海外風俗

フランス風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

今回は愛(アムール)の国と言われるフランスで遊べる風俗の種類や相場について解説していく。

フランスでは法律で風俗営業が禁止されているので、正規の風俗店は存在しないが少しコツさえ知っていれば問題なく女の子と遊ぶことができる。

この記事を最後まで見て現地でスムーズに一発ヤレるよう参考にしてほしい。

フランスで遊べる風俗の種類と料金相場

フランスは先述の通り、国の風俗に対する取り締まりがかなり厳しい。また風俗営業だけでなく2016年に売春行為が禁止となったことによって、更に取り締まりの勢いを増しているのが現状だ。

アジア諸国(というよりもヨーロッパ圏内も含め)と比較して、フランスでのエッチな遊びは非常にコスパが悪いことを始めに知っておいてほしい。

風俗遊びができる場所はパリ市内にある「モンマルトル」というエリアに集まっている。

パリへはシャルル・ド・ゴール国際空港を利用する。(日本から直行便あり)
この空港はパリまで電車を使えば約30分ほどで到着することができる。

また、タクシーを利用するのであれば約30分ほどで到着できる。

料金はシャルル・ド・ゴール空港~パリ市内間で定額約50~60ユーロ(約5,000~8,400円)となっているので、ぼったくり被害にあわないためにも覚えておくと便利だ。

電車とタクシーどちらを利用してもさほど移動時間に差はない。少しでも料金を抑えたいのであれば、電車などの公共交通機関を利用するとよい。

そして、フランスの風俗では大きく4つの種類に分類することができる。
以下では各種類について詳しく解説していく。

カテゴリ エスコート ナイトクラブ 個室付きバー 立ちんぼ
本番の有無 本番あり 本番あり 本番あり 本番あり
評価 ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆
料金相場 約250~300ユーロ(約35,000~42,000円) 約170~250ユーロ(約23,800~35,000円) 約80ユーロ~(約11,200円~) 約20~50ユーロ(約2,800~7,000円)
備考コメント フランス風俗で失敗したくないならここ 雰囲気も楽しみたいならここ 立ちんぼに声をかけるのが苦手な人が遊びやすい スリルを味わいたいならおすすめだが自己責任で

エスコート

エスコートとはHPに登録されている女の子を選んで本番行為をするといった遊びだ。日本でいうところのデリヘルに近い。

フランス人の女の子と必ず本番行為がしたいのであれば、エスコートで遊ぶことをおすすめする。というのも、後述する立ちんぼ等を利用した際にフランス人の女の子に遭遇する確率は低いからだ。

加えて、ナンパといった声をかける高いハードルを気にする必要はなくなるので、手軽にかつ安全にフランスで遊びたい人は外せない遊び方だと言える。

料金は約250~300ユーロ(約35,000~42,000円)が相場となっている。しかし、美女だと必然的に料金は高く、中には1,000ユーロ(約14万円)を超える子も存在する。相場として挙げた金額はあくまで標準的なフランスの女の子と遊ぶ場合の相場として理解しておくこと。

また、サイト内では英語かフランス語しか使われていないので、不安な人は翻訳ツール等が必要なので注意。

以下ではおすすめのサイトを1つ紹介する。

エスコートのおすすめサイト

6annonce.com

サイト名:6annonce.com
URL:https://www.6annonce.com/escorts/city_fr_paris
料金:約250ユーロ~(約35,000円~)
営業時間:ー

上記に記載しているURLからパリで遊べる女の子を探せるが、検索条件を変更するとパリ以外の地域からも探せるので非常に便利だ。

女の子のルックスレベルは全体的に高め。画像だけでなく一部動画を投稿している子もいるので、より自身の好みに合った遊び相手を探すことができる。

また、予約方法もかなり簡単で、遊びたい女の子のプロフィールに記載されている電話番号から直接連絡を取れる。電話が苦手ならWhatsAppでメッセージすることも可能だ。

ナイトクラブ

ナイトクラブは日本で言うところのキャバクラとストリップショーを足して2で割ったような雰囲気。店内にはヤリ部屋は併設されていないため、女の子を店外に連れ出して本番行為をすることになる。

遊ぶ流れは、入店したあとに代わる代わるやってくる女の子とお酒を飲んでお喋り、気に入った子がいれば料金交渉して連れ出して本番行為といった感じだ。

ここで1点知っておく必要があるのは、ナイトクラブに出没する女の子にフランス人美女がほとんどいないということ。というのも、他国から出稼ぎに来ている女の子たちが非常に多く、フランス以外の白人女性やアフリカ系黒人女性が大部分を占めているからだ。フランス人美女を求めて入店すると、少し肩透かし感を感じてしまうのは否めない。

料金は約170~250ユーロ(約23,800~35,000円)が相場となっている。これらの料金は入場料から本番行為の基本プレイまでの相場なので、女の子やオプション追加によって料金は高くなる。

以下ではおすすめの店舗を1つ紹介する。

ナイトクラブのおすすめ店舗

Gibus Club

店名:Gibus Club
住所:18 Rue du Faubourg du Temple, 75011 Paris
料金:約170~250ユーロ(約23,800~35,000円)
時間帯:20:30〜翌7:00

