海外風俗

フィリピン風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

フィリピンは風俗の宝庫と言っても過言ではない。

風俗エリアは3つに分かれ、ゴーゴーバーをはじめとする6種類の遊びを楽しめる。注意点はいくつかあるものの、素晴らしい夜を満喫できること間違いなしだ。

本記事ではフィリピンで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。フィリピンの美女をお持ち帰りしたいという方は、ぜひチェックしてほしい。

フィリピンで遊べる風俗の種類と料金相場

フィリピンの風俗は次の3エリアに分かれている。

  • マカティ地区
  • マラテ・エルミタ地区
  • パサイ地区

マカティ地区はフィリピンの風俗を代表する「ゴーゴーバー」があるエリア。

なかでもブルゴス通りはゴーゴーバーをはじめ、KTV、エロマッサージなど様々な風俗店が建ち並ぶ。ハッキリ言ってフィリピン風俗の醍醐味を味わうにおすすめのストリートだ。

マラテ・エルミタ地区は比較的安価な風俗店が建ち並ぶエリア。

風俗店はKTVをはじめ、エロマッサージ、置屋が充実している。

パサイ地区は商業施設「エドサ・コンプレックス」があまりにも有名。施設内には人気のゴーゴーバーが7店舗入っている。

しかし風俗店はゴーゴーバーのみ。KTVやエロマッサージ店は存在しないので、選択肢を増やしたいのであれば、マカティ地区かマラテ・エルミタ地区をおすすめする。

なおフィリピン(マニラ)で遊べる風俗の種類は次の6種類。

カテゴリゴーゴーバーKTV援交カフェ置屋エロマッサージマッサージパーラー
評価★★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆
料金の相場3,500ペソ(約8,000円)1,700ペソ(約3,800円)3,000~4,000ペソ(約6,500円~9,000円)3,000ペソ(約6,500円)1,300ペソ(約3,000円以上)4,000ペソ(約9,000円)
本番の有無50%
備考コメントフィリピン風俗でもっともおすすめ。本番こそできないが、安価で美女とお酒を楽しめる。安価なうえにお持ち帰りOKなカフェ。嬢のレベルは正直なところ運。アングラ感強め。本番は交渉次第。リンガムマッサージはおすすめ。サクっと本番をしたいならここがベスト。

ゴーゴーバー

ゴーゴーバーはフィリピン風俗を代表するジャンル。美女のダンスを楽しみながら、お気に入りの子をお持ち帰りできる。

遊び方は次のとおり。

  1. 席についたらドリンクを注文
  2. 女子のダンスを眺める
  3. お気に入りの子を指名する
  4. お持ち帰り交渉
  5. OKが出れば連れ出して本番

おすすめはマカティ地区・ブルゴス通りにある「KOJAX」。日本が通じるキャストがいるので、お持ち帰りまでがわりとスムーズだ。

ゴーゴーバーのおすすめ店舗

KOJAX

店名:KOJAX(コジャックス)
住所:1210, 5 Badajos, Makati, 1210 Kalakhang Maynila, フィリピン
営業時間:19:00~5:00
料金:3,500ペソ(約8,000円)
備考:感染症の影響により臨時休業中

KOJAXはマカティ地区・ブルゴス通りにあるゴーゴーバー。

ママと思われるキャストは、日本語ペラペラ。非常に話しやすく、あれこれ聞きやすいがかなり強引。お気に入りの子がいなかったときは、遠回しに断らないと押し付けられるので注意したい。

KTV

KTVは日本でいうキャバクラに似た風俗店。お気に入りの女子を指名して、カラオケやお酒を楽しむ。

ただしお持ち帰りはできない。その点どこよりも安く遊べるのがメリット。なかには高級店もあり、フィリピンの夜を代表する美女たちが数多く在籍している。

遊び方は次のとおり。

  1. ボーイに声をかけ席へ案内してもらう
  2. 女子の中からお気に入りの子を指名する
  3. 女子と自分のドリンクを注文
  4. カラオケや会話を楽しむ

なお楽しみ方は大きく分けると2種類あり、気に入った子とマンツーマンで楽しむ「指名」と、女子が順番に席に着く「回転」がある。

回転は割高になるので、安く楽しみたい方は指名を選ぶといいだろう。ちなみに指名料の目安は、350ペソ(約750円)と格安だ。

KTVのおすすめ店舗

Room526

店名:KTV Room526
住所:1651-59 A, 1651-59 A A. Mabini St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila, フィリピン
営業時間:18:00~3:00
料金:1,700ペソから(約3,800円)

