海外風俗

ニュージーランド風俗の種類や遊び方は?料金相場やおすすめ店舗を紹介!

「ニュージーランドにはどんな風俗があるのか」
「ニュージーランドの風俗遊びの料金相場が知りたい」

今回はそのような疑問にお答えしていく。

南半球に位置しており、オーストラリアのすぐ隣にある島国、ニュージーランド。そんなニュージーランドにはどんな種類の風俗があるのか、またそれらの料金相場はいくらか、そしてニュージーランドに訪れたらぜひ行ってほしいおすすめのお店などを紹介していく。

ニュージーランドへの風俗観光を検討している方はぜひ参考にしてくれ。

ニュージーランド風俗で遊べる風俗の種類と料金相場

ニュージーランドにおいて風俗は合法で、れっきとした職業の一つとして分類される。なので風俗店は比較的多く存在している。その中でも首都ウェリントン周辺には風俗店が多い。なのでニュージーランドに風俗観光する場合はウェリントンに向かえばスムーズにお店を見つけることができるだろう。

日本からウェリントンへの行き方だが、残念ながら直行便が出ていないため、オークランド空港を経由していくことになる。そこから乗り換え1時間ほどでウェリントン空港にたどり着ける。また高速バスやレンタカーを使うという手もあるが、10時間前後かかるため、一番手っ取り早くつける飛行機を使うことをおすすめする。

そんなニュージーランドは主に2つの風俗サービスが存在する。

カテゴリ置屋エスコート
評価★★★★★★★★☆☆
本番の有無有り有り
料金相場30分9,800円~30分13,000円~
備考コメント女の子を見て選べる高級だがハズレの可能性もあり

置屋

ニュージーランドの風俗遊びで一番おすすめなのがこの置屋だ。他の風俗遊びだと詐欺とも言えるようなパネルマジックが横行しているため当たり外れが激しい。スタイル良さそうだな〜と思って指名した子が実際だと力士のような体格をした別人が来た…ということもある。もはや実際会うまでわからないギャンブルなのだ。

その点置屋であれば実際に女の子を見て選ぶことができる。気に入らなければチェンジもできるし、退店だってできてしまう。他の風俗サービスや日本だったらパネマジの網をかいくぐるために、まずそこで神経をすり減らす必要があるが、ニュージーランド置屋であればその必要がないのでとてもスムーズに自分好みの女の子と本番セックスが可能だ。

また、それでいて置屋は他の風俗サービスに比べて料金相場が安い。30分9,800円でニュージーランド美女と本番セックスができる。対面で実際に女の子を見てからコスパよく風俗を楽しみたい人にとって置屋は非常におすすめだ。

置屋のおすすめ店舗

Paris

店舗名:Paris
住所:286a High Street,Lower Hutt, Wellington
営業時間:11:00~20:00
料金:30分15,000円~

置屋は、どの国でも入店したら女の子を指名し、サクッとセックスして終わりだ。しかし、Parisは男性客にラグジュアリーな時間を提供することをコンセプトとしていて、ビリヤードができたり、ラウンジバーがあったりなど、セックスだけでなく施設内でゆったりと過ごせる仕様になっている。

そのため、入店したら施設内で適当に過ごし、気になる女の子を見つけたら交渉してセックス、という形になる。
初心者の方は特に、置屋を利用するのは心の準備が必要になるが、Parisだったらお店に入ってゆったりくつろげるのでおすすめだ。

Splash Club

店舗名:Splash Club
住所:Mermaid Building Level 1, 72-75 Courtenay Place, Te Aro, Wellington 6001 ニュージーランド
営業時間:19:00~05:00
料金:30分12,000円

Splash Clubはニュージーランドの置屋の中でもクチコミの評判が良い人気店となっている。見た目がかなり派手で一目見たらわかるのであまり探すのに苦労することはないだろう。女の子もブロンドの派手目の美女が多く、ザ・海外の風俗嬢という印象。もし海外感のある風俗を楽しみたい人におすすめのお店だ。

エスコート

エスコートとは日本でいうデリヘル。ただし、エスコートの場合はゴム付きで本番ができるのがポイント。ニュージーランドでは女の子が指定した場所に向かう派遣型のエスコートも存在するが、客が店舗に向かってセックスをする箱ヘル型が一般的だ。

