海外風俗

ベトナムエロマッサージの遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

ベトナムはアジアを代表する「マッサージ天国」。一般的なマッサージはもちろんエロマッサージも普及しており、ストリートを歩いていると女性が「マッサ?」といって客引きする。

日本語は残念ながら通じないが、日本でもお馴染みのエロワード「エッチ」「フェラチオ」などを連呼してくるのでエロマッサージの区別はさほど難しくはない。ただしベトナムでは売春行為が禁止されているため、普通のマッサージ店として営業しているところがほとんどだ。

この記事ではベトナムのエロマッサージについて詳しく解説する。具体的な遊び方はもちろん、料金相場、おすすめの店舗も紹介するので気になった方は是非チェックしてほしい。

ベトナムエロマッサージの遊び方

ベトナムのエロマッサージは大都市「ホーチミン」に集中している。

ベトナムは売春行為が禁止されているため、エロマッサージ店のほとんどは一般的なマッサージ店として営業。しかし見分け方は特に難しいわけではなく、次のポイントに注目すればわりと簡単に見分けることができる。

  • 在籍する女性の衣装がセクシー
  • 女性が卑猥な言葉をつかって客引きしている
  • 店舗の看板に「VIP」と書かれている

エロマッサージ店は一般的なマッサージ店と比較すると女子の風貌が明らかに異なる。エロ要素が感じられたらほぼ間違いなくエロマッサージ店だと思っていい。

具体的なエロマッサージの遊び方は次のとおり。

  1. 入店
  2. お気に入りの女子を選ぶ
  3. 一般的なマッサージを受ける
  4. 女子からエロマッサージを提案orこちらから交渉
  5. 手コキ・フェラがスタート
  6. 本番がOKな場合は本番
  7. 退店

営業時間は店舗によってさまざまだが、大抵は昼から夜中にかけて営業している。店舗が集中しているエリアを歩ていればあちらから「マッサ」「エッチ」などと声を掛けてくるので、気に入った子がいた場合は応じるのもアリ。

入店すると過激な衣装を着飾った女子たちがお出迎え。ベトナムのエロマッサージ店は態度が悪いというイメージが広まっているが、実際は意外にも愛想が良かったりする。

プレイは一般的なマッサージからスタート。施術を受ける部屋はマッサージベッドがあるだけのどうってことない部屋。シャワーなどの設備はないので、あくまでプレイを楽しむだけの空間だ。

なおベトナムのエロマッサージ店は「手コキ」がメイン。サービス内容は女子と交渉によって大きく異なるので一概に言えないが、要求したいプレイがあるのなら交渉したほうがいい。

私の経験上、交渉が上手くいくと手コキ⇒フェラ⇒本番といった定番の流れを楽しめた。よって中級者以上が楽しめる風俗と言っていいだろう。

ベトナムエロマッサージの料金

ベトナムのエロマッサージにかかる料金は50万~100万ドン(日本円で2,500~5,000円)が相場。

内訳としてはマッサージ料金が20万ドン(1,000円)ほど。そこに女子へ支払うサービス料が加算される仕組みだ。なおサービス料は内容によって異なるので、料金を少しでも抑えたい場合はとことん交渉することをおすすめする。

エロマッサージにかかる料金相場は次のとおり。

  • 手コキ・・・20万~40万ドン(1,000~2,000円)
  • フェラ・・・30万~60万ドン(1,500~3,000円)
  • 本番・・・200万ドン(10,000円)

交渉が成功したり安い店にたどり着けると40万ドン(2,000円)ほどで楽しむことも可。ただしエロマッサージで本番を希望する場合は200万ドン(10,000円)は必要になるので注意してほしい。

本音を言うとエロマッサージでの本番はそこまで安くはない。ベトナムにはお持ち帰りができる風俗店がいくつかあるので、こだわりがないかぎりは他の方法を検討するといいだろう。

なお高額な料金を支払ったにもかかわらず、施術は一般的なマッサージだった…なんてケースも見られる。なかにはこういった悪質な店舗も存在するので、エロマッサージを利用する際は事前に口コミをチェックしておこう。

ベトナムエロマッサージを利用する際の注意点

ベトナムのエロマッサージはサービスに本番を含んでいないところがほとんど。そのため店舗もしくは女子がコンドームを用意していない。本番ができる人気店なら用意しているだろうと思いがちだが、私の経験上どこの店舗も用意していなかった。

海外風俗の鉄則として本番をする場合はコンドームは必須。性病リスクを回避するためにも、かならず信頼できる日本製品を使用してほしい。

ちなみにベトナムでもコンドームは購入できるが、安全性や使用感を考えると使用はさけたほうがいいかと。結局のところ信頼できるのは日本製なので、ベトナムに行く前に日本で調達しておくか成田空港などの国際空港で購入することをおすすめする。

くれぐれも生挿入はしないように。

ベトナムエロマッサージの場所と行き方

ベトナムのエロマッサージはホーチミンに2エリア集結している。

  • ブイビエン通り
  • レタントン通り

上記以外にも「ハノイ」や「ドーソン」にいくつか見られるが、店舗数や規模をみるとやはりホーチミンが圧倒的におすすめ。店舗が多いということはかわいい女子と出会える確率が高いことを意味するからだ。

