海外風俗

ウズベキスタン風俗の種類や遊び方は?料金相場を紹介!

中東アジアに位置するウズベキスタン。日本人の我々にとってはあまり聞き馴染みのない国かもしれないが、実は風俗遊びをする上で外せない、知る人ぞ知る風俗遊びスポットであることをご存知だろうか?イスラム教国家であるため法律で風俗店は禁止されているが個人の売春婦が多く存在していて、ある場所に行けば、こちらから勇気を出していかなくても向こうから誘ってきてくれるのだ。

そしてなんといってもウズベキスタンには美人が多い。様々な国に支配されてきた背景から混血が多いのが理由とされている。つまりウズベキスタンには美人が多く、その美人の女の子の方からエロいことを誘ってきてくれる。そう聞くだけでも興奮してくるのではないだろうか?

今回はそんなウズベキスタン美人と風俗遊びをする場所や種類、料金相場を紹介していく。これを見れば今すぐに風俗を楽しみにウズベキスタンに行きたくなるに違いないのでぜひ見ていってくれ。

ウズベキスタンで風俗遊びできるエリアは?

ウズベキスタンはイスラム教国家。婚前交渉はNGとされているため風俗店は存在しない。つまりウズベキスタンで風俗遊びをするのであれば売春の選択肢しかないのだ。

そして売春婦が多く存在するある場所、

それは首都タシュケントだ。

若者の人口が多いタシュケントではイスラム教意識が薄れているためかナイトクラブやカラオケが多数存在している。なので、ウズベキスタンで風俗遊びをしたいのであれば迷わずタシュケントへ直行しよう。

タシュケントへの行き方は?

タシュケントへ行く方法だが、東京であれば成田空港からタシュケント国際空港まで直行で行ける。

ただ、週2便しか運行していないため、韓国の仁川国際空港を経由していく方法であれば曜日を気にしなくていいし、地方在住者でも仁川国際空港までなら比較的どこからでも運行しているのでおすすめだ。

タシュケント国際空港からタシュケント市内までの行き方は?

空港に着いたらタシュケント市内に移動する必要があるのだが、その際の手段はタクシーか市内バスでの移動が主流となる。

昼間にタシュケント国際空港に到着したのなら市内バスでの移動をお勧めする。市内バスであれば、行先が明確に示されいて金額も一定のため難易度が低めだからだ。

しかし、もし夜についてしまったのならタクシーで移動するしかない。またウズベキスタンのタクシーはメータータクシーがないことが多いので、乗る前に運転手と値段交渉をしなければならない。それに外国人を乗せるとなかなか金額を安くできない傾向があり、かなり面倒になる可能性があるので注意してくれ。

ウズベキスタンで遊べる風俗の種類と料金相場

ということでウズベキスタンで風俗遊びをするのであればタシュケントに行くのがおすすめだが、ウズベキスタンの風俗遊びは主に4種類存在する。

カテゴリカラオケナイトクラブ立ちんぼデリヘル
評価★★★★☆★★★★★ ★★★★☆★★☆☆☆
本番の有無本番あり本番あり本番あり本番あり
料金相場50~100万スム(5,000~10,000円)50~120万スム(5,000~12,000円)30~100万スム(3,000~10,000円)50~150万スム(5,000~15,000円)
備考コメント金さえ払えば確実にヤレる向こうから持ちかけてくれる年齢層が少し高めあまり普及していない

カラオケ(KTV)

海外の風俗といえばカラオケ(KTV)。KTVとはカラオケのできるキャバクラみたいなものだ。ここでお酒を飲みながらイチャイチャして、好みの女の子をお持ち帰りして本番をするのが海外におけるカラオケなのである。そしてウズベキスタンにも例に漏れずKTVが存在する。

KTVに入るとカウンター席が5~6つあり、そして奥に個室、という形態のお店が多い。

どちらかを選んでカラオケを楽しんでもよし、女の子の身体をタッチするよしで目一杯楽しんだら最後に好みの女の子にお持ち帰りを提案するのだ。5,000円から10,000円払えば連れ出せるので、思い切って提案してみるといい。

ナイトクラブ

ウズベキスタンで風俗遊びするのに個人的におすすめなのはナイトクラブだ。ナイトクラブには個人の売春婦が多く存在していて、こっちが何もしなくても向こうから勝手に声をかけてきてくれる。しかもとんでもないレベルの美人が。カウンターで飲み物を注文して、適当にブラブラしてるだけでウズベキスタン美人が誘ってきてくれるなんて夢のような空間ではないだろうか?

