海外風俗

シンガポール連れ出しバーの遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

シンガポール風俗の代名詞といえば間違いなく「連れ出しバー」。本番ができる風俗は他にもいくつかあるが、なかでも連れ出しバーは海外風俗を愛する者たちから絶大な人気を誇る。

シンガポールはめずらしく政府公認の売春エリアが存在するが、連れ出しバーは売春エリア外。それにもかかわらず利用者の数が圧倒的に多いのだ。

この記事ではそんな連れ出しバーの遊び方、料金相場についてくわしく解説する。おすすめの連れ出しバーも紹介するので、シンガポールナイトを楽しみたい方はぜひ参考にしてほしい。

シンガポール連れ出しバーの遊び方

シンガポール風俗における連れ出しバーは簡単にいうと本番ができるバーのこと。店内にいる女性客のほとんどはどこにも属さない売春婦。利用者は彼女たちと金銭交渉し、OKサインが出ればホテルへお持ち帰りという流れだ。

交渉と聞くとトークスキルが必要と思われるかもしれないが、彼女たちは稼ぐことが目的のプロなのでこちら側がスキルを発揮する必要はない。あちら側から積極的に話しかけられるので、交渉はyesかnoで答えるだけでも成立する。

つまり一般客をナンパするよりもハードルがきわめて低く、海外風俗の経験がない人でもお持ち帰りやすい魅力をもつ。

そんな連れ出しバーの具体的な遊び方は次のとおり。

  1. 入り口で入場料を清算
  2. カウンターもしくはウェイトレスにドリンクを注文
  3. お気に入りの女子を探す
  4. 見つけたら金銭交渉
  5. OKサインが出たら宿泊先のホテルへ向かう
  6. 本番

店舗によって営業時間は異なるが、多くは18時頃からオープンしている。しかし22時前はショートタイムしか受け付けない印象。ロングタイムもしくは朝まで一緒に過ごしたい場合は23時以降を狙うのがベストかと。

料金をすこしでも抑えたい場合は0時以降に足を運ぼう。売春婦たちは売れ残ることを危惧して値段を下げてくるケースが多い。なかにはそこそこのレベルの女性が残っていることもあるので、運がよければ納得できるレベルの子と通常よりも安く本番を楽しめる。

シンガポール連れ出しバーの料金

シンガポールにある連れ出しバーの料金相場は次のとおり。

  • 入場料:15SGD~30SGD(約1,200円~2,500円)
  • ショート:250SGD~500SGD(約20,000円~41,000円)
  • ロング:400SGD~700SGD(約33,000円~57,000円)

入場料にはドリンク1杯が含まれている。とにかくコストを抑えたい場合はドリンクを追加注文しないほうが良い。とはいえドリンクを注文しなかったとしてもショートにかかる料金は入場料含めて280SGD(約23,000円)。連れ出しバーはその他風俗と比較すると割高なのでその点は理解しておこう。

またシンガポール風俗は様々な人種があつまるためか、女子の出身国によって設定料金が大きく違う。その相場は次のとおり。

  • アジア系の女性・・・20,000円~57,000円ほど
  • 白人の女性・・・20,000円ほど

具体的な相場をインプットしたい場合は各シンガポール風俗の料金を把握すべし。当ブログではそれぞれの風俗記事を投稿しているのでぜひ参考にしてほしい。

ちなみに白人の女子は初手で高額をふっかけてくる可能性大。これはあくまで私の体験談だが、過去にロングで78,000円を要求されたことがある。当然ながら断ったが、その手のタイプは非常にプライドが高く値下げに応じないので選定は冷静に行おう。

シンガポール連れ出しバーを利用する際の注意点

シンガポールの連れ出しバーを利用する際は注意すべき点がいくつかある。そのひとつは「オープン直後の店舗には売春婦があまりいない」ということだ。

開店して間もない時間帯はシンプルに女性が揃っていない。美女たちはオイシイ時間に顔をだす傾向にあるので、上玉をつかまえたいのであれば22時以降を目安に入店しよう。

もうひとつの注意点は基本的なプレイ内容について。連れ出しバー経由の本番は主にキス・フェラが含まれているが、なかにはキスや生フェラを拒否する女性も存在する。経験則からいうと値段が安い女性ほど拒んでくる可能性が高い。

トラブルを防ぐためにも交渉の段階でプレイ内容についてしっかりと確認しておこう。

なお現地では日本のコンドームメーカーとして有名な「オカモト」が流通している。しかしなかなかの高級品として販売されているので、現地調達はあまりおすすめできない。日本製のコンドームに強いこだわりを持っているなら日本で購入しておこう。

シンガポール連れ出しバーの場所と行き方

シンガポールの連れ出しバーは主に次のエリアに存在する。

  • オーチャード・タワーズ
  • グランドハイアット・ホテル

ここではそれぞれの特徴と行き方についてくわしく解説していく。

オーチャード・タワーズ

シンガポールの連れ出しバーは複合施設「オーチャード・タワーズ」に集まっている。

施設内には連れ出しバーやナイトクラブが10店舗ほど入っており、夜になると色気をふりまく格好の女子たちが急激に増える。

アクセスは「シンガポール・チャンギ国際空港」から車で25分ほど。移動手段はいくつかあるものの、快適性が高いのはタクシー。料金は30SGD(約2,500円)ほどかかるがトラブルレスなのでおすすめだ。

