレス)はハイレベルな女子が集結する人気店。エロすぎる裸のお姉さまたちを覗き観ようと、海外から沢山のマニアたちがやって来る。

内容はシンプルでお姉さんまたはお兄さんたちの過激なパフォーマンスを個室から覗くというもの。多種多様な鑑賞ができるので覗きが好きな人は絶対に外してはいけない。

料金は2分間の覗きで2€(約300円)。コストパフォーマンスは抜群で良心的なので、観てはいけないものを観たくて仕方がない人はマストである。

ストリップ

ストリップは海外風俗では定番のカテゴリだが、首都アムステルダムでもたくさんの店舗が散在。その定番を楽しみたいならおすすめと言えよう。

ただしアムステルダムの劇場は派手なショーや風俗が大人気。ストリップはそれらに比べるとどうしても見劣りする。とは言えオーソドックスでクラシックとも言えるストリップショーを楽しめるので、昔ながらのスタイルを好む人にはもってこいかと。

筆者としては1人で遊びに行くよりも、グループ旅行や卒業旅行など数人で盛り上がりたい時におすすめしたいイメージ。もしくは風俗を楽しむのではなく、一緒に旅行している彼女と楽しむのも全然アリ。

ストリップは過激なセックスショーなどと比べるとマイルドなショー。本番はほとんど期待できないので、オランダ美女とセックスしたいなら定番の飾り窓で遊んだほうがよい。

それでもストリップ嬢をお持ち帰りしたい人は、粘りに粘って交渉してほしい。ただし確率は低いので覚悟が必要だ。

ストリップの料金相場は21€(約3,000円)ほど。その他過激なショーの料金と睨めっこするとビミョーとしか言いようがない。

立ちんぼ

オランダにも立ちんぼは存在する。世界共通と言っても過言ではないが、やはりオランダも運河沿いに嬢が集まっている印象だ。

首都アムステルダムの運河沿いといえば、アムステルダム中央駅周辺。このエリアには立ちんぼが溢れている。

アクセスは「アムステルダム中央駅」を目指して、近辺の川沿いを散策すればOK。特に苦労することなく彼女たちと遭遇できる。

ただし観光客との見極めは必要。立ちんぼたちはわりと普通の格好をしているので、一般女性との区別が曖昧だったりする。とは言えミニスカだったり寒空でも薄着のケースはほぼ間違いなく立ちんぼだ。

オランダ風俗は飾り窓で買春するコースが一般的なこともあって、観光客のほとんどは立ちんぼを利用しない。立ちんぼ嬢たちはそれをよく理解しているためか、他国では当たり前のネチネチ営業をかけてくるケースはほぼないのだ。

しかしこちらから話しかければ応答してくれる。ただし中には話しかけても素っ気ない返事しかしない嬢もいるので注意してほしい。

また立ちんぼはレッドライト地区の裏路地とも言える「旧教会」エリアに多く存在する。

アクセスは「ダム広場」駅もしくはバス停から徒歩4分。

旧教会エリアは先の運河付近の立ちんぼとは違って露出度が高い服を着た嬢が多い。年齢は20才~40才ぐらいで容姿レベルはお世辞にも良いとは言えない。

清潔そうな女性もいれば不衛生な女性もいる。ハッキリ言って飾り窓の女子と比べると月とすっぽん。他国のようなハイレベル嬢はいないので期待は持たないほうがいい。

おまけにオランダの立ちんぼは性病率が高いと言われている。さらにはジャンキー率も高めので、いつトラブルに巻き込まれるかわからない。

もっと言えば立ちんぼ嬢はフリーランス。飾り窓で働く風俗嬢のような正規の子ではないし、外国人率も高め。料金は安いものの満足度は低くなるケースが多いかと。

おまけにヤる場所は野外がメイン。ホテルでじっくり楽しみたい人には不向きなので、立ちんぼ嬢となんとしてでもヤりたい場合以外はスルーしたほうが身のためだろう。

料金相場は35€(約4,000円)ほどだが、嬢によって料金は大きく異なるので注意。交渉もスムーズにいかないケースが多い印象なので、くれぐれも初心者は手を出さないように。

美女と安全にセックスがしたいなら、オランダ風俗の定番である飾り窓を利用しよう。

  オランダ風俗を選ぶ際の注意点

夜のレッドライト地区は危険が隣り合わせ

レッドライト地区はたくさんの飾り窓があるので、オランダ美女を抱きたい人にとっては興奮必至のエリアと言っても過言ではない。しかし夜になると麻薬をやっているに違いない人々が急激に増える。

言うまでもないがジャンキーと関わり合うことは危険。トラブルに巻き込まれないためにも近寄らないようにしよう。

と言いつつも飾り窓の美女とセックスをするためには、気に入った女性と本番交渉を行なう必要がある。だからこそ夜のレッドライト地区には足を運ぶ必要があるのだが、可能なかぎりは大麻博物館には近づかないよう心掛けてほしい。

大麻博物館の近辺は大麻を扱いまくるのコーヒーショップや、ドラッグの売人があちこちにいる。筆者は実際にそのエリアを夜間に歩いたことがあるが、雰囲気はすこぶる悪くジャンキーたちが道に寝転がっていた。

