海外風俗

台湾風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

「台湾でどんな風俗遊びがあるか知りたい」
「台湾の風俗遊びの料金相場がどのくらいか知りたい」

今回はそんな疑問にお答えしていく。

日本に近い位置にあり、海外観光地としてオーソドックスでもある台湾。そんな台湾には数多くの風俗サービスが存在するが、中でも首都である台北に絞ってどんな種類や遊び方があるのか、料金相場やおすすめ店舗を紹介ていくので、台北への風俗観光を検討している人はぜひ参考にしてほしい。

台湾で遊べる風俗の種類と料金相場

台湾全体で風俗サービスは多数存在するが、中でも首都台北には特に多くの風俗店が集中している。

日本から台北へはまず、成田空港などの空港から台湾桃園交際空港までの直行便で行き、タクシーかバスに乗れば1時間ほどで台北市内につける。
少し長く感じるかもしれないが台湾の風俗といったら台北と言われるほど風俗遊びが盛んな場所であるから、この後のイチャイチャを考えながら乗り切ろう。

そんな台北は4つの風俗サービスに大きく分けられる。

カテゴリピンポンマンション台湾サウナキャバクラエロマッサージ
評価★★★★☆★★★★☆★★★★★★★★☆☆
本番の有無本番あり本番あり本番あり本番あり
料金相場5,100NT$(23,000円)~4,000NT$(18,000円)~6,200NT$(28,000円)~8,000NT$(35,000円)~
備考コメント紹介が必要年齢は比較的高め若くて可愛い子が多い紹介が必要

ピンポンマンション

ピンポンマンションとはマンションに入り、インターフォンを押していき、お気に入りの女の子を選んで風俗サービスをしてもらうという遊び方だ。海外に来たからには日本にはあまり馴染みのない風俗遊びがしたいという方にもおすすめだ。

しかし料金相場は決して低いとは言えず、5100NT$(23,000円)ほどと日本の風俗とさほど変わらない。だが海外風俗ならではの経験ができる点やかなりレベルの高い女の子を実際に目で見て確認できる点を考えれば出して損はない金額ではないだろうか。

そしてこのピンポンマンションなのだが、実は台湾に訪れてふらりと入っていきなりサービスしてもらえるような遊び方ではないのだ。一見はお断りで、紹介がないと入れないようになっている。

では、台湾に知り合いがいない人はピンポンマンションで遊べないのかというとそうではない。インターネットで日本人向けにピンポンマンションを紹介してくれるサイトがあるのだ。なので、ピンポンマンションで遊びたい人はまずネットで日本人サポートスタッフと連絡をとろう。そして日時と場所を伝えれば向こうから迎えにきてくれてマンションまで乗せてくれるはずだ。

台湾サウナ

台湾サウナとは、一般的なサウナと風俗施設が合体したサービスのことだ。表向きはサウナ施設として運営されていて、普通にサウナだけ利用して帰ることも可能なのだが、日本と違うのがスペシャルマッサージという本番ありの風俗も体験できるというところだ。

方法は簡単で、食堂や休憩室で待つだけ。何も聞く必要はない。しばらくするとおばちゃんがやってきて「スペシャルマッサージ?」と聞いてくるので頷けば案内してくれる。

相場は4,000NT$(18,000円)程度。台湾の風俗サービスの中では安い部類に入る。18,000円で本番までしてくれると考えればかなりお得なのではないだろうか。

台湾サウナのおすすめ店舗

亜太三温暖

店名:亜太三温暖
住所:105 台湾 Taipei City, Songshan District, Section 3, Nanjing E Rd, 337號15樓
営業時間:24時間
料金:4,000NT$(18,000円)前後

表向きはサウナ。しかもスチームサウナなどもあり結構本格的な設備が揃っている。しかし休憩室で待っているとおばちゃんが「スペシャルマッサージ?」と聞いてくるので、頷くと個室マッサージ部屋に案内してくれる。年齢は30過ぎとそんなに若くはないが、経験が豊富な分濃厚なプレイをしてくれるので、一度経験する価値はある。

また、24時間営業で最大12時間まで滞在可能なので、早く台湾に着いてしまったときや、帰る時間が中途半端なときに立ち寄るのにも最適だ。

キャバクラ(KTV)

台湾にもキャバクラは存在する。お酒を飲みながら女の子とイチャイチャして楽しむところは日本とさほど変わりはないが、一つだけ大きな違いがあるのだ。それは、台湾キャバクラの女の子はほぼほぼお持ち帰りが可能だということ。もちろん連れ出したらホテルに帰って挿入ありのセックスもできてしまう。しかも、他の風俗サービスよりも若くてスタイルの良い美女が多いため、抜くだけでなく、そういった台湾美女とイチャイチャ込みで本番セックスがしたい人にキャバクラはおすすめだ。

ただ、女の子のレベルが高いこともあり値段は6,200NT$(28,000円)~と少し高くついてしまうが、台湾の可愛い女の子とプライベートな空間を楽しめるので奮発してみてはいかがだろうか。