なお連れ出しバーは政府公認の売春エリア外での営業となる。なぜ摘発されないか疑問を抱くが、その理由は売春婦たちがフリーランスとして活動しているため。要するに警察は一気に蹴散らすことができないのだ。

これには政府も手を焼いているとのことだが、海外風俗を愛する私たちにとってはありがたい現状。だからこそ連れ出しバーにいる女性は大切にしてほしい。

グランドハイアットホテル

連れ出しバーは「グランドハイアットホテル」の地下1階にも存在する。

グランドハイアットホテルの地下にある連れ出しバーは、オーチャード・タワーズの形態とは異なり1店舗しか入っていない。しかし高級ホテル内のバーということもあって女子の容姿レベルはきわめて高いぞ。

アクセスはオーチャード・タワーズから歩いてすぐ。「シンガポール・チャンギ国際空港」からは車で約21分ほどで到着する。

シンガポール連れ出しバーのおすすめ店舗・エリア

Brix

店舗名:Brix(ブリックス)
住所:10 Scotts Rd, Grand Hyatt, シンガポール 228211
料金:入場料25SGD(約2,000円)ほど、ショート350SGD(約28,000円)、ロング700SGD(約57,000円)
営業時間:日・月・火・水は21時~3時まで、木・金・土は21時~4時まで

シンガポールの連れ出しバーでもっともおすすめの店舗は「Brix(ブリック)」。高級ホテル「グランドハイアットホテル」の地下1階にある有名店だ。

Brixはシンガポール風俗のなかでも非常に高いレベルをほこり、女性客はアジア系をはじめロシア・アフリカなど様々な美女と出会うことができる。かわいい女性が多いこともあって本番の料金相場は割高だ。

  • ショートで350SGD(約28,000円)
  • ロングで700SGD(約57,000円)

価格重視の人からするとシンガポール名物の置屋(相場は4,100円~16,000円ほど)をおすすめするが、連れ出しバーにいる女性は何もかもがワンランク上。至極の本番を楽しみたいならBrixにいる女性をお持ち帰りしたほうがいい。

なおホテル宿泊者は入場料が不要。入り口で部屋の鍵を見せれば入店させてもらえる。ただし高級ホテル内にあるバーなのでドレスコードが必要。サンダルに短パンといった格好は入場を拒否されるので注意したい。

※現在は残念ながら臨時休業中

Ipanema

店舗名:Ipanema(イパネマ)
住所:400 Orchard Road Orchard Towers #02-43, シンガポール 238875
料金:入場料15SGD(約1,200円)、ショート200SGD(約16,000円)、ロング450SGD(約36,000円)
営業時間:19時~6時まで、日曜のみ13時~4時まで

Ipanemaはオーチャード・タワーズ内にある有名な連れ出しバー。他店と比較すると美女率が高く、アグレッシブに話しかけてくるので初心者でも利用しやすい。

料金相場は次のとおり。

  • ショート200SGD(約16,000円)
  • ロング450SGD(約36,000円)

Brixよりも安く利用できるが、シンガポール風俗全体からみると割高なことに変わりはない。お得にお持ち帰りしたい場合は置屋を利用した方がいいだろう。

それでも女子の容姿レベルやテクニックは申し分ない。最高のシンガポールナイトを期待できるので、Brixよりも安く利用できる連れ出しバーを求めるならIpanemaがベストである。

なおBrixとは目と鼻の先。それぞれを移動して見定めるのもアリだ。

Crazy horse

店舗名:Crazy horse(クレイジーホース)
住所: 400 Orchard Rd, Singapore 238875
料金:ショート150SGD(約12,000円)、ロング350SGD(約29,000円)
営業時間:-

Crazy horseはオーチャード・タワーズ4Fにある人気の連れ出しバー。タワー内では人気No.2の店舗でIpanemaよりも安く利用できる。

料金相場はつぎのとおり。

  • ショートで150SGD(約12,000円)
  • ロングで350SGD(約29,000円)

メリットとしては他店と異なり入場料がかからないこと。また売春婦以外にも音楽や踊りを楽しみにやってくる子も多いので、ガチの素人をお持ち帰りできる可能性もあるぞ。

入店すると売春婦2~3人がピラニアのようにせまってくる。彼女たちのアプローチは多種多様。ドリンクを取りに行ってくれる親切な子もいれば、腕に絡みついて離さない子もいた。

このようにCrazy horseはトークスキルが乏しい人でも余裕で利用できる店舗だが、女性客のなかにはオカマが紛れていたりする。お気に入りの女子をお持ち帰りできた!と喜んだ矢先、いざパンツを脱がせてみると下が付いていた…なんてケースは珍しくない。

シンガポールの夜を台無しにしないためにも、交渉するときはかならず性別について確認しておこう。

まとめ

連れ出しバーはシンガポールに行ったなら1度は経験しておくべき風俗のひとつ。料金はハッキリ言って高額だが、その分クオリティの高い美女との本番を楽しむことができる。

この記事では惜しくも選考外とったが、オーチャード・タワーズ内には「Top5」や「BALIBA(バリバ)」といった有名店も入っている。残念ながら現在はコロナの影響で閉業している店舗が多いが、再開した際はぜひともチェックしてみてほしい。

素敵な夜が実現することを心から祈っている。

-海外風俗