そもそもオランダは大麻を合法化してるので彼らの行為は犯罪でないが、日本人からするとその光景はきわめてショッキングなものとして写りかねない。このエリアでは売人から声を掛けられたり、物乞いに押しよられることは当たり前。

ということで夜のレッドライト地区を利用する際は覚悟してほしい。

立ちんぼへのお触り・キスは基本的にできない

オランダの立ちんぼは首都アムステルダムの運河や旧教会付近に散在しているが、基本的にキスをしたり胸を触るなどサービスはNGとなっているので注意しよう。

オランダの立ちんぼ嬢たちはホテルでのプレイを要求しない。すべて野外プレイになるので、衛生面を気にする人・病気を移されたくない人は安全なカテゴリを利用しよう。

またどんな風俗においてもコンドームはしっかりと着用してほしい(オランダはヨーロッパのなかでも性病感染率が高い国なので)。

オランダが定める「売春10か条」は厳守

オランダは次の「売春10か条」を定めています。

  1. 窓を叩く行為・唾を吐く行為は禁止
  2. 写真や動画での撮影は禁止
  3. 相手の女性に敬意を持つこと
  4. カーテンの隙間から行為を覗くことは禁止
  5. 交渉するつもりがないのにドアや窓の前に立つ行為の禁止
  6. 飾り窓では前払いをし、どのようなプレイをするのか予め話し合うこと
  7. 生挿入のプレイは禁止
  8. 清潔を保つこと(身なりはもちろん酔っ払いでの利用は禁止)
  9. 脅しや強制が疑われる場合は警察に連絡すること
  10. 侵入する行為の禁止

ルールはいずれもごく一般的なもの。最低限のルールさえ守っていれば、まず罰せられることはないので安心してほしい。

風俗嬢のレベルはピンキリ

オランダの飾り窓で働いている風俗嬢はあくまで正規の売春婦。とはいえ個人営業の売春婦であることに変わりはない。

これはすなわち「採用基準がない」ことを意味する。よって風俗嬢全員が金髪の白人美女とは限らない。とはいえオランダ風俗の美女率は他国と比較すると高め。注意してほしいのは人種も体型も様々ということだ。

現在のレッドライト地区は壊滅的?

昨今は全世界がコロナ感染症の影響を受けている。ヨーロッパ各国も例外でなく、本格的にロックダウンさせる国もちらほら。オランダの首都アムステルダムもまた同様で、レッドライト地区はいまやゴーストタウンのような有様となっている。

オランダの風俗営業はコロナ感染症が落ち着くまで全面禁止の状態。これは政府の方針なので絶対的。もぐりで営業することも許されない状況なので、風俗嬢は仕事の機会を失い大変なことになっているようだ。

よって現在のオランダ風俗は壊滅的と言っていい。本来の遊び方はまずできないので、オランダの現状を随時チェックしながらタイミングを待とう。

オランダ風俗エリアの治安

オランダはヨーロッパのなかでも観光地としての人気が高い。そのため外国人観光客はひっきりなしに訪れる。その影響からか治安の強化は徹底されている印象だ。

筆者はこれまでに何度もオランダを訪れ各風俗を楽しんでいるが、トラブルには一度も巻き込まれたことがない。ただしスリなどの軽犯罪に巻き込まれそうになった経験はある。

オランダ風俗と言ったら定番の飾り窓だが、利用するためにはレッドライト地区に足を運ぶ必要がある。ここは誰もが知る売春街なのだが、夜間になると治安が急激に悪化するエリア。ジャンキーや売人が多いので、彼らには絶対に近づかないようにしよう。

またオランダに訪れる際は次の2点に注意してほしい。

  • スリ
  • 置き引き

スリはアムステルダム駅やスキポール空港で被害が多発している。声をかけられて気が緩んだ隙にスられるケースが多い。最近ではグループでのスリが横行しているらしいので、貴重品の管理は厳重に行った方がいいだろう。

置き引きに関しては電車の網棚や空いている座席に荷物を置いたタイミングで狙われる。荷物は常にしっかり持ち、目を離さないよう心掛けよう。

こういった背景からもバスや電車などの利用はおすすめできない。観光や風俗を回る際は可能なかぎりタクシーを使って移動したほうがいいだろう。

オランダ風俗遊びの所感・まとめ

オランダは風俗の歴史が深いこともあって、国から売春行為が認めている。これは世界的に見ても貴重な国のひとつなので、安全に本番を楽しみたい人にはおすすめと言えよう。

何より警察に捕まったり罰金を支払うリスクがないので、オランダ美女とセックスに集中できる。そのために気分がハイになりやすい。

しかし物事には限度がある。オランダでは麻薬なども合法だが、日本人はオランダ国内で利用すると捕まる。ハイテンションになって浮かれ過ぎないよう、くれぐれも注意して頂きたい。

どこまでもリスクを回避した上で風俗を楽しみたいなら、首都アムステルダムのレッドライト地区の利用に止めたほうがいいだろう。むしろ飾り窓の美女たちだけで100%幸せになれる。

オランダ美女との忘れられない夜を過ごしたいなら、是非レッドライト地区に足を運んで至極を体感してほしい。

あなたのオランダナイトが素敵なものになることを心から祈っている。

-海外風俗