それでは上記2エリアの場所と行き方についてくわしく解説していく。

ブイビエン通り

ホーチミンでエロマッサージと言ったら「ブイビエン通り」が有名。風俗店はもちろん飲食店や売店が所せましと建ち並んでいる。

アクセスは「タンソンニャット国際空港」から車で25分ほど。

エロマッサージ店の密集率はきわめて高く、500mほどしかないストリートに沢山の店舗と客引きをする女子があふれている。

ここで注意したいのはかわいい客引きの子に騙されないこと。まんまと付いていくとサービス寸前で40代以降のオバサンとチェンジされるケースもある。

トラブルを避けるためにも客引きの子がサービスしてくれるかチェックすることが大切。それでも騙されそうになったら、サービスが始まる前に撤退すればOK。いずれにしても悪質な店舗を把握することが必要だ。

レタントン通り

「レタントン通り」はエロマッサージ店が集結する定番のストリート。通称「ホーチミンのリトル東京」と呼ばれるほどで、日本食料理店が散在しているだけでなく日本の文化が栄えている。

アクセスは「タンソンニャット国際空港」から車で22分ほど。

レタントン通りは初心者でも利用しやすいエリアだが、料金は日本人客に向けた設定なのでかなり強気。他店よりも割高なのでコストパフォーマンスを求める人はブイビエン通りがいいだろう。

しかしレタントン通りの魅力は本番ができる可能性がきわめて高いこと。さらに日本人の利用客が多い影響か、日本人好みの女子をチョイスしてくれたりする。容姿レベルはけっしてS級というわけではないが、普通にかわいい子とプレイできるのでおすすめだ。

ベトナムエロマッサージのおすすめ店舗・エリア

APPLE PEN(アップルペン)

店舗名:APPLE PEN(アップルペン)
住所:‐
料金:マッサージ40万ドン(約2,000円)/マッサージ+フェラ+本番で140万ドン(約7,000円)

APPLE PEN(アップルペン)は安価で楽しめるエロマッサージ店。料金は本番ありで140万ドン(7,000円ほど)とコストパフォーマンスは十分。交渉が上手くいけばさらに安くなるので、可能なかぎり粘ることをおすすめする。

ちなみに私は足元を見られたのか、最初は本番ありで200万ドン(10,000円ほど)を要求された。しかし事前調査は済んでいたため、あれこれ情報を出しながら交渉したところ140万ドンまで値下げすることに成功。しっかりと交渉すれば割り引けるので、あきらめずにやりとりしてほしい。

なおAPPLE PENは「Queen Bee Spa(クイーンビースパ)」という名前で営業していた。本番ができるということでかなりの人気店なのだが、摘発されないために店舗名をコロコロと変えている。現在も変更されている可能性があるので、事前にリサーチしてから訪れてほしい。

good spa(グッドスパ)

店舗名:good spa(グッドスパ)
住所:8a Thái Văn Lung, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh 700000 ベトナム
料金:マッサージ70万ドン(約3500円)/本番あり200万ドン(約10,000円)

good spa(グッドスパ)はエロマッサージのなかでは高級に分類される店舗。とはいえガッツリ高級店というわけではなく、あくまで高いエロマッサージ店という位置づけだ。

在籍する女子は料金が高いだけあって若くてかわいい女子が揃う。本番は交渉次第だがわりと高い確率でヤれる印象だ。

なおgood spaには部屋にシャワーやトイレがついている。一般的なエロマッサージ店よりは優れた環境なので、設備にウエイトを置く人にはピッタリかもしれない。

店舗の位置だがGoogleマップ上ではホテルが表示されてしまう。よって近辺をくまなく歩いて探してほしい。白地にピンクの文字で「good spa」と書かれた看板がそうだ。

PHUNG THUY

店舗名:PHUNG THUY
住所:4 Đ. số 2, Hiệp Bình Chánh, Thủ Đức, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム
料金:マッサージ50万ドン(約2,500円)/フェラ50万ドン(約2,500円)~

PHUNG THUYは日本人の利用曲の間ではあまりにも有名なエロマッサージ店。日本人に特化した店舗と言っても過言ではなく、部屋の清掃が隅々まで行き渡っている。

部屋には大きなバスタブが設置されているので、エロマッサージだけでなくカラダを洗ってもらえる。

残念ながら本番はできないが、フェラをはじめとするエロプレイはなかなかのクオリティ。時間はあっという間に過ぎるのでおすすめのエロマッサージ店だ。

まとめ

ベトナムのエロマッサージはマッサージ好きにはたまらない風俗と言える。この記事で紹介した情報はあくまで氷山の一角。エロマッサージ店は至るところにあるので、是非とも現地でさまざまな体験をしてみてほしい。

海外風俗に慣れていない初心者はホーチミンにある店舗がおすすめ。店の外で女子たちが客引きをしているので、交渉せずともマッサージを受けられる。

ただし本番については中級者以上が対象。実現するかどうかは交渉と女子の気分次第なので、これまでの経験で培ったスキルをフル稼働してゴールへと漕ぎつけていただきたい。

-海外風俗