海外風俗

台湾新北市風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

台北を囲む形で存在している新北市。また、映画「千と千尋の神隠し」に出てくるような風景が楽しめる九份老街や、台湾のナイアガラとも呼ばれている「十分大瀑布」など観光地としても近年高い人気を誇っている。

今回はそんな新北市の風俗の種類や遊び方、料金相場を紹介していくので、新北市の観光地の近くに宿泊する予定の人や、新北市で風俗遊びをしたい人はぜひ参考にしてほしい。

台湾新北市で遊べる風俗の種類と料金相場

台湾の風俗といえば、日本人向け風俗街である台北の林森北路を思い浮かべる人が多いと思うが、新北市にも風俗は大きく分けて3つ存在する。

カテゴリキャバクラピンポンマンションデリヘル
評価★★★★☆★★★☆☆★★★★★
本番の有無本番あり本番あり本番あり
料金相場6,500NT$(28,000円)~5,000NT$(23,000円)~5,000NT$(23,000円)~
備考コメント若くて可愛い子が多い紹介が必要紹介が必要

キャバクラ

日本でもお馴染みのキャバクラ。しかし、台湾のキャバクラはお持ち帰りしてホテルで本番セックスが可能だ。

またピンポンマンションやデリヘルなどの他の風俗遊びはサクッとセックスをするだけだが、キャバクラであればイチャイチャしながらトークを楽しみ、連れ出した後も2人きりでプライベートな空間を楽しめるため、台湾で擬似恋愛を楽しみたい人におすすめの風俗だ。

料金相場は、店での飲食代1,300NT$(6000円)、連れ出しで6,500NT$(28,000円)、合計で7,800NT$(34,000円)ほどで本番が可能なので、お金に余裕がある人は検討してみてはいかがだろうか。

ピンポンマンション

ピンポンマンションとは、案内人が部屋のピンポンを押していくので、客が中にいる子を選ぶ仕組みの風俗。

女の子のレベルは高く、本番もあり、時間は無制限で23,000円から楽しめるため、人気のサービスとなっている。ただ、本家本元の香港式ピンポンマンションとは違う部分がいくつかある。

例えば、

  • 一棟まるまる貸し切っている訳ではなく、数室のみ。
  • マンションではない(ホテル)
  • 女の子が少ない

などだ。

また、口コミと書いてあることが違ったという声もあるので、そういった部分も含めて検討してみてほしい。

そんな台湾新北市のピンポンマンションだが、やや現地人向けのサービスとなっていて紹介なしでは入れないようになっている。そのためネットで「141」というピンポンマンション日本人サポートスタッフに連絡を取ることをおすすめする。

LINE@に登録して日時と場所を伝えれば、当日その場所に迎えに来てくれる。そこから車で移動してマンションまで連れていってくれるため、手っ取り早く、ラクに風俗遊びをしたいのであれば台湾式ピンポンマンションは選択肢に入れる価値があるだろう。

デリヘル

台湾にもデリヘルは存在する。そしてなんといっても台湾のデリヘルは本番ができるのが特徴だ。日本のデリヘルは本番プレイが禁止だが、台湾では交渉の必要もなく本番が基本サービスに含まれているのでコスパがいいと言える。

しかし、台湾ではでは売春行為が禁止されていることもあり、デリヘル嬢が極端に少ない。中には女の子が一人しか在籍しておらず、サイトの写真も1人2役をして誤魔化している店もあるほどだ。そういった背景からあたりのデリヘル状を自力で探すのは難しいので、デリヘルでも仲介スタッフと連絡を取ることをおすすめする。

仲介業者は条件にあったデリヘルを日本語紹介してくれるので自分で探すよりもよっぽど手間なく呼ぶことができる。また、デリヘル業者には詐欺グループが運営している店も存在するので、そのような犯罪に巻き込まれないためにも、新北市の風俗遊びにおいて仲介業者は積極的に利用しよう。