Gibus Clubの外観は普通のクラブのような雰囲気だ。毎日様々なイベントが開催されており、クラブ本体で遊びに行くだけも十分楽しめる。

店内では女の子たちは水着や下着姿でうろついており、可愛い子もそこそこ見かける印象だが、フランス人はほぼいないと思ってよい。

最初はクラブの雰囲気に圧倒されて女の子に声をかけ辛いかもしれないが、1人でいると意外と女の子から声をかけてくる。慣れてくるまでは声をかけられるまで一度受け身になってみるのも手だ。

個室付きバー

個室付きバーは飲み屋やヤリ部屋が併設されている、完全にブラック(違法)な遊びだ。

遊び方はナイトクラブとほぼ同じで、店内で女の子を探して、個人交渉後にヤリ部屋にて本番行為をするという流れだ。

女の子のレベルはまぁまぁといったところ。この遊びでもフランス人美女と出会える確率は低い。(年増のフランス人女性だと出会えるチャンスはある)

料金は約180ユーロ~(約25,200円~)が相場となっている。

正直なところ、個室付きバーではぼったくり店が非常に多い。また、摘発された際には言い逃れができない状況なので、立ちんぼに声はかけ辛いがスリルを味わいたい人以外は利用をおすすめしない。

立ちんぼ

立ちんぼは街中や公園で売春している女の子と本番行為ができる遊びだ。こちらも遊ぶ際には個人交渉が必須となる。

女の子の質は紹介した遊びの中で一番悪いと言っても過言ではない。美人に会えると思っていると後悔するので注意が必要だ。また、例にも漏れず、フランス人女性はほぼ存在しないと思ってくれていい。

料金は約20~50ユーロ(約2,800~7,000円)が相場となっている。他の遊びに比べるとかなり料金は抑えられるものの、その分リスクは高い。とにかく安く1発抜きたい、様々なスリルを感じたい人にはおすすめだ。

以下ではおすすめスポットを1つ紹介する。

立ちんぼのおすすめスポット

ブローニュの森

ブローニュの森は非常に悪名高い方で有名な公園だ。夜になると人通りがほぼいなくなり、見かける女性全員が売春婦という異様な光景が展開されている。地元民は夜のブローニュの森には絶対近付かないようにしているレベルでヤバイ場所として認知されている。

女の子で可愛い子は稀で、もしいたとしてもクスリをキメており、色んな意味でハードな相手ばかり。

また、ブローニュの森は過去に殺人等発生した場所で、今でも犯罪の温床(売春や麻薬取引)となっているので安易な気持ちで近付くのはおすすめしない。

ちなみに、ここでのプレイは青姦か簡易テント内での本番行為となる。衛生面はもちろん最悪だ。

フランスの風俗エリアの治安

観光地周辺ということもあり、人も多く活気があるので治安はそこそこ良い。(ブローニュの森を除く)

一方で、スリやひったくりなどの軽犯罪は多発しているので、自己防衛の意識はしっかりと持つ必要がある。

フランスの風俗を選ぶ際の注意点

コンドームや抗生物質は必ず持参する

遊ぶ女の子たちがコンドームを持参していることがあるものの、確実に所持しているわけではない。

たとえ所持していたとしても自身にあわない可能性が大いにあるので、必ずコンドームは持参するように心がけたい。

また、個人売春という関係上、性病についてはしっかりと管理されていないので気を付ける必要がある。本番行為前には念のため抗生物質を服用してから臨むことをおすすめする。

個人交渉でトラブルが発生しないように十分注意する

フランスでエッチなことをするには個人交渉が必須なので、トラブルが発生するリスクは店舗と比較してあると言わざるを得ない。不測の事態に陥らないよう、事前の確認や料金交渉はしっかり細かく行うことを肝に銘じておく必要がある。

特に個室付きバーは観光客向けのぼったくり店の可能性が非常に多いので、あからさまにエロい雰囲気が出ている店には入らないようにすること。

フランスの風俗選びの所感・まとめ

フランスでは法律で風俗全般(売春含む)が禁止とされているものの、直接女の子と個人交渉することで問題なく遊べる。

料金では日本よりも高くなりがちで、どの遊びでもフランス人の女の子と遊べるというわけではないので注意が必要だ。

おすすめの遊び方は、やはりエスコートでフランス人美女と遊びたいのであれば外せない。店の雰囲気を楽しみたいならナイトクラブや個室付きバー、スリルや料金の安さを選ぶなら立ちんぼとなる。

また、治安はそこそこ良いので普通に女の子と遊ぶ分には神経質になる必要はないが、スリなどには十分気を付けて行動する必要がある。ただ、ブローニュの森に行って立ちんぼと遊ぶ場合は、非常にリスクが伴うことを留意しておくこと。

最後にフランスの女の子は美女が多くクセになること間違いなしなので、羽目を外し過ぎない程度に暑い夜を過ごしてきてくれ。

-海外風俗