また、エスコートは店舗内でセックスするだけでなく、外出してディナーを楽しんだり、デートしたりすることが可能。そしてエスコートの料金相場はゴム付き本番セックスのみで30分13,000円ほど。サクッとセックスだけしたい人には少々コスパが悪いが、セックスだけでなくニュージーランド美女とイチャイチャデートを楽しみたい人はエスコートがおすすめだ。

エスコートのおすすめ店舗

Paradise Club

店名:Pradise Club
営業時間:11:00~23:00
料金:30分 13,000円

Paradise Clubはニュージーランドでエスコート遊びをするには欠かせないお店の一つ。女の子は厳しい採用試験を通った選りすぐりの美女が揃い、テクニックも高水準。そのサービスクオリティの高さが評価され6年連続「Best of escorts in Wellington」に選ばれている。
このレベルになってくると基本的にハズレはないと言っていいため初心者にもおすすめだ。

ニュージーランドで風俗を選ぶ際の注意点

パネルマジックに騙されないようにする

パネルマジックとは写真詐欺のこと。受付の人に写真を見せられて、タイプの子を選んだのに、実際に顔を合わせたら雰囲気が全く違う…といった、通い詰めている人にはお馴染みの詐欺だ。これはニュージーランドでも当たり前のように行われている。

パネルマジックで絶対に失敗したくないという人は置屋がおすすめ。置屋であれば実際に顔を合わせてからお気に入りの女の子を選べるので、パネルマジックといった概念がそもそも存在しないからだ。どうしてもエスコートがいいという場合は、嬢のレベルにあまり差がないところにするなど、店選びで工夫するとハズレを引く可能性を下げられる。

日本語は通じない

ニュージーランド内で日本語は基本的に通じないと考えていい。そのためある程度の英語力は観光に行く前に身につけておくか、風俗の際に使える英語フレーズなどを確認してからいくとスムーズに風俗遊びができるだろう。

ネットワーク環境

近くの風俗店を調べる際などに必要になるスマホ。ニュージーランド内では主要な施設ではフリーWiFiが飛んでいるが、街中では繋がらないことが多い。海外でスマホが使えないのはかなり心細いので、ポケットWiFiを用意しておくなどネットワーク環境には気を使って欲しい。

ニュージーランドの風俗エリアの治安

ニュージーランドの治安は世界的に見てもかなり良いと言われている。アメリカ雑誌である、グローバルファイナンスが発表した「世界で最も治安が良い国ランキング」においても堂々の2位を獲得しているほどだ。

ちなみに日本は9位のため、日本よりも治安が良いニュージーランドではあまり大きな犯罪に巻き込まれる心配はしなくていいだろう。

しかし、治安が良いからといって犯罪が全くないわけではない。特に観光客は現金を持っていることが多く、スリや置き引きの被害に遭う事例もあるので、荷物は肌身離さず持っておいたり、現金はあまり持ち歩かずクレジットカードをメインにしたりするなどの犯罪対策は怠らないようにしよう。

ニュージーランドの風俗遊びの所感・まとめ

ニュージーランドは風俗が合法であるため、風俗サービスがたくさん存在する。その中でも今回は置屋、デリヘルの2種類の風俗サービスを紹介した。

ニュージーランド内でコスパよく風俗遊びをしたいのであれば置屋がおすすめ。料金相場は9,800円ほどからで、ゴム付きではあるが本番セックスまで可能。また、対面で女の子を選ぶことができるのでパネマジの心配がないのも置屋のポイントの一つだ。

アブノーマルなプレイやデートのようなことをニュージーランド美女と楽しみたいのであればエスコートがおすすめ。料金相場は基本プレイ13,000円ほどで、そこから追加料金で緊縛プレイや3P、4Pなどのアブノーマルプレイができるという形だ。また、エスコートという名前の通り食事などのデートを楽しむこともできる。

ニュージーランドの治安は世界的に見ても良いが、観光客はスリや置き引きの被害に遭いやすい。そのため荷物から離れない、現金をあまり持ち歩かない、財布を後ろのポケットに入れないなど、基本的な対策は怠らないようにしよう。

ニュージーランドはブロンド美女や巨乳の褐色美女など、ザ・海外というような女の子が多いので、海外を味わいたい人にはニュージーランド風俗はおすすめだ。もし風俗観光に行く際はこの記事を参考にしてはいかがだろうか。

-海外風俗