台湾新北市の風俗を選ぶ際の注意点

翻訳アプリを活用する

台北にある、日本人向け風俗街の林森北路ならまだ日本語を話せる子がちらほらいるのだが、新北市の風俗においてはまず日本語は通じないと考えていい。なのであなたが中国語を話せないのであれば翻訳アプリを活用してスマートに風俗遊びを楽しもう。

また、言葉が通じない観光客の足元を見て高額な料金を請求してくる風俗店やタクシーなども存在するため、無駄にお金を払って損することがないようにしっかりと料金相場を頭に入れた上で翻訳アプリで会話をしていくといい。

タクシーの運転手を信用しない

日本のタクシーは行き先を伝えれば、寄り道せずに真っ直ぐ目的地まで向かってくれる。それが当たり前なのだが、台湾ではそうではない場合がある。

特に観光地付近に止まっているタクシーは要注意で、他の観光地に連れて行こうとしたり、知り合いの店に向かい出したりなど余計な寄り道をしようとする運転手がいるのだ。新北市には観光地が多く、観光地からそのまま風俗店に向かう場合があると思うが、その際は運転手に行き先を表示したマップをみせ、ここにまっすぐ向かって欲しい旨をきちんと伝えよう。

仲介業者を利用する

台湾は売春が禁止なこともあり、摘発を恐れて簡単にはお店に入れないことが多い。また、自力でお店を探すのも難しい。

なのでピンポンマンションやデリヘルに行く際は仲介業者の利用をおすすめする。仲介業者に連絡をするメリットはたくさんあって、

  • 迎えに来てくれる
  • ハズレの女の子を引く可能性が低い
  • 自分で探す手間を省ける
  • 日本語で案内してくれる

など、逆に頼まない方がおかしいレベルだ。

さらに観光客を狙った詐欺などにも引っかかる可能性を下げられるので、楽しくスムーズに台湾新北市で風俗を楽しみたいのであれば必ず仲介業者は活用しよう。

台湾新北市の風俗エリアの治安は?

台湾は世界的にみたら治安は良いほうだ。外務省が公開している「世界安全ホームページ」にも危険とはみなされていないことからも治安の良さはお墨付きと言える。また、台湾は防犯カメラ大国で、そこかしこに防犯カメラ設置されている。それは新北市も例外ではない。大通りだけでなく裏路地にもびっしりと防犯カメラが設置されているので初めはびっくりするほどで、犯罪に対する意識は高いと言える。

しかし、逆にいえば犯罪が多いから防犯カメラの数も多いとも考えられる。現に日本よりはスリや盗難の事件は多いため、カメラがあるからと安心し切っていてはいけない。特に新北市は人気の観光地が多数存在することもあり、台湾で最も犯罪件数が多い。

しっかりと気を引き締めて歩こう。

台湾新北市の風俗遊びの所感・まとめ

新北市は九份や十分大瀑布などの観光地があり、近年人気が高まっている都市だ。しかし、日本人向け風俗がある台北ほど風俗環境が日本人観光客に向いているとは言えず、ややローカル向けの風俗エリアとなっていることがわかった。

しかし、そんな日本人でもキャバクラでイチャイチャを楽しむことは可能だ。また、デリヘルやピンポンマンションにおいても、仲介業者を経由すれば本番セックスだってできてしまう。

なので新北市の観光地の近くに宿泊する予定であったり、台北の風俗はありきたりで他の地域で風俗遊びをしてみたいと考えている人におすすめの風俗エリアだ。

ただ、新北市は日本語が通じる風俗嬢はあまりいないため、中国語ができない人は翻訳アプリを使いこなせるようにしておくと会話や交渉がスムーズに行くだろう。

そして治安だが、新北市は台湾の中でも犯罪件数が最も多いことからもあまり良いとは言えない。自分の荷物から離れないようにしたり、ひったくられないようにリュックにしたりなど、それなりの対策をして臨もう。

それでは、台湾新北市の風俗を思う存分楽しんで良い思い出を作ってきてくれ。

-海外風俗