海外風俗

ベトナムビアオム・バービアの遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

海外風俗の定番といえば「ガールズバー」が挙げられるが、ベトナムのガールズバーは通称「ビアオム」「バービア」と呼ばれ本番行為が許されている。

近隣諸国と比較するとやや毛色が異なるものの、ベトナムでは人気の風俗となっているので初心者はもちろん中級者以上におすすめだ。

ということでこの記事ではベトナムのガールズバー「ビアオム」と「バービア」について詳しく解説。具体的な遊び方をはじめ、料金相場、おすすめのエリアについて紹介する。

本番ができる店とそうでない店の見分け方も解説するので、気になっている方はぜひ参考にしてほしい。

ベトナムビアオム・バービアの遊び方

ベトナム風俗で言う「ビアオム」や「バービア」は「ガールズバー」を指す。それぞれ特徴や遊び方は異なるので、まずはインプットすることからはじめてほしい。

なお両者に共通しているのは本番OKということだ。

ビアオムの遊び方

ビアオムは女子とお酒を飲みながらイチャイチャできる店舗のことを指す。「ビア」は「ビール」を。「オム」は「抱く」という意味だ。

サービスは日本のキャバクラとよく似ており、お気に入りの女子と個室でカラオケやお酒を楽しむ。さらに女子のあちこちをお触りでき、お持ち帰り機能も備わっている。

基本的にマンツーマンで接待してくれるので、楽しい時間を2人きりで味わいたい人におすすめだ。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. 入店する
  2. お気に入りの女子を選ぶ
  3. 個室へ移動する
  4. 女子と2人きりでカラオケやお酒を楽しむ
  5. さらにお触りなどをしてイチャイチャ
  6. 会計
  7. お持ち帰りを希望する場合はホテルへ移動
  8. 本番

ビアオムは初心者にもやさしい風俗と言っていい。理由は交渉する必要がほとんどないため。ハッキリ言って入店して飲めばほぼ確実に外へ連れ出せすことができる。

女子の容姿レベルやサービスは店舗によって異なるが、過激な店舗では個室で飲んでいる段階で女子が脱ぎだしたりする。サプライズ的な演出やドキドキを味わいたい人からするとたまらないかと。

ビアオムというだけあってビールなどのアルコールが大好きな人にもおすすめ。筆者は無類のビール好きのため本番という目的を忘れて飲みまくった経験がある。もちろんその後は女子を連れ出して本番をしたが、アルコールを大量に飲むにも適した店舗だと思う。

バービアの遊び方

バービアは在籍する女子のなかからお気に入りを選び、カウンターやテーブルでお酒を楽しむ店舗。ビアオム同様に女子へのお触りは許可されているところが多いが、基本的に女子側が客を選ぶ営業スタイルと言った印象。つまり極端なボディタッチを拒否する子もいるので注意が必要だ。

サービスとしては日本のキャバクラのような内容だが、女子と確実に本番ができる保証はない。あくまで飲んでいる流れのなかで口説く必要が生じる。

是が非でもヤりたい女子が席に着いたならケチらずにしっかりと交渉すべし。女子がその気になってくると「あと○○杯飲んだらOK」という条件を突きつけてくる。

具体的な遊び方は次のとおり。

  1. 入店する
  2. 席につく
  3. お酒を注文する
  4. 女子にお酒をおごる
  5. トークを楽しんだりお触りをする
  6. お持ち帰り交渉
  7. 交渉が成立したら会計
  8. 退店
  9. ホテルへ向かう
  10. 本番

バービアの形態は店舗によって大きく異なる。クラブのような広々とした空間に女子が集まっているところもあれば、小規模なスナックのような空間に女子が1人で待機しているところも。

基本的にネオンが輝いているような派手な店舗は、クラブのような広さを誇っていて在籍する女子も多い。また規模が大きい店舗ほどスタイルが良い女子が多い印象を受けた。

バービアはビアオムと異なり初心者向けではない。海外風俗の経験が豊富な筆者でさえも、女子をお持ち帰りするために2時間かかった。別の視点で考えるとバービアはそもそもとして連れ出すのに適した店舗ではないかもしれない。

ただし美女をお持ち帰りできる可能性は十分にあるので、ワンランク上のベトナム女子とのアツい夜を過ごしたい人はアグレッシブに狙うべきだろう。

ベトナムビアオム・バービアを利用する際の注意点

夫婦でない男女の同室は罰せられる

ベトナムは夫婦でない男女が同室にいることを禁じている。つまり風俗店でのお持ち帰り行為は完全にアウトな行為なので、くれぐれも見つからないよう注意してほしい。

スムーズなお持ち帰りを希望する場合は日系ホテルを利用することをおすすめする。その他ホテルでも構わないが、日系ホテルと比較すると融通がきかないことと賄賂として1,000円ほど必要になるぞ。

お持ち帰りできたとしてもヤれない可能性あり

せっかくお持ち帰りできたにもかかわらず、女子とヤれない可能性もあったりする。それはズバリ女子が生理中だった場合だ。

こういった失敗を回避するためには交渉時に必ず「ブンブン(セックス)」という単語を出さねばならない。女子のなかにはセックスなしでもOKと解釈する子も存在するので、具体的なやりとりをしたほうが確実である。

日本風のガールズバーはお持ち帰りできない

ベトナムには多種多様なガールズバーが存在するが、その一部である日本風の店舗はお持ち帰りすることができない。

日本風のガールズバーはあくまで在籍する女子とカウンター越しに会話を楽しむ店舗。日本人を対象としている影響か、女子をはじめスタッフは日本語や英語を話せるがメリットはそれくらいしかない。