Room526はフィリピンの最高級クラブとして有名な店舗。通称・ごーにーろくと呼ばれ、地方アナウンサーをはじめ、アイドルが在籍するおすすめのKTVだ。

女子の容姿レベルは申し分なし。店内も非常にゴージャスで、フィリピンを代表する風俗店であることは一目瞭然である。

ちなみに落ち着いた女子の割合が多い印象。そのため静かに飲みたい人や接待に使用したい人におすすめだ。

援交カフェ

援交カフェはどこまでも素人っぽい(完全素人というわけではない)女子をお持ち帰りできるカフェ。正式にはバーに属する風俗店のひとつ。

特徴としてはセクシーな女子が多いこと。入店すると同時に話しかけられまくるので、お気に入りの子を見つけたらご機嫌をとって金銭交渉をおこなう。

交渉が成立すれば、ホテルへお持ち帰りとなる。

遊び方は次のとおり。

  1. まずは席へつく
  2. 飲み物や食べ物を注文する
  3. 声掛けしてくる女子をチェック
  4. お気に入りが見つかったらドリンクを奢る
  5. 金銭交渉を開始
  6. OKが出ればホテルへお持ち帰り

援交カフェは出会いの場を提供しているだけなので、入店したら何らかのメニューを注文するのが義務。くれぐれも交渉だけの場にならないよう注意してほしい。

またお持ち帰りを焦るあまり金銭交渉をスルーするとトラブルの要因になる。相場は3,000ペソ(約6,700円)ほどなので、慎重に口説いてほしい。

援交カフェのおすすめ店舗

LA CAFE

店名:LA CAFE
住所:1429 M. H. Del Pilar St, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila, フィリピン
営業時間:24時間営業
料金:3,000~4,000ペソ(約6,500円~9,000円)

LA CAFEは援交カフェの有名店。店内は薄暗く赤紫のライトが目立つバーのような雰囲気。正直なところカフェとはかけ離れた空間である。

しかし店は大盛況。中途半端な時間帯に足を運んでも、大勢の男女を確認できる。ちなみに日本人男性客が多く、割合でいうと7割くらい。それほど有名な風俗店というわけだ。

置屋

置屋はエルミタ・マテラ地区にいくつか存在している。

とはいえフィリピンは売春行為が禁止されている国。風俗店は大々的に営業できないため、表向きにはバーとして営業しているところがほとんどだ。

なお置屋によって営業スタイルは異なるが、入店すると叔母さんオーナー(たぶん)と女子が待機しているパターンが多い。

遊び方は次のとおり。

  1. オーナーと思われる女性に席へ案内される
  2. ドリンクを注文して待機
  3. オーナーと金銭交渉をおこなう
  4. 交渉が成立するとラブホへ移動
  5. シャワーを浴びて本番スタート

なお、行為を終えたあとは再びシャワーを浴びて解散となる。

置屋のおすすめ店舗

Konek-tado

店名:Konek-tado
住所:Kalakhang Maynila, Brgy. 701 マラテ マニラ 1004
営業時間:-
料金:2,800ペソ(約5,600円)
備考:コロナの影響で臨時休業中

Konek-tadoはフィリピンの置屋では有名な店舗。オーナーと思われる叔母さんと金銭交渉をしたら、女子と3人でラブホへと向かうスタイル。

なお部屋の予約などはすべて叔母さんが代行してくれる。チェックインが済んだら女子と部屋へ向かい、本番を楽しむ。

置屋には玄人感たっぷりの女性が多いイメージを抱くが、少なくともここで楽しんだ女子は素人感のある子だった。おかげで心行くまでプレイを楽しめたが。

エロマッサージ

フィリピンのエロマッサージは手コキが一般的。本番は交渉次第とはなるものの、成功確率は50%といったところ。あまり過度な期待はできない。

しかしエロマッサージの魅力は「リンガムマッサージ」。いわゆる睾丸マッサージだ。

こちらは安価なうえに満足度も高いので、是非とも体験してほしい。

遊び方は次のとおり。

  1. 施術室へ案内される
  2. 紙パンツに着替える
  3. マッサージ開始
  4. 序盤はマッサージ、終盤に手コキ
  5. 交渉次第で本番を楽しめる

最後は内容にもよるが、シャワーを浴びるか身体を拭いてもらって退店となる。

エロマッサージのおすすめ店舗

Abacca Massage Spa

店舗名:Abacca Massage Spa(アバカマッサージ)
住所:Antipolo, Makati, Kalakhang Maynila, フィリピン
営業時間:24時間営業
料金:1,300ペソ(約3,000円以上)