キャバクラ(KTV)のおすすめ店舗

G線倶楽部

店名:G線倶楽部
住所:No. 30號, Lane 107, Linsen N Rd, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491
営業時間:19:30~01:00
料金:持ち帰り6,200NT$(28,000円)

女の子が若くて可愛い子揃いのG線倶楽部は台湾のキャバクラでも有名なお店だ。日本人風俗観光者の間では有名なため日本語を喋れる女の子も数名いる。20代でスタイルが抜群の美女がたくさんいるので、ただお店でトークするだけでも楽しいだろう。金額は連れ出し料で28,000円くらいするが、台湾野球のチアガールにでも所属してそうな美女と本番ができるなら行く価値はあるのではないだろうか。

エロマッサージ

台湾には所狭しとマッサージ店が並んでいる。その中には健全なマッサージ店もあれば、スペシャルマッサージという名のエロマッサージをサービスしてくれる店もある。

看板が出ているマッサージ店は初見でも入ってスペシャルマッサージを受けられるのだが、年齢層が高かったり、本番ができなかったりサービス的に物足りないと感じる人がいるだろう。

そんな人におすすめなのは看板も何もないエロマッサージ専門店だ。専門店であれば、可愛い女の子と本番ありの風俗を楽しめる。

ただし、こちらは紹介がないと入れないようになっているので、やはり日本人サポートスタッフとの連絡が必須となる。客引きから案内してもらう方法もあるが、詐欺やぼったくりである可能性もあるため、確実に楽しみたいならスタッフと連絡を取った方がいい。

店の中に入ると受付があり、そこで携帯を預け個室に案内されたら、女の子がずらっと10人ほど並んでいるのでその中から好きな子を選び、マッサージを受けた後に本番という流れになる。

スタッフと連絡を取るというのが面倒に感じるかもしれないが、エロマッサージ専門店の方がよりエロいプレイをしてくれるので、必ず連絡しよう。

台湾の風俗を選ぶ際の注意点

仲介業者に連絡を取る

キャバクラや台湾サウナなどは必要ないが、ピンポンマンションやエロマッサージ専門店はただの観光者がいきなり入れる風俗店ではない。これは売春が禁止されている台湾では摘発されないために、スタッフの紹介がなければ入れないようになっている店が多い。

しかし、ネットで検索すれば仲介業者はすぐに見つかる。しかもLINE@に登録したらあとは向こうが話を進めてくれるから難しいことは何もない。このようなひと手間が風俗遊びを2倍、3倍も楽しくさせてくれるので、思う存分楽しみたい人は参考にしてほしい。

観光地で客引きするタクシーに気をつける

移動で使いがちなタクシーだが、観光地周辺にいるタクシーは遠回りをしたり、知り合いの店に勝手に連れて行ったりする運転手がいる。無駄な出費をして風俗に使う金を減らさないためにも、そういった場所でタクシーは乗らないようにしてほしい。

また、台湾はルールが厳しく、シートベルトを閉めないと最高4,500NT$の罰金になる場合があるので必ずしめてくれ。

台湾の地下鉄(MRT)は飲食禁止

台湾の地下鉄は飲食が禁止で、取り締まられると最高7,500NT$の罰金になる可能性がある。水すら禁止なので日本での癖でつい水を飲んでしまわないように、地下鉄に乗る前には必ず水分補給を済ませておこう。

台湾の風俗エリアの治安

防犯カメラがそこかしこに設置されていることもあり治安は世界的に見ても良い方だ。外務省が公開している海外安全ホームページにも台湾は危険な国には認定されていない。

しかし、それでもスリや盗難、交通事故は日本よりも気をつける必要がある。特に台湾風俗の聖地、林森北路は日本で言う歌舞伎町のような場所なので、夜に出歩く時は特に気を引き締めて歩こう。

台湾の風俗遊びの所感・まとめ

台湾、特に台湾には多数の風俗店が存在している。金額は日本の風俗とさほど変わらないが本番ありでできる店もあるため、日本よりコスパ良く楽しめるのではないだろうか。

台湾には主にピンポンマンション、キャバクラ、台湾サウナ、エロマッサージの4つの風俗があり、それぞれ遊び方が違う。

例えば、台湾サウナは30過ぎの女性サービスを施されることが多いが、経験が多いため気持ちいいスペシャルマッサージをしてくれる。キャバクラは若くて、台湾野球のチアガールのような可愛い子とプライベートな空間でイチャラブセックスができるが金額が高い。

このように特徴が異なっているので、自分の目的にあった風俗店を事前に決めておくといい。

また、台湾は仲介業者を通じてしか入れないところもあるため、そういったことも調べておくと現地でスムーズに気持ちよくなれる。

そして、台湾の治安は世界的に見れば悪くはない、日本よりはスリや盗難などのリスクは高いため、特に夜はボーッと何も考えずのんびり気分で歩くのではなく、しっかりと気を引き締めて歩こう。

台湾は日本人観光客が多いこともあって日本人好みの子を揃えていることも多い。そのため台湾での風俗は日本人にとって楽しめる場所だ。みんなもぜひ台湾風俗を楽しんでくれ。

-海外風俗