よってお触りやお持ち帰りを希望する場合は「ビアオム」や「バービア」を利用しよう。

生挿入は性病になるのでNG

ベトナムのガールズバーはお持ち帰りがしやすく生でヤらせてくれる子が多い。しかし海外風俗において生挿入は絶対にNG。女子たちは様々な男性と寝ているため、どのような病気を持っているかわからない。

生挿入したならほぼ確実に性病をもらってしまうので、本番では必ずコンドームを着用しよう。

コンドームはベトナムでも購入できるが装着感と信頼性の乏しさが挙げられる。やはり日本製をつかったほうが確実なので、ベトナムへ飛び立つ前に日本の空港で購入しておこう。

ブイビエン通りはスリや窃盗が多い

ビアオムやバービアが集結する「ブイビエン通り」は大人気エリアだが治安がすこぶる悪い。スリや窃盗が多く1日の被害件数はかなり多いので、徒歩での移動は十分に注意すべし。

ちなみに筆者はウエストポーチを身につけて歩いていたのだが、気がつくと何者かによって外側のポケットが漁られていた…。

貴重品はあっという間に盗まれるので、外出時は必要最低限のもののみを持ち歩くように心がけよう。

ベトナムビアオム・バービアの料金

ビアオムやバービアにかかる料金は飲み代だけなら約100万ドン(日本円で5,000円)ほど。

具体的な料金の相場は次のとおり。

  • 自分専用のドリンク1杯…200円ほど
  • 女子におごるためのドリンク1杯…500円ほど

ビアオムとバービアは店舗によって料金設定が異なるが、ビアオムの方が若干割高な印象を受けた。とは言え料金は5,000円ほどで収まるので神経質になるレベルではない。

場合によってはチップが必要になる店舗もあるので注意。店舗によってはチップがこと細かに分けられており、女子だけまたはママやボーイにも必要というところもある。

基本的にサクっと本番をしたいのなら1人30万ドン(1,500円ほど)のチップを渡すのが効果的だ。

本番をするには追加料金で10,000円以上かかる

ビアオムやバービアは本番が許可されているが、女子をお持ち帰りするには飲み代とは別に200万ドン(10,000円ほど)が必要になる。ただしこれはショートタイムの料金。ロングを希望する場合は300万ドン(15,000円ほど)になるので注意しよう。

またバービアは女子が自分で交渉するため高額を掲示することがある。

ちなみにブイビエン通りのお持ち帰りは結構な値引きができるという噂。現地情報によるとショートで120万ドン(約6,000円)、ロングで180万ドン(約9,000円)まで値切れたそうだ。

筆者も値切りはお手の物だが最高で200万ドンくらいだった。美女と安く本番ができるのは大変有難いことだが、値切りすぎると嫌われる可能性もあるので気をつけてほしい。

ベトナムビアオム・バービアの場所と行き方

ビアオムとバービアはホーチミンに集中している。

ホーチミンは言わずと知れたベトナムを代表する大都市。観光地としても知られ、毎年数えきれないほどの観光客が訪れる。

そんなホーチミンへのアクセスは「タンソンニャット国際空港」から車で14分ほど。移動手段は電車・バス・タクシーと揃っているが、スムーズなアクセスを望むならタクシーがベストだ。

特にビアオムとバービアが集まっている「ブイビエン通り」と「レタントン通り」は治安が悪い。徒歩での移動はリスキーなので、可能なかぎりタクシーを利用しよう。

ベトナムビアオム・バービアのおすすめ店舗・エリア

ブイビエン通り

名称:ブイビエン通り
住所:107-79 Bùi Viện, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム

ホーチミンでビアオムとバービアがもっとも集結しているのは「ブイビエン通り」。500mほどしかない短いストリートではあるものの、7店舗ものガールズバーが建ち並んでいる。

ガールズバーだけでなくクラブやマッサージ店も多いため、夜になると美女を求めて多くの人々で溢れるエリアだ。

ちなみに歩いているとメニュー表をもった女子が駆け寄ってくる。かわいい子ならそのままついて行くのもアリ。あとは店先の雰囲気で判断しよう。

レタントン通り

名称:レタントン通り(レタントン酒場)
住所:8/2bis Lê Thánh Tôn, Bến Nghé, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム

レタントン通りもホーチミンを代表するビアオムとバービアの宝庫。辺りは日本風の店舗が建ち並んでいるので、日本料理を味わいたい場合にもおすすめだ。

エリア内にあるガールズバーの見分け方としては「店内の暗さ」と「女子の露出度」。お持ち帰りを許可している店舗はシンプル女子の露出が過激なので、わりと簡単に見分けることができる。

レタントン通りはブイビエン通りと比較すると治安は悪くない。さらに日本風の店舗は日本人がオーナーを務めているところもあって、日本語が話せて接客に優れたところが多い印象だ。

まとめ

ベトナムのビアオムとバービアはホーチミンでサクッと本番をしたい人におすすめ。

特にビアオムは酒を飲めば高確率でお持ち帰りできるので初心者にもやさしい。一方のバービアは交渉の必要があるので中級者以上向けだが、料金をケチったりしないかぎりは本番に持ち込める。

本番を楽しめる風俗店は他にもいくつかあるものの、ビアオムやバービアは美女とお酒を楽しみながら選定できるのでお持ち帰りできる確率を上げやすい。

ベトナム美女との素敵な夜を過ごしたい人は是非チャレンジを。

-海外風俗