Abacca Massage Spaは、フィリピンの中でもっともおすすめのエロマッサージ店。アクセスのしやすさとわかりやすい料金システムが好評だ。

ここの醍醐味はなんといっても「リンガムマッサージ」。他店とはレベルが大きく異なり、極上の気分を味わえる。マッサージそのものも非常に丁寧なので、施術してもらう価値は十分にある。

マッサージパーラー

マッサージパーラーは、マッサージにくわえて本番もできる風俗店。ひな壇に座る女子の中からお気に入りの子を指名し、部屋に移動してプレイを楽しむ。

遊び方は次のとおり。

  1. 受付をする
  2. お気に入りの女子をひな壇から選ぶ
  3. 受付にお気に入りの子を伝える
  4. 清算
  5. 部屋へ移動して待機
  6. 女子が入室したらシャワー
  7. マッサージ開始
  8. 本番

行為が終わったらシャワーを浴びて退店となる。

マッサージパーラーのおすすめ店舗

エアフォースワン

店名:Flight 168 Health Spa(エアフォースワン)
住所:888 Ninoy Aquino Avenue, Parañaque, 1705 Metro Manila, フィリピン
営業時間:12:00~4:00
料金:4,000ペソほど(約9,000円)

エアフォースワンはフィリピンのマッサージパーラーを代表する店舗。建物の規模はそれなりに大きく1階と2階に分かれている(階数によって女子がランク分けされている)。

女子のテンションはかなり高めなもののプレイは淡泊な印象。ワクワクやドキドキを求めるならゴーゴーバーのほうが満足できるかと。

なおエアフォースワンは閉業となった模様。(2022年5月現在)

フィリピンの風俗を選ぶ際の注意点

立ちんぼにはオカマが混ざっている

フィリピン・マニラは立ちんぼが点在している。そのスタイルは多種多様で個人エロマッサージをしてくれる子もいれば、マッサージ以上のサービスをしてくれる子も。

こうしてみると立ちんぼは魅力的に映るが、高確率でオカマが混ざっている。

騙される可能性がきわめて高いので、現地情報にくわしくないのであれば利用を控えたほうがいい。

ゴーゴーバーのママに押し切られてはいけない

フィリピンの風俗店といえば「ゴーゴーバー」がおすすめだが、一点だけ注意したいポイントがある。それはママがかなり強引ということだ。

是が非でも・・・と言わんばかりに押し付けてくることもあるので、お気に入りの子が見つからない場合はキッチリと「またあとで来る」と伝えて退店すべき。

ゴーゴーバーはあくまで「はしご」感覚で利用する意識をもってほしい。

お持ち帰りはかならず事前交渉をすること

フィリピンの女子をお持ち帰りするときはかならず事前交渉をしよう。

理由はシンプルで金銭交渉を行わないままホテルへ到着すると高確率で揉めるからだ。

お持ち帰りの相場は、ショートで3,000ペソほど(約6,700円)。納得させたうえで持ち込まないと、トラブルに発展しやすいので注意してほしい。

セブ島も遊べるが期待するほどのレベルではない

フィリピンはセブ島でも風俗を楽しむことができる。

種類はビキニバー(ゴーゴーバーと同一)をはじめ、KTV、エロマッサージ、置屋などがあるが、マニラの店舗と比較するとレベルは低め。

観光として楽しむなら最適だが、風俗を楽しむには物足りない。フィリピンの夜をとことん楽しみたいならマニラを攻めたほうがいい。

フィリピンの風俗エリアの治安

フィリピンのマラテ・エルミタ地区は国内でもっとも治安の悪いエリア。

スリをはじめ犯罪に手を染める子どもたちが溢れていること、ドラッグの売人がウロウロしている。徒歩での移動はかなりリスキーなので、タクシーを利用してほしい。

フィリピンの風俗遊びの所感・まとめ

フィリピンの風俗はバリエーション豊か。個人的な感想としては、タイと同じく開放的な印象をうけた。

女子はテンションが高く積極的。なかには2回戦を要求してくる子もいるので、タフな方にはもってこいの国と言っていいかもしれない。

また多種多様な風俗店があるので、上級者はもちろん初心者でも楽しめるかと。

フィリピンへ足を運ぶ際はぜひ最高の夜を実現していただきたい。

-海外風俗