ただ、若い子に混ざって30代のベテラン売春婦も声をかけてくるので、営業をかけてくる子はしっかりと吟味しよう。

料金の相場は50万~120万スム(5,000円~12,000円)ほどで、日本の風俗と比べても安価でエキゾチックな女性と素敵な一夜を楽しめるため、ナイトクラブはかなり行く価値ありといえる。

ウズベキスタンには「KT.Comba」という有名なナイトクラブがあったのだが、コロナの影響もあってか今は閉店してしまった。ただ、KT.Comba以外にもタシュケント周辺にはナイトクラブが何個かあるのでぶらぶらしてみると良いだろう。

立ちんぼ

立ちんぼとは、路上で男性に声をかけ売春を誘う行為のことだ。ウズベキスタンのティムール広場周辺には男性を性的な目で見つめて誘ってくる美人売春婦が多数存在する。立ちんぼの良いところはなんといっても低価格で本番ができてしまうところ。その値段はフェラチオと本番ありで3,000円ほどという破格の価格。ロングでも10,000円あれば足りることが多いので安く女の子と本番をしたい人にとってはかなりおすすめの風俗だ。

ただ、立ちんぼは生ハメOKの場合がほとんどなので、生挿入大好きな男性は誘惑に負けてそのままハメてしまいがちだが、立ちんぼ売春婦の衛生リスクを考えるとゴムは絶対につけることをオススメする。

立ちんぼがいる場所

立ちんぼは夜になるとタシュケントのティムール広場周辺にわらわらと現れる。海外の立ちんぼというと少しふくよかだったり顔が好みでなかったりする場合が多いことがあるが、さすがはウズベキスタン。立ちんぼでも一定レベル以上の美人がそこかしこにいるのだ。

ただ、ナイトクラブなどと比べると若干年齢層が高かったりするので、絶対に若い子としかヤリたくないのであれば立ちんぼはオススメしない。若干年齢層が高めと言っても超美人なお姉さんであることには変わりない。低価格でサクッと本番を楽しみたいのであれば立ちんぼはかなりオススメだ。

ティムール広場へは地下鉄で行くのが定石だ。「アミール・ティムール・ヒヨボニ駅」で降りたらすぐのところに存在するので迷うことは少ないだろう。

エスコート

エスコートとは、日本でいうデリヘルのこと。ホテルに女の子を呼んでフェラや本番などのエロい行為をしてもらう。しかし残念ながらウズベキスタンにはあまりエスコートは普及していない。サイトもあるにはあるが、掲載情報が曖昧でやってるのかやっていないのかはっきりしないものなので、あまり期待しない方がいいだろう。

ウズベキスタンのを風俗を選ぶ際の注意点

性感染症のリスクが高い

そもそもアジア圏は性病にかかるリスクが高く、ウズベキスタンも例外とはいえない。売春婦はあなた以外にも普段から様々な人種、年齢の人とやりまくっているため性病にかかっている可能性が否定できない。その中でも特に立ちんぼは生挿入で行うことも多いため、性病リスクがより高い

なので健全にウズベキスタンで風俗遊びをしたいのであれば必ずゴムをつけることをオススメする。

レッドライト地区は観光客は行かない方がいい

ウズベキスタンにはレッドライト地区という、置屋が多数存在しているエリアがある。ウズベキスタンの風俗遊びといえばレッドライト地区というほど裏風俗や売春宿がたくさんあり、地元民が足繁く通っているスポットだ。

だが、実際に行ってみると偽の置屋だったり現地の人向けの置屋だったりと、観光客には向かない風俗スポットなので、もしウズベキスタンに風俗旅行に行ったらレッドライト地区ではなくタシュケントを目指すのがいいだろう。

ウズベキスタンの風俗エリアの治安

ウズベキスタンと聞くとなんとなく治安の悪さを想像してしまう人もいるかもしれないが、実際のウズベキスタンの治安は特に悪いということはない。

特に首都であるタシュケントは旧ソビエト連邦の影響もあってか、警官の数が多く、犯罪の心配は少ないと考えていいだろう。

ただ、日本と比べるとどうしても犯罪は多い。バザールでの置き引きやスリ、飲食店でのぼったくりなど、日本に慣れ切っているとあまり出くわすことの少ない犯罪に巻き込まれずに楽しい風俗旅行を楽しむためにも、そこの部分は気を引き締めたほうがいい。

ウズベキスタンの風俗遊びの所感・まとめ

ウズベキスタンには混血が多く、ハーフが多いためか美人の比率がとても高い。しかしウズベキスタンはイスラム教国家ということもあり、風俗店は表立って営業していない。なのでウズベキスタンで風俗遊びをするならば売春婦とするのが主流の方法となる。場所は一択、首都タシュケント。地方には風俗文化はほとんどないためウズベキスタンに風俗遊びをしたいのであれば必ずタシュケントに行ってほしい。

手っ取り早く定価価格で風俗遊びを楽しみたいのであれば立ちんぼがオススメだ。ウズベキスタンには美人が多いためか立ちんぼのレベルも高いのが特徴で、夜にティムール広場に行けばウロウロと男を探している売春婦がいるのでぜひ行ってみるといいだろう。

若い子と本番をしたいのであればナイトクラブがオススメだ。しかもクラブ内にいれば、勝手に向こうから話しかけてくれるのであまりコミニュケーションに自信がない人でも安心して本番まで持っていける。相場も50万~120万スム(5,000円~12,000円)ほどあれば本番まで持ち込める。

このように、ウズベキスタンは美人が多く、本番までいける風俗が多いのにも関わらず、30万~150万スム(3,000円~15,000円)ほどあれば女の子と遊び放題という、男性にとって天国のような場所だ。

また治安も他の国に比べて悪くないし、性感染症などのリスクに気をつければかなり満足のできる風俗旅になるのではないかと思うので、ぜひ行ってみてくれ。